新ポータル – 操作ガイド


2015 年 12月 2日、Azureの新しい管理ポータルの正式提供をアナウンスしました。本ブログでは、新しい管理ポータル(新ポータル)について説明します。

目次

  1. Azure新ポータルに切り替える方法
  2. 新ポータルのデフォルト画面
  3. 新ポータルの管理サービスメニュー
  4. サービスヘルスダッシュボード
  5. サポートチケットの発行
  6. ポータル画面のカスタマイズ
  7. お客様からのご意見をお寄せください

1.Azure新ポータルに切り替える方法

従来からのAzure管理ポータルから、新ポータルに切り替える方法をご案内します。

  1. 「クラシックポータル」(https://manage.windowsazure.com)にアクセスします。
  2. 画面右上にあるマイクロソフトアカウントをクリックします。
  3. プルダウンから「新しいAzureポータルへの切り替え」をクリックしてください。

すると、別ウィンドウで新ポータルが開きます。

image

2. 新ポータルのデフォルト画面

新しくGAしたAzure管理ポータル(新ポータル)は、以下のようなデザインになっています。

image

3. 新ポータルの管理サービスメニュー

リソースやサブスクリプションの管理・操作を行う時には、画面左側にあるメニューをクリックすることで、操作を開始できます。

image

「参照」をクリックすると、すべてのメニューが表示されます。検索バーからサービスを検索することもできます。

image

デフォルトで表示されるメニューをカスタマイズしたい場合には、☆マークをクリックし、★の状態にします。クリックされた★のサービスがデフォルトでメニュー一覧に表示されます。

image

4. サービスヘルスダッシュボード

データセンターごとにサービスが正常に動作しているかどうか確認することもできます。「サービスの正常性」をクリックします。

image

すると、データセンターのサービスの正常性が一覧で表示されます。

image

5. サポートチケットの発行

ダッシュボードから、サービスにチケットを発行することもできます。Azureについてお困りのこと、お悩みのことございましたら、お気兼ねなくお問合せ下さい。

image

6. ポータル画面のカスタマイズ

ダッシュボードの「ポータルの設定」をクリックすると、テーマや言語、地域設定などを変更することができます。お好みに合わせてカスタマイズできます。

image

新ポータルの使い方は以上です。

ご参考: お客様からのご意見をお寄せください

新ポータルに関するご意見・改善要求・フィードバックは、以下のフィードバックサイトよりお寄せください。

 

--
Microsoft Azure
Rika Nishida

Comments (0)

Skip to main content