Microsoft Azure の請求書の見方


本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

みなさんこんにちは、Microsoft Azureサポートチームです。今回は、毎月発行される Microsoft Azure オンライン請求書の見方についてご紹介しようと思います。請求書の見方に関するお問い合わせについては、普段お客様よりよくいただいています。本トピックでは、以下の順にご説明しようと思います。

  1. オンライン請求書のサンプル
  2. 請求書各ページの項目の説明
  3. 請求書についてよくあるご質問

ご案内する内容が、少しでも Azure サービスの課金に関する理解を深めるための一助となれば幸いです。

 

オンライン請求書のサンプル

Microsoft Azure のオンライン請求書は 3 ページ構成となっております。

  • 1 ページ目:当月の Azure サービス利用料金ならびに請求残高
  • 2 ページ目:料金プラン名や具体的なサービス利用期間ごとの利用料金
  • 3 ページ目:Azure サービスごとの利用料金

従量課金プラン用の請求書サンプルをご紹介いたしますので、ご参照ください。

1 ページ目:(①)前月までの請求残高合計と、(②)当月の請求額合計を合算した、(③)当月請求残高

invoice-1-1

 

2 ページ目:Microsoft Azure のご利用に関する情報、販売先とお支払いに関する情報

invoice2-1

3 ページ目:Azure サービスごとの利用料金

invoice-3-1

請求書各ページの項目の説明

1 ページ目

前月

項目 説明
繰越残高 前月に発行された請求書の「当月請求残高」の金額がそのまま反映されます。
入金額 前月にお支払いいただいた金額が計上されます。

※ 請求書払い (支払方法が銀行口座振り込み) のお客様の場合、入金額の経理処理に 5 営業日ほどかかる場合もございます。入金額がリアルタイムに請求書に反映されることはありません。予めご了承ください。

調整額 前月までに諸所の理由で調整された金額が計上されます。(例: プラン特典のクレジット金額や、エンタープライズ(以下、EA)契約移行に伴う相殺金額、大規模障害に対する返金など)
前月までの請求残高合計 「繰越残高」、「入金額」、「調整額」の合計金額が表示されます。

当月

項目 説明
当月サービス利用料金 6 カ月/12 カ月プランやサポート契約など、一括や月額で請求される固定料金が表示されます。
割引 割引は、現在の請求書に適用される割引額を示します。ほとんど使用されることはありません。
その他の製品とサービス

この明細項目は、Microsoft Azure の請求書には適用されません。

その他の調整 / 調整額 当月の請求書に適用される調整額です。(例: プラン特典のクレジット金額や、EA 契約移行に伴うクレジット金額を相殺することに使用される場合があります)
消費税 消費税です。消費税の算出方法は次項の「請求書についてよくあるご質問」をご覧ください。
当月の請求額合計 上記の「当月サービス利用料金」から「消費税」までの項目の金額を合計した値が表示されます。
当月請求残高 「前月までの請求残高合計」と「当月の請求額合計」の合計が表示されます。

2 ページ目

Microsoft Azure のご利用に関する情報、販売先とお支払いに関する情報が記載されています。

3 ページ目

Azure サービスごとの利用料金が計上されます。上述のサンプル請求書では、以下のように項目ごとに表示がされています。利用しているサービスにより項目の表示は異なります。

  • ストレージ (GB/月)
  • クラウドサービス - コンピューティング時間
  • ストレージ トランザクション (10,000 件)

請求書についてよくあるご質問

Question Answer
1. 消費税はどう計算されるのですか? 消費税は、Azure サービスごとの利用料金に対して計算され、小数第一位の値は切り捨てられます。また、Azure サービス利用料金の合計金額に対して消費税が計算されることはありません。

例) 上述のサンプル請求書の消費税計算方法

Azure サービス項目

利用料金

消費税

ストレージ (GB/月)

29 円

2 円

コンピューティング時間

2,491 円

199円

ストレージ トランザクション (10,000 件)

0 円

0 円

消費税合計: 201 円

2. 請求書の「請求先」情報を変更したいのですが。 請求書の「請求先」の情報は、アカウントポータルに登録されている情報がそのまま反映されます。

アカウントポータルに登録されている情報を変更することで、請求書の「請求先」の情報を変更することが可能となります。

[請求先] を変更する手順

  1. アカウントポータル にアクセスし、ご利用の Microsoft アカウントを使用してログインを行います。
  2. 対象のサブスクリプションをクリックします。
  3. 対象サブスクリプションの概要ページが開きましたら、画面右の [支払方法の変更] をクリックします。
  4. [編集] をクリックし変更します。

※会社名は別途以下の方法で変更します。

  1. アカウントポータル にアクセスし、ご利用の Microsoft アカウントを使用してログインを行います。
  2. [プロファイル] をクリックし、[詳細の編集] より変更します。

その他課金に関する内容や、FAQなどもご参考いただければ幸いです。


Microsoft Azure サポートチーム

Comments (0)

Skip to main content