よくあるご質問(FAQ)


本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

 

サポートでよくいただくご質問についてまとめてあります。また、一般的な Microsoft Azure に関するFAQはこちらにありますのでご参考ください。(Azure サポートに関する FAQ)

Contents

2014/8/7 updated

サポートに関するご質問

質問 答え
サポートサービスに問い合わせたい場合、どこから問い合わせればよいですか? 課金・サブスクリプションの場合はサブスクリプションをお持ちであれば無償でこちらからお問い合わせいただけます。

障害・技術に関するお問い合わせは、有償サポート契約が必要になります。購入についてはこちらをご参考ください。

サブスクリプションをもっていないのですが、無償で Microsoft Azure サポートに問い合わせできますか? Microsoft Azure の課金・サブスクリプション サポートは、契約に基づいて無償で提供されます。そのため、ご契約をお持ちでない場合にはご利用できません。ご購入前のお問い合わせについては、「ご購入前の相談窓口 (0120-952-593)」からご質問ください。
プレビュー機能はサポート窓口で対応していますか? プレビュー機能の有効化に関するお問い合わせは、サポート窓口で対応しております。細かい技術的なお問い合わせについては、英語版 MSDN フォーラムにて対応しています。
サポートプランはいろいろありますが、どれを選べばよいでしょうか? こちらのリンクに情報を提供しておりますので、ご参考ください。

サブスクリプション契約

質問 答え
サブスクリプションを別のユーザー (Microsoft アカウント)に移行できますか? はい、可能です。Azure サブスクリプションの所有権の譲渡のドキュメントをご参照ください。
サブスクリプション内に展開しているサービスを別のサブスクリプションに移動することができますか? 移動は可能です。お客様側で実施できず、マイクロソフト側での作業が必要になりますので、こちらをご参考いただき、サポートまでご相談ください。状況によっては数日お時間をいただく場合もあります。

また、SQL データベースの移行であれば、お客様側で実施が可能ですので、こちらをご参考の上、移動してください。

無料評価版の期間を延長できますか? 現在 1 か月間無料評価版として利用できますが、期間の延長はできません。
無料評価版が期限切れで無効化されてしまいました。継続利用したいのですが、利用できますか? 従量課金契約をしていただくことで、データを引き継いで利用可能です。こちらのドキュメントをご参考ください。
新規登録の際に携帯電話にテキストメッセージ (SMS) がうまく送付されません こちらをご覧ください。

他の Azure の契約を既にお持ちの場合には、一旦その契約でサポートサービスまでお問い合わせください。

サブスクリプションで利用できるコア数などの数の制限はありますか? 詳細はこちらをご参照いただき、増加の要望がある場合はサポートサービスまでお問い合わせください。

またご要望の個数によっては、与信審査・利用目的の提供が必要になる可能性もございますので、予めご了承ください。

2013 年 6 月に変更になったクラウドサービス ライフサイクルの詳細を教えてもらえますか? 詳細については、こちらに情報をまとめておりますのでご参考ください。また、この件に関連したFAQはこちらを参照ください。
Shared Cache を管理するための、旧ポータルはどこから接続ができますか? 2013 年 9 月 4 日のご連絡により、Shared Cache についてはサービス提供終了のご連絡を差し上げております。ご利用のお客様は最長 12 ヵ月ご利用いただけます。管理自体は旧ポータルからご確認いただけます。旧ポータルは2014 年 3 月31 日で使用停止となる予定ですが、その日以降もご利用の方には別途管理方法について通知されます。
使わなくなったので、サブスクリプションを解約できますか? アカウントポータルにログインしていただき、該当するサブスクリプションを選択後、画面右の「サブスクリプションのキャンセル」をクリックすることで実施可能です。キャンセル後は、利用サービスが無効化され、利用しているクラウドサービス・仮想マシンは削除されますので、ご注意ください。
サブスクリプションがクレジットカード払い以外になっているときに、特定のアドオンが購入できないがなぜか? Microsoft Azure でアドオンをご購入いただいている場合には、ご利用いただいているアカウントで「請求書発行による銀行振り込み」や「エンタープライズ契約」のクレジットカード以外の支払いオプションはご利用いただけない場合があります。これは、利用しようとしているアドオンの支払い方法が、クレジットカードのみに対応しているためです。

Microsoft Azure 管理ポータルのアドインで購入が必要な場合には、クレジットカード払いで別途従量課金の契約を作成してご利用いただくか、アドオン提供元から直接ご購入ください。

Windows XP, IE8未満で管理ポータルを見ることができません 管理ポータルは IE9 以降で対応をしています。Windows XP をお使いの場合には、別のWebブラウザ (FireFox, Chrome, Safari 各最新バージョン) をご利用ください。管理ポータル詳細はこちらをご参照ください。
無料評価版を従量課金プランにアップグレードしようとすると、「申し訳ありません。この支払方法を使用して処理を完了できませんでした。」のようなエラーが出るのですが、どうすればよいですか? アカウント設定された有効化を実施する内部的なフラグに問題が発生している可能性がございます。サポートサービスまでお問い合わせください。
一つのアカウントで大量のサブスクリプションを一度に購入しようとすると、これ以上処理を完了できない旨のエラーがでるのですが、どうすればよいですか? 間違って大量に購入されているとシステム側で認識されている可能性がございます。サポートサービスまでお問い合わせください。
6か月プラン・12か月プランで高額なサブスクリプションを購入した際や、既に高額な課金が発生している状態で新規に購入すると、ステータスが「保留中」になって利用できないのはなぜか? おおよそ130万円を超えるご購入の場合、弊社の審査部門にて詳細な与信審査が必要になります(コーポレートプロファイル・バランスシートの提出等必要)。もし、これを超えるご購入をご検討の際には、事前にお知らせください。

課金

質問 答え
請求書払いに変更したいのですが、どうすればよいですか? 請求書払いに変更するには、事前に与信審査が必要になります。詳細はこちらをご参考ください。
請求書の発行はいつ行われますか? 請求書の発行はマイクロソフト アカウントの作成日を起点として発行が行われます。詳細については、こちらをご参考ください。
課金情報などの通知を管理者以外のメールアドレスに送付できますか? 登録メールアドレスを変更することでメール送信することが可能です。詳細はこちらをご参考ください。
クレジットカード・銀行振り込みの請求書は郵送してもらうことはできますか? 請求書に関しては、オンラインからの確認のみであり、郵送での提供を差し上げておりません。お手数をおかけしますが、アカウントポータルからダウンロードしてください。
現在・過去の課金情報を引き出すための開発用 API インターフェースは提供されていますか? 現時点では提供を差し上げておりません。将来的に提供する検討はしておりますが、現時点では提供時期は未定です。
課金状況を確認する際には、アカウントポータルの各サブスクリプションの利用量レポートや、請求書をご確認ください。
複数のサブスクリプションの請求を、1つの請求書にまとめることはできますか? 各請求は、サブスクリプションごとに実施されるため、1つの請求にまとめることはできません。どうしても利用したい場合には、利用されているサービスを移行し、1サブスクリプションに統合する方法になります。
もし大規模に Windows Azure をご利用の際にはエンタープライズ契約もございますので、営業担当者か「ご購入前の相談窓
口 (0120-952-593)」にご相談ください。
領収書の発行は行っていますか? 領収書の発行は行っておりません。お支払いいただいた金額は、次に発行される請求書の「入金額」にてご確認ください。
(請求書払いの場合) 銀行口座振込時の手数料は必要ですか? 振込手数料はお客様のご負担になります。予めご了承くださいますようお願いいたします。
(請求書払いの場合) 振込金額が請求書に反映されていませんが、なぜですか? 入金額の経理処理は 5 営業日ほどかかりますので、ご入金のタイミングによっては、請求書の「入金額」の項目に、前月分のお支払金額が反映されない場合があります。既にご入金済みの場合は、恐れ入りますが、次の請求書までお待ちください。

入金の確認等はサポートサービスにお問い合わせください。

(請求書払いの場合) 支払い済みなのに未払い警告メールが配信されましたが、なぜですか? 入金額の経理処理は 5 営業日ほどかかりますので、ご入金のタイミングによっては、支払期限の 30 日の間に処理が完了しない場合がございます。この際、未払い警告メールが自動配信されることがございますこと、ご了承ください。

既にご入金済みの場合は、当該メールは無視していただいて構いません。入金の確認等はサポートサービスにお問い合わせください。

Visual Studio Online Basic のユーザー数を 5 以下と設定しているにもかかわらず、課金が発生しています。以下のリンクでは、5 BASIC ユーザーまで無料と記載されています。なぜ課金が発生しているのでしょうか。

Visual Studio Online の料金詳細
http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/visual-studio-online/

Microsoft Azure の契約は、Visual Studio Online を有償で使用する場合のみ必要です。このため、Microsoft Azure サブスクリプション (従量課金プラン) を契約し、Azure 管理ポータル上で Basic ユーザー数に 1 以上を設定いたしますと、以下スクリーンショットにありますように、課金が発生する旨の警告画面が出力されます。ここで ✔ ボタンをクリックしますと、課金が発生します。これは、当設定が、有料で利用する BASIC ユーザー数の決定に使用されているためです。

image

例: Microsoft Azure 管理ポータル画面にて 1 BASIC ユーザーを設定しますと、1 BASIC ユーザー分の課金が発生し、Visual Studio Online のユーザー設定画面では、無料分も含め、合計 6 のBASIC ユーザーの指定が可能となります。

Visual Studio Online Basic の 5 ユーザーを無料で使用したい場合、Microsoft Azure を契約する必要はありません。直接 Visual Studio Online のユーザー設定メニューよりユーザーの追加をしてください。
Visual Studio Online ユーザー追加の方法
http://www.visualstudio.com/get-started/add-team-members-vs

 無料評価版とメンバー用の Azure プラン(MSDN, BizSpark, MPN) を利用しています。サービス利用料が無料枠(Azure クレジット) から差し引かれず、別途課金が発生しましたが、なぜですか? 無料枠 (Azure クレジット※1) は以下の Azure プランで利用が可能です。

・無料評価版
・メンバー用の Azure プラン (MSDN, BizSpark, MPN)

Microsoft Azure の課金金額は、ご利用のサービスとそのサービスの利用方法や稼働時間に応じて計算され、Azure クレジットから支払われます。

ただ、Azure クレジットの適用対象外のサービスもあり注意が必要です。適用対象外のサービスの利用があると、別途料金がかかります。また、以下の「サードパーティ製のソフトウェア (仮想マシンのギャラリーから選択可能な Red Hat Enterprise Linux など)」を利用している場合、もし使用制限※2 が設定してありますと、Azure サービスが停止してしまいます。ご留意ください。

Azure クレジットの適用対象外のサービスは以下の通りです。
(下記情報は 2016 年 2 月 26 日時点のものです)

Azure のサポートプラン
サードパーティ製のソフトウェア (仮想マシンのギャラリーから選択可能な Red Hat Enterprise Linux など)
Azure Marketplace で販売されている製品
Azure とは別に販売されている製品 (Microsoft Azure Active Directory Premium、StorSimple)

※1 Azure クレジットの詳細はこちらをご参照ください。
※2 使用制限の詳細はこちらをご参照ください。
無料評価版の場合、従量課金プランへアップグレードいただくことで使用制限が外れます。

障害

質問 答え
クラウドサービス・仮想マシンの動作中に、特に作業をしていませんでしたが再起動しました。原因は何ですか? ハードウェア障害による自動修復の可能性があります。また、Host OSの更新により、一時的に仮想マシンが停止することがあります。99.95%の可用性の保証のためには、2インスタンス以上が必要となります。詳細はこちらをご参考ください。
無料評価版を利用していたら、突如クラウドサービス・仮想マシンが停止・削除しました。原因は何ですか? 無料評価版の使用制限に達した可能性があります。詳細はこちらをご参考ください。
クラウドサービス・仮想マシンの接続の際に接続エラーが出ています。どこに問題がありますか? インターネットを経由している場合、原因はさまざまに考えられます。(クライアント、イントラ、インターネット、アプリケーション、Microsoft Azure データセンター)まずはこちらを参考にして、どこに問題があるかのご確認ください。
障害報告書はどこかでダウンロードできますか? お客様個別で発生している問題については、マイクロソフトから障害報告書は外部向けに公開しておらず、問題の発生しお問い合わせいただいたお客様のみに解析結果をご報告差し上げています。

複数データセンターにまたがる障害の場合には障害報告書が公開される場合もあります。

技術仕様

質問 答え
クラウドサービス・仮想マシンを1インスタンスで稼働できますか? 稼働は可能です。しかしながら、SLA およびサービスクレジットの対象外となりますので、ご注意ください。(サービス レベル アグリーメント)
あるサブスクリプションのストレージに存在する VHD ファイルを、別のサブスクリプションの仮想マシンで利用することはできますか? できません。仮想マシンの VHD はスピードを最適化するため、同一のサブスクリプション・データセンターに存在する必要があります。
クラウドサービスの IP アドレスを固定することはできますか? Microsoft Azure に固定 IP 機能はありません。
ただし、一度クラウドサービス・仮想マシンをデプロイした場合には、IPアドレスは固定されますので、そちらを利用していただく方法があります。クラウドサービスは「デプロイ削除」、仮想マシンは「削除」するか「停止(割り当て解除済み)」にした場合、IP アドレスが解放されますのでご注意ください。

--
Microsoft Azure サポートチーム

Comments (0)

Skip to main content