[お知らせ] Windows Azure ライフサイクルの変更について


皆さんこんにちは、Windows Azureサポートチームです。本日は、2013年6月から変更になった、Windows Azure製品のライフサイクルの変更についてお伝えします。

新しいライフサイクルポリシー

新しいライフサイクルポリシーは下記のURLで提供させていただいている情報の通りです。

要点としては、下記の通りです。

製品

詳細

ゲスト OS ファミリー

(例: 1.x, 2.x, 3.x 等)

  • 少なくとも最新の2つのゲストOSファミリーをサポートします。
  • ゲストOSファミリーのサポート終了を12か月前に通知します。

ゲスト OS バージョン

(例: 2.14や3.2等)

  • 各ファミリーの最新の 2 つのゲストOSバージョンの再新リリースだけをサポートします。
  • 手動更新設定の場合は、最新のゲストOSのバージョン適用まで60日の猶予があります。60日を過ぎる場合は、自動的に最新のバージョンにアップデートされます。

Windows Azure SDK バージョン

(例: 1.8, 2.0 等)

  • 少なくとも最新の2つのSDKバージョンをサポートします。
  • SDKのサポート終了を12か月前に通知します。

サポート終了の通知

ご契約をいただいている方には、メールで通知をしていますが、上記のサポートポリシーの変更に伴い、以下の製品のサポートを終了します。また、Windows Azureサポートサービス窓口のサポート対象外となりますので、その点もご留意ください。

製品

詳細

ゲストOS 1.x ファミリー

  • 2014年6月1日サポート終了
  • 期日までにアップグレードされていない場合は自動的にサポートされているファミリーにアップグレードされます。

ゲストOS全下位バージョン

  • 2013年8月1日にサポート終了
  • 期日までにアップブレードされていない場合には、最新のバージョンにアップグレードされます。

Windows Azure SDK 1.5以下

  • 2014年6月1日にサポート終了
  • サポート終了後は、該当するSDKバージョンでロールの作成ができなくなります。


Windows Azureサポートチーム

Comments (0)

Skip to main content