[お知らせ] 無料評価版の使用制限に達した場合の動作について


みなさんこんにちは、Windows Azureサポートチームです。本日は、無料評価版についてよくあるお問い合わせ・ご質問についてご案内差し上げようと思います。

質問

無料評価版でクラウド サービスを利用していたところ、あるタイミングで使用制限がかかり、クラウド サービスが削除されていたのはなぜか。

回答

クラウドサービスでは、お客様のパッケージ対して物理リソースを割り当て、インスタンス(仮想マシン)として起動しています。この物理リソースの割り当てに対して利用量の計測が行われています。無料評価版の使用制限に達した場合には、無料の範囲での物理リソースの割り当ての制限を超えることから、利用している仮想マシンの開放が行われます。結果として、配置してあるクラウドサービスが解放されます。

もし制限にかかった場合には、翌請求月になるまでは利用が制限されます。ストレージサービスについては、読み取り専用としてアクセスが可能です。

補足

使用制限については、お客様側の設定で解除が可能です。ただし制限を解除すると、無償枠以外の部分については課金になります。さらに再び有効化できず、翌請求月に仮に無償枠を超えた場合には自動的に課金になりますのでご注意ください。

image

詳細は下記をご参照いただければ幸いです。

--
Windows Azureサポートチーム

Comments (0)

Skip to main content