[SQL Azure] Unicode型列(NCHAR/NVARCHAR) に格納されるデータが “?” になる


みなさんこんにちは、SQL Azure サポートチームです。

SQL Azure に関するお問い合わせの中で、よくあるお問い合わせの一つを紹介したいと思います。

[質問]

SQL Azure データベース上のテーブルにUnicode 型列 (NCHAR/NVARCHAR) を作成し、日本語文字を挿入したところ、Insert コマンドは正常に完了したが、SELECT 文で挿入したデータを参照すると、”?” が表示され、挿入した日本語文字を参照することができないのは何故?

[回答]

Unicode 型列 (NCHAR/NVARCHAR) に挿入されたデータが “?” になるのは、挿入した日本語文字を非Unicode から Unicodeへ変換ができなかったためとなります。

SQL Azure 上にデータベースを作成時に明示的に照合順序を指定しなかった場合、データベース照合順序は既定で “SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS” が使用されます。また、このデータベース上に明示的に列の照合順序を指定せずテーブルを作成した場合、データベースの照合順序が引き継がれるため、列の照合順序も “SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS” となります。

image

image 
 
image

上記テーブル “tab1” の Unicode型列 “c1” に対して、以下の INSERTクエリで ”あ” を挿入します。
image

しかしながら、テーブルには “あ” ではなく “?” が挿入されます。

image

 

image

Japanese_CI_AS などの日本語照合順序での文字 “あ” は、文字コード 0x82A0として表現されますが、上記の例の場合、データベースの照合順序が SQL_Latin1_General_CP1 であるため、”あ” を表現しているつもりの文字コード 0x82A0 は、実際には “あ” ではなく SQL_Latin1_General_CP1 の文字として扱われます。尚、SQL_Latin1_General_CP1 の文字コード 0x82A0 に対応する Unicode 文字が存在しません。その結果、”あ” の変換結果は “?” となり、テーブル列に “?” が格納されることになります。

 

[対処方法]

Unicode から Unicode への変換が発生しないよう、挿入する日本語文字の前に N プレフィックス を指定します。

image

N プレフィックスを指定することで、この “あ” は Unicode 文字 0x3042 になり、INSERT時に非Unicode から Unicode への変換が発生しないため、データベースの照合順序が何であるのかに関わらず、日本語文字の “あ” としてテーブルの列に挿入されます。

もし挿入する値をパラメータで渡している場合は、T-SQL であれば、パラメータのデータ型を VARCHAR型ではなく NVARCHAR として定義します。

image

 

[参考情報]

[SQL Azure] データベース照合順序の指定について (新機能)

※ 本Blogの内容は、20125月現在の内容となっております。

--
Support Engineer
Nobushiro Takahara

Comments (0)

Skip to main content