[SQL Azure] データベース照合順序の指定について (新機能)


 こんにちは、Windows Azure サポートチームです。

SQL Azure の新機能 (Q4 2011 Service Release) の一つとして、SQL Azure でも データベース照合順序を指定し、新規データベースを作成することが可能となりました。

今回は データベース照合順序を指定した新規データベースの作成手順について紹介したいと思います。

 

[手順]

1) SQL Server Management Studio から SQL Azure 上の Master データベースに接続します。

 

2) fn_helpcollations() 関数を実行し、指定可能な照合順序を確認します。

※ 今回は、”日本語 (Japanese)” に絞って検索しています。

image

 

3) Create Database コマンドに Collate句を追加し、照合順序を指定します。

※ 今回は、Collate 句に “Japanese_CI_AS” を指定し、”BUSINESS” エディション、”10 GB” の新規データベースを作成しております。

image

CREATE DATABASE (SQL Azure データベース)

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee336274.aspx

 

4) DATABASEPROPERTUEX 関数を実行し、新規データベース(TEST)の照合順序を確認します。

image

※ 新規データベース(TEST)の照合順序が “Japanese_CI_AS” になっていることが確認できます。

 

[補足]

1) ALTER DATABASE コマンドより、作成後のデータベースの照合順序を変更することは出来ません。

2) Windows Azure Platform管理ポータルより、照合順序を指定し、新規データベースを作成することは出来ません。

3) SQL Azure 管理ポータルからは、照合順序を指定し、新規データベースを作成することが出来ます。

 

[参考]

SQL Azure Q4 2011 Service Release のその他 新機能については、以下の URL をご参照いただければと存じます。

Now Available: SQL Azure Q4 2011 Service Release

http://blogs.msdn.com/b/windowsazure/archive/2011/12/12/now-available-sql-azure-q4-2011-service-release.aspx

※ 本Blogの内容は、20111214日現在の内容となっております。


Support Engineer
Nobushiro Takahara

Comments (0)

Skip to main content