[Windows Azure] リモートデスクトップについて


こんにちは、Windows Azure サポートチーム平原です。今回は、お問い合わせを受けた時に、比較的多くご質問を受けるリモートデスクトップのご質問についてご案内したいと思います。

昨年 2010 年 11 月に提供開始になった、Windows Azure SDK 1.3 から、開発者が Windows Azure でデバッグしやすくするために、多くの方のご要望に応え、リモートデスクトップ機能が追加されました。Windows Azure SDK 1.2 までは、リモートデスクトップ機能が追加されていなかったので、この機能によって、多くの開発者様が直接内部OSに接続することができるようになったので、デバッグしやすくなったかと思います。(それまでは、マイクロソフト側から Guest OS をメンテナンスや、デバッグすることしかできませんでした。)

また、直接内部を拝見いただくことによって、Guest OS v1.x が Windows Server 2008 と同じバージョンで動いているなどの Windows Azure の内部の設定や仕組みをご覧いただけるので、Windows Azure で開発する際や、今後開発を検討される際には、理解を深めるためにも、ご利用をいただければと思います。

リモートデスクトップの設定方法

基本的な実施の仕方については、検索すれば、多くのプロフェッショナルな方のブログがありますので、そちらも参考になるかと思いますが、マイクロソフトから案内しているドキュメントとしては、以下のサイトが参考になります。

 リモート デスクトップ接続 (RDP) を利用して Windows Azure へ接続する
 http://code.msdn.microsoft.com/RDP-Windows-Azure-6b4e32b9/

また、英語ではありますが、ダウンロードセンターにあるWindows Azure Platform Training Kit にも使い方の記述がありますので、必要に応じてご参考いただければと思います。

よくあるご質問

ここでは、リモートデスクトップに関してよくあるご質問について、ご案内したいと思います。

  1. リモートデスクトップで Web Role / Worker Role に接続できるが、運用用に別のアプリケーションやサービスを Azure Guest OS にインストールしてしまってもよいか?

    Windows Azure 用のリモートデスクトップは、アプリケーション デバッグ支援用に提供している機能です。一時的に、アプリケーションデバッグのために、ロガーやデバッガをインストールするのは問題ないですが、運用のためのアプリケーションインストールはサポートされません。また、ハードウェア問題で OS がクラッシュし、アップロードしてあるパッケージから自動でロールが再作成される場合には、インストールしていたアプリケーションはすべて消えてしまう観点からも推奨はしていません。
  2. リモートデスクトップを設定して配置すると、配置した際に失敗します。リモートデスクトップを設定しない場合は配置できますが、何が原因ですか?

    リモートデスクトップを利用する場合には、事前に対象ホストサービスに証明書を配置しておく必要があります。ホストサービスに証明書 (*.pfx ファイル) をインストールしておくと、Guest OS の作成時に自動で証明書を Guest OS にインストールしてくれます。リモートデスクトップ機能は証明書を利用するので、あらかじめ証明書がないと配置が失敗するため、エラーになります。
  3. すでに配置してある Role に対して、リモートデスクトップ設定をしたいのですが、そういったことは実現可能でしょうか?

    残念ながら可能ではありません。リモートデスクトップを使うためには、事前にリモートデスクトップ用のモジュールと設定が含まれたパッケージを Windows Azure 上に配置してあげる必要があります。プロジェクトでリモートデスクトップを有効にすると、RemoteAccess と RemoteAccessForwarder と呼ばれるプラグインが *.cspkg ファイルに追加されます。インスタンス初期化のタイミングでこれらのパッケージが初期化され、結果的に当該インスタンスでリモートデスクトップが利用可能になります。
    すでにアプリケーションを運用として配置されている場合には、適当なタイミングで VIP Swap を利用して、リモートデスクトップ機能が含まれたパッケージと入れ替えて利用することをお勧めいたします。

  4. Virtual Machine Role (VM Role) でも、リモートデスクトップは利用可能なのか?

    Role に対して、リモートデスクトップ用の設定をすれば VM Role でも利用可能です。

  5. Virtual Machine Role (VM Role) でアプリケーションを配置した場合、マイクロソフト側からデバッグできるのか?

    VM Role の場合は、利用している OS はお客様側で構成した OS になるので、マイクロソフト側から接続はできなくなります。そのため、VM Role ご利用の際には、のちのデバッグのためにもリモートデスクトップを有効にしておくとよいと思います。
  6. インスタンスは有効化されているのに、リモートデスクトップに接続できません。

    これについては、いくつか原因が考えられます。インスタンス内部に何らかの障害があり、リモートデスクトップ サービスが停止している場合です。こちらは再起動をお試しいただき、リモートデスクトップが有効化されるかお試しください。もう一方は、利用しているネットワークに依存して (例えば、ネットワーク経路上でポートが閉じられているなど)、現象が発生する場合があります。ネットワークに関しては、様々な問題が考えられ、特定の ISP や、セキュリティソフト、ファイアウォール、無線・有線を変更する、利用するネットワークを変えるなど、お試しを頂ければと思います。「ネットワーク接続の問題について」 も参考になるかと思いますので、ご参照ください。 

上記の内容が参考になれば幸いです。

**

マイクロソフト デベロッパー サポート
平原

Comments (0)

Skip to main content