Microsoft Azure での侵入テスト (ペネトレーションテスト) について

※ 2017 年 7 月時点の情報です。予告なく変更される可能性があります。最新情報は、Azure サービスの侵入テスト通知の送信 をご参照ください。 Web アプリケーションのリリースやインターネットに接続した環境の脆弱性診断のために、侵入テストを実施されることがあるかと思います。パブリッククラウド (Microsoft Azure など) に、アプリケーションを配置した際にも、侵入テストを実施したいというご要望があるかと思います。 Microsoft Azure では、侵入テストのルール事項 (Microsoft Cloud Unified Penetration Testing Rules of Engagement )を順守頂き、侵入テストを実施頂く必要があります。例外的なルールは適用外です。 また、申請フォーム(Azure サービスの侵入テスト通知の送信)での申請は任意です。もし、申請する場合は以下をご参照の上、内容を英語で記載し申請ください。   <注意事項> 本申請は、プラットフォームのセキュリティ診断の無効化や有効化をするためや、セキュリティ検出を変更するための申請ではありません。   必要な情報 ・ ご連絡先のメールアドレス ・サブスクリプション ID ・テスト実施日 ・テストの詳細 ・対象の全ての資産情報(IP や FQDN) ・実施予定のテスト種別   申請フォームでの問い合わせ対象外の内容 ・侵入テストに関する質問や侵入テストの補助依頼 ・脆弱性やポートスキャンの警告 ・オンプレミスのリソースに対するテストの警告 ・Azure サブスクリプション ID がない Azure Active Directory、Microsoft アカウント、 Office…


インポート/エクスポート サービスをご利用時の HDD 発送、および返送時の注意点

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 以下のドキュメントに記載があるとおり、インポート/エクスポート サービスのジョブを設定する際には、お送りいただいたハード ディスク ドライブ (HDD) を弊社データ センターから返送するための運送業者、および運送業者のアカウント番号を指定する必要があります。 Microsoft Azure Import/Export サービスを使用した Blob Storage へのデータの転送 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/storage-import-export-service —– ここから —– データ センターからのドライブの発送: インポート/エクスポート ジョブの作成時に、ジョブの完了後に、Microsoft がドライブを返送するときに使用する返送先住所を指定する必要があります。 処理が遅れないように、必ず有効な返送先住所を指定してください。 ハード ディスクの発送には、お好みの輸送業者を使用できます。 輸送業者は、配送過程を適切に追跡して管理する必要があります。 Microsoft がドライブを返送するときに使用する FedEx または DHL の有効な運送業者アカウント番号も指定する必要があります。 米国およびヨーロッパの場所からドライブを返送する場合は、FedEx アカウント番号が必要です。 アジアおよびオーストラリアの場所からドライブを返送する場合は、DHL アカウント番号が必要です。 FedEx (米国とヨーロッパ) または DHL (アジアとオーストラリア) の運送業者アカウントがない場合は、アカウントを作成できます。 運送業者アカウント番号を既に持っている場合は、その番号が有効であることを確認してください。 —– ここまで —– しかしながら、現時点では DHL 社は日本国内間の運送には対応しておりません。そのため、日本国内のお客様が東日本、および西日本データ センターに対してインポート/エクスポート サービスをご利用になる場合、DHL 社を含む運送業者のアカウント番号はご用意いただく必要はなく、以下の手順にてジョブを設定後、HDD…


エンタープライズ契約(EA)の SLA 返金手続きについて

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。   みなさま、こんちには。Microsoft Azure サポートチームです。 本トピックでは、エンタープライズ契約(以下、EA)の SLA 返金手続きについてご案内します。   本トピックに記載されております各ご担当者様の役割は以下をご参照ください。 EA のご契約者様:EA のサブスクリプション上で、各種サービスをご利用のお客様です。 Microsoft Azure のアカウント権限としては、エンタープライズ管理者、サブスクリプションのアカウント所有者、サービス管理者、もしくは共同管理者アカウントに相当いたします。 EA のパートナー様:EA のパートナー様 インダイレクト EA のパートナー様として、ご契約者様と EA を締結され、EA の契約や課金情報などを管理くださいます。   注意事項 インダイレクト EA の場合、EA のご契約者様から直接マイクロソフト宛に返金申請の問い合わせを頂くことはできません。インダイレクト EA の契約上、お手数ですが、 EA のパートナー様経由でお問い合わせください。 返金手続き完了までにかかる所用期間は、技術サポートでの対応状況と内容、返金額の算出やEA主管部門での確認を含め、約 1か月前後は見込まれます。   手順   [1] <EA のご契約者様の作業> サービス障害に関する技術の問い合わせを作成します。 もし、ご利用中のサービスに障害が発生し、Microsoft Azure 側の問題と判断された場合、新管理ポータルから技術のお問い合わせを作成します。 技術の問い合わせ作成方法は、以下のドキュメントをご参照ください。 参考情報:サポートにお問い合わせする方法について   [2] <EA のご契約者様と技術サポートエンジニアの作業> 技術的なお問い合わせ内容の調査と調査結果などを確認します。 EA のご契約者様は、技術サポートエンジニアによる調査内容についてご確認頂きます。…


[ご注意ください] 既定で作成される Azure Mobile App のプランについて

弊社で公開しております以下の Azure Mobile App の作成に関するドキュメントにおきまして、新しい Azure Mobile App バックエンドの作成の手順に既定として Standard レベルの App Service プランが選択されると記載されております。しかしながら、日本語版のドキュメントにおきましては既定として Free レベルのプランが選択されると誤訳されていたり、既存の App Service プランが存在しない場合は既定として Premiumレベル (P1) のプランが選択されるようになっている時期がございました。 Android アプリの作成 Apache Cordova アプリの作成 iOS アプリの作成 Create a Windows app (Windows アプリの作成) Xamarin.Android アプリの作成 Xamarin.iOS アプリを作成する Xamarin.Forms アプリの作成 作成手順の例: ———- 新しい Azure Mobile App バックエンドの作成 新しいモバイル アプリ バックエンドを作成するには、次の手順に従います。 … 3. [リソース グループ]…


課金サポートにおける深刻度 (重大度) A のお問い合わせについて

Microsoft Azure の課金に関するサポート (請求、クォータ、サブスクリプションの管理) は無償です。課金サポートも、サブスクリプションの無効化に伴うサービス停止、または早急に対応しないとその可能性がある場合、深刻度 (重要度) A でお問い合わせをいただくことで緊急対応が可能です。   ■ 課金サポートにおける深刻度 A として想定される主なシナリオ 課金サポートにおける深刻度 A として想定される主なシナリオは以下のとおりです。 サブスクリプションが無効化されてしまい、サービスにアクセスすることが出来ません。至急、サブスクリプションの再有効化してほしい 12 か月の前払いプランや Azure イン オープン プランにおいて前払いやクレジットの残り金額が残り少なくなっており、すぐに増額しないとサブスクリプションが無効化されてしまう クレジット カードでの支払いが正しく処理されておらず支払が滞っているため、サブスクリプションが無効化されてしまう 上記以外のシナリオにつきましては、お客様の状況をお伺いした上で深刻度 B または C に変更されます。また、営業時間外 (平日 17:30 ~ 翌日 9:00、および土日祝日) にいただいたお問い合わせの場合、翌営業日の対応となります。予めご了承ください。   ■ 深刻度 A の定義 深刻度 A でのお問い合わせ時には、以下の条件に合致するかどうかご確認の上、お問い合わせください。詳細につきましては、以下のドキュメントの “深刻度” のセクションも併せてご参照ください。 深刻度 受付時間・対応時間 お客様の状況 A 24×7 365日 事業に大きな影響が発生する場合: サービスダウンなどお客様の事業に大きな損失が発生し、サービスの質が大きく低下 即時の対応が必要…


新ポータル – 操作ガイド

2015 年 12月 2日、Azureの新しい管理ポータルの正式提供をアナウンスしました。本ブログでは、新しい管理ポータル(新ポータル)について説明します。 目次 Azure新ポータルに切り替える方法 新ポータルのデフォルト画面 新ポータルの管理サービスメニュー サービスヘルスダッシュボード サポートチケットの発行 ポータル画面のカスタマイズ お客様からのご意見をお寄せください 1.Azure新ポータルに切り替える方法 従来からのAzure管理ポータルから、新ポータルに切り替える方法をご案内します。 「クラシックポータル」(https://manage.windowsazure.com)にアクセスします。 画面右上にあるマイクロソフトアカウントをクリックします。 プルダウンから「新しいAzureポータルへの切り替え」をクリックしてください。 すると、別ウィンドウで新ポータルが開きます。 2. 新ポータルのデフォルト画面 新しくGAしたAzure管理ポータル(新ポータル)は、以下のようなデザインになっています。 3. 新ポータルの管理サービスメニュー リソースやサブスクリプションの管理・操作を行う時には、画面左側にあるメニューをクリックすることで、操作を開始できます。 「参照」をクリックすると、すべてのメニューが表示されます。検索バーからサービスを検索することもできます。 デフォルトで表示されるメニューをカスタマイズしたい場合には、☆マークをクリックし、★の状態にします。クリックされた★のサービスがデフォルトでメニュー一覧に表示されます。 4. サービスヘルスダッシュボード データセンターごとにサービスが正常に動作しているかどうか確認することもできます。「サービスの正常性」をクリックします。 すると、データセンターのサービスの正常性が一覧で表示されます。 5. サポートチケットの発行 ダッシュボードから、サービスにチケットを発行することもできます。Azureについてお困りのこと、お悩みのことございましたら、お気兼ねなくお問合せ下さい。 6. ポータル画面のカスタマイズ ダッシュボードの「ポータルの設定」をクリックすると、テーマや言語、地域設定などを変更することができます。お好みに合わせてカスタマイズできます。 新ポータルの使い方は以上です。 ご参考: お客様からのご意見をお寄せください 新ポータルに関するご意見・改善要求・フィードバックは、以下のフィードバックサイトよりお寄せください。 Azure新ポータルフィードバックサイト: https://feedback.azure.com/forums/223579-azure-portal   — Microsoft Azure Rika Nishida


Azure Marketplace 製品に関するご案内

※ 下記の内容は製品により表記が異なります。また、今後記載内容、価格、掲載製品等は予告なく変更となる場合があります。本情報は 2016 年 2 月時点の情報です。   ■ Azure Marketplace とは?   Azure の管理ポータル (https://portal.azure.com) よりMicrosoft Azure 向けに事前構成済の数千におよぶ認定アプリケーション、オープン ソース アプリケーション、コミュニティソフトウェア アプリケーション、開発者サービス、およびデーターを取り扱うオンラインストアです。Azure の基本サービスでは業務要求に応えられない場合、きめ細やかな制御を実現する製品、様々な手法を提供する製品が多数登録されており、製品活用により業務の幅がひろがるものが数多くあります。   提供される製品は以下のサイトから確認ができます。ぜひ御社の業務にお役立てください。https://azure.microsoft.com/ja-jp/marketplace/ Marketplace FAQも併せてご一読ください。https://azure.microsoft.com/ja-jp/marketplace/faq/   また、Microsoft Azure Marketplace で取り扱われるほとんどの製品は、新興企業および独立系ソフトウェア会社 (ISV)により開発、提供される製品です。製品の使用方法や価格設定などは、製品の開発・提供元により、サポートされている場合があります。   ■ Microsoft Azure Marketplace 購入時の注意点   1. <ご購入時> 必要なMicrosoft Azureのサブスクリプションについて Microsoft Azure Marketplace 製品のご購入には、クレジットカード払いの有効なMicrosoft Azureサブスクリプションが必要です。Azure サブスクリプションを [請求書払い] にてご利用の場合、別途 Marketplace 用のMicrosoft Azureサブスクリプション (従量課金等)…


目次

本ページは各種ドキュメントの目録ページです。よくあるご質問については FAQ にまとめてありますので、ご参考ください。 サポートサービス・アナウンス Microsoft Azure サポートの全面的な改定について クラウドサービスの旧バージョンのゲスト OS のサポート終了について (2012/10) Microsoft Azure ライフサイクルの変更について サポートから依頼するクラウドサービス情報収集ツールについて サポートにお問い合わせする方法について サブスクリプション ID とデプロイ ID を確認する方法について Microsoft Azure サポートプランの選択方法 侵入テスト (ペネトレーションテスト) の申請について Fiddler トレース収集ツール・収集方法について Azure におけるサードパーティ製製品のサポートポリシーについて Microsoft Azure 自習書シリーズの公開情報 サブスクリプション管理 アカウント管理 Windows Azure Platform 新規アカウントの確認プロセスの変更について Windows Azure ポータルログイン時に使用するアカウントの種類と見分け方について Microsoft / 組織アカウントで Azure 管理ポータルにログインする方法について アカウント管理者、サービス管理者、共同管理者について アカウント管理者、サービス管理者、共同管理者の変更方法について Windows Azure 新規契約時の個人認証について Windows Azure…


Azure インオープンプラン クレジット追加方法に関するご案内

※ 2016 年 3 月時点の情報をもとに記載しています。 今回は、すでに Azure イン オープン プランのサブスクリプションをご契約いただいているお客様が、追加購入いただいたクレジットを、既存のサブスクリプションに、追加する手順をご紹介いたします。 実際にクレジットを追加するための手順は、以下の項目をご参考に実施いただけますと幸いです。   ■  1. 既存のAzure イン オープンサブスクリプションへのクレジット追加方法   以下のサイトにアクセスして、[現状のサブスクリプション] – [クレジットの追加] よりお手続きをお願いいたします。 Title:Azure インオープンプラン のライセンスの紹介 URL : https://azure.microsoft.com/ja-jp/offers/ms-azr-0111p/ もしくは、以下のアカウントポータルのサブスクリプション欄 より、<手順> 2. にお進みください。 URL : https://account.windowsazure.com/Subscriptions   <手順>   1.上記サイト https://azure.microsoft.com/ja-jp/offers/ms-azr-0111p/ にアクセスし、[現行のサブスクリプション] – [クレジットの追加] をクリックし、アカウント管理者として、サインインします。     2.ご利用いただいているサブスクリプションの一覧ページより、クレジット追加対象の Azure インオープンのサブスクリプションをクリックします。   3. Azure インオープンプランサブスクリプションの概要ページ画面右横、黄緑色の [クレジットの追加] をクリックします。    …


CentOS 7.1 環境でハングアップする事象について

CentOS 7.1 をお使いの際に、CPU 100%になる事象が発生することがあります。本記事では当問題の対処策についてお知らせいたします。 問題 Azure のテンプレートイメージから作成した CentOS 7.1をお使いの際に、マイクロソフトが実施するメモリ保護更新後にCentOS 7.1がハングアップすることがある。 原因 マイクロソフトではデータセンター内部で定期的にメンテナンスを実施しています。一部メンテナンスでは一時的に仮想マシンの状態を保護して更新を行う「メモリ保護更新」を実施しています。メモリ保護更新については、以下をご参照ください。 Azure Virtual Machines に対する計画的なメンテナンス ※「メモリ保護更新」の項目をご参照ください。 本メモリ保護更新が実施された際に、Azure のテンプレートイメージから作成した CentOS 7.1をお使いの際に、CentOS 7.1イメージ内のLinuxカーネルの問題により、OSがハングアップする事象が発生することあります。本事象は、ディスクが1つ以上アタッチされている状態で、カーネルの以下のバージョンにて事象が発生することを確認しています。 Linux Kernel Version: 3.10.0-229.xx.xx より前のバージョン Linux Kernel Version: 3.10.0-327.10.1 より前のバージョン また本事象はAzure環境に依存したものではありません。該当イメージをHyper-V環境に入れて、[チェックポイント作成] -> [適用] した場合にもハングアップする事象が発生いたします。 対処策 Linuxカーネルを更新することにより事象回避が可能です。カーネルの更新をお願いします。 $ sudo yum update kernel ** 以上ご参考いただけれ幸いです。 — Microsoft Azure Support Team