Azure アプリのパブリック プレビューの紹介

執筆者: Michael Flanakin (Program manager) このポストは、5 月 10 日に投稿された Introducing the Azure app public preview の翻訳です。   週末が近づく金曜日の午後。仕事はここまですべて順調です。会議の予定もなく、今週やることはすべて完了しました。それならちょっと早いけど、家に帰ることにしましょう。いそいそと会社を出て自宅に向かっていると、悪い予感は的中。突然電話が…。「重要なサービスが停止したから会社に戻ってこい」という、会社からの無情な呼び出しです。 いつ何が起きるかは、予測することができません。しかし、事前に準備をしておくことはできます。そこでお勧めなのが、新しいプレビュー版 Azure モバイル アプリを利用することです。これがあれば、いつでもどこにいても Azure リソースにアクセスすることができます。 Azure リソースの状態と重要なメトリックを確認 正常性に関する重要な問題の通知やアラートを受信 一般的な問題を簡単な操作で解決 アプリ内で強力な Azure Cloud Shell スクリプトを実行 (近日提供開始予定) いつでもどこからでも Azure アプリで不測の事態に対応できるため、このように残念な思いをしながら会社に戻らなくても済むようになります。ただし、これらの機能は、ロードマップに掲載されているようなごく一部の機能に過ぎません。アプリで提供されている機能はほかにもあります。 必要なリソースに 1 タップでアクセス Azure アプリを使用すると、あらゆるサービスのあらゆるサブスクリプションのリソースを手軽に持ち運べます。すべてのリソースやリソース グループをスクロールして探すか、名前で検索するか、リソースの種類で絞り込めば、必要なリソースが見つかります。 リソースの情報として、以下が表示されます (該当する場合のみ)。 状態 過去 1 週間に発生したエラー数と、アクティビティ ログ全体へのリンク 重要なプロパティ ([Essentials] セクション) 主要な使用状況メトリック 関連するリソース…


Azure DevTest Labs 向け VSTS 拡張機能の一般提供開始

執筆者: Raman Kumar (Senior Program Manager, Azure DevTest Labs) このポストは、6 月 21 日に投稿された General availability of Azure DevTest Labs – VSTS extension の翻訳です。   数週間前に Azure DevTest Labs の一般提供開始が発表されました。このときに Azure DevTest Labs 向け VSTS 拡張機能 (英語) のプレビュー版についても発表しましたが、今回はその一般提供版の提供が開始されました。   この拡張機能は 3 つのタスクで構成されており、VSTS のビルド/リリース パイプラインを DevTest Labs と簡単に統合でき、テスト環境の作成や、ゴールデン イメージの保存などをが行えます。 詳細は、一般提供開始についてお伝えしたこちらのブログ記事 (英語) をご覧ください。ここでは拡張機能を使用してアプリケーション用のゴールデン イメージ環境を展開する方法についても説明しています。 この拡張機能は、VSTS のビルド/リリース パイプラインを Azure…


Java クラウド開発者向けに Azure のオプションを拡充

このポストは、10 月 22 日に投稿された Lots of options for Java Cloud developers with Azure! の翻訳です。 Microsoft Azure では、クラウド アプリを Java で開発している方々を支えていきたいと考えており、クラウド ネイティブなアプリと連携させたい、あるいはオンプレミス アプリからクラウド サービスを使用したいと望む Java 開発者様向けに数多くのリソースを開発してきました。 4 月には私も記事を投稿し、その時点で利用可能なクラウド開発のさまざまなオプションをご紹介しました。それ以降も、マイクロソフトは Java コミュニティと協力し、オプションのさらなる拡充を図ってきました。今回の記事では、マイクロソフトが現在 Java 開発者向けに提供しているサービスの最新情報をお伝えします。   Azure で使用できる Java 開発ツール クラウド API をお探しの場合は、Azure SDK for Java をご利用ください。Blob ストレージ、Media Services、Queue ストレージ、Service Bus キュー、SQL Database、Table ストレージといった Azure クラウド サービスにアクセスする Java アプリやマイクロサービスを構築することができます。この…


Microsoft Azure で Docker Swarm クラスターの作成が簡単に

このポストは、10 月 5 日に投稿された Docker Swarm Clusters on Azure の翻訳です。   Microsoft Azure で Docker Swarm (英語) クラスターを数クリックで作成できるようになりました。Azure Resource Manager テンプレートを活用すれば、ほぼあらゆる規模の Docker Swarm クラスターを数分で Microsoft Azure にデプロイできます。 Docker Swarm (英語) は Docker (英語) のネイティブ クラスタリング ツールで、複数の Docker エンジンを単一の Docker エンジンにクラスター化します。他のコンテナー オーケストレーション ツールよりも簡単にインストールでき、コンテナー ホストである Virtual Machines のプールを作成して、単一の Virtual Machines を使用しているかのように Docker でアプリケーションをスケールアウトできます。 Docker Swarm はコンテナー オーケストレーションの問題に対するきわめて実用的で手軽なソリューションで、使い慣れた…


開発/テストに IT は欠かせない: Azure で開発/テスト環境を作成するには

このポストは、10 月 1 日に投稿された Dev-Test Starts with IT: How to create a dev-test environment in Azure の翻訳です。   開発者の 65% は、開発/テストのリソースを用意するのは面倒で時間がかかるものだと考えています。*しかし、そうとは限りません。 このブログ シリーズでは、開発/テスト環境のセットアップにマイクロソフト クラウドを活用することで、効果的に開発/テストを実行する方法をご紹介します。もう何時間も何日もかける必要はなく、数分でできる時代になりました。   開発/テスト環境の作成プロセスは、簡単な方法で迅速化できます。Azure では、開発/テスト環境を用意するための最初のステップとして、仮想マシン (Azure VM の構成とデプロイのリソースに関する記事 (英語) を参照) を簡単に作成してネットワークに接続することができます。 はじめにクラウド専用の仮想ネットワークを作成し (仮想ネットワークの具体的な作成手順はこちら)、仮想マシンを追加します。クラウド専用の仮想ネットワークはオンプレミス ネットワークには接続されていません。インターネットへの簡易オンプレミス ネットワークの作成方法については「基本構成テスト環境」を参照してください。 次に、オンプレミス ネットワーク接続から拡張するクロスプレミスな仮想ネットワークを作成します。ハイブリッド クラウド環境を設定して、開発/テスト用の実際のハイブリッド環境をシミュレーションできます。さらに詳しい情報については、「Azure ハイブリッド クラウド テスト環境」を参照してください。 VNet の詳細についてはこちらを参照してください。仮想ネットワークの基礎については FAQ を参照してください。 このシリーズの次回の記事では、テスト用のハイブリッド環境の設定についてご説明します。   Azure の無料評価版をお試しください。 Azure の開発/テストの詳細についてはこちらを参照してください。   *出典:…


IT を活用した開発とテスト: クラウドの開発環境とテスト環境

このポストは、9 月 21 日に投稿された Dev-Test Starts with IT: Cloud development and test environments の翻訳です。 実に開発者の 65% が「開発とテストに必要なリソースを集めるのは面倒で時間がかかる」と言っていますが*、必ずしもそうとは限りません。 このブログ シリーズでは、マイクロソフトのクラウド サービスを利用して開発/テスト環境をセットアップする方法について説明します。マイクロソフトのクラウドを利用すれば、これまでのように数時間から数日間も費やすことなく、数分という短時間でテスト/開発環境をセットアップすることができます。  一貫性のある開発/テスト環境を従来の物理環境で構築する場合とは異なり、クラウドを利用すれば所要時間もコストも低く抑えることができます。 クラウドのリソースは経済性と利便性に優れているだけでなく、スピードという点でもメリットがあります。たとえば、Microsoft Azure には開発/テスト環境を完全にプロビジョニングし管理するために必要なリソースがすべてそろっているため、仮想マシンのプロビジョニングをわずか数分で完了することができます。つまり、これまでかけていた数日、数週間という作業期間が大きく短縮されます。また、この仮想マシンは必要なだけ数を増やすことができますし、それをネットワーク化して開発者に割り当てることもできます。さらに、実際の使用シナリオを運用環境規模で複製して、リリース前に問題を検証し解決することもできます。このため、推測に頼る必要がなくなります。 また、Azure で開発やテストを行うことは、チームで共同作業を行うことを考えた場合にも便利で、環境をアジャイルに管理できます。利用状況のデータをリアルタイムに得られるため、コンピューティング リソースや使用率を視覚的に制御できます。つまり、無駄を極力省き、制限の設定変更やコスト管理を迅速に行うことができるのです。Azure はリソースを使用した分だけ支払う従量課金制のサービスであるため、需要に応じてスケールを拡大縮小させ、無駄なコストを抑えることができます。 今お持ちのアプリや既存のスキル、専門知識を、マイクロソフトとオープン ソースが提供するアプリや OS の幅広いサポートによって、最大限に活用できるようにしましょう。Azure なら、System Center や PowerShell スクリプトなど、お客様のお好みのツールを使用して、テスト/開発環境のプロビジョニング、展開、管理をさらに簡単に行うことができます。 このシリーズの次回の記事では、開発/テスト用のリソースに VM を使用する方法について説明します。どうぞお楽しみに。 Azure の無料評価版はこちらから試用できます。 Azure の開発/テスト環境の詳細はこちらをご覧ください。   *出典: ホワイト ペーパー『Business Case for Test Environment Management』、Cognizant