Microsoft Innovation Award 2017 のご案内

こんにちは、日本マイクロソフト スタートアップ支援担当の増渕です。 皆さんは、Microsoft Innovation Award をご存知ですか? Microsoft Innovation Award は「テクノロジによるイノベーション」をキーワードに、革新的なアイデアを形にしたソフトウェア、ハードウェア、IoT やアプリなどのソリューションを表彰する10 年目のアワードで、テクノロジ スタートアップを世の中に送りだしてきました。 Microsoft Innovation Award 2017 の応募期間は残すところあと少しとなりました。開発者、スタートアップのソリューション応募をお待ちしております。締め切りは1月31日です。*締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございます。2017.02.01 * https://www.microsoft.com/ja-jp/startups/mia   ファイナルピッチと表彰式は、3月22日に開催される、Microsoft Innovation Day 2017 の中で行われます。開発者、スタートアップ、投資家、ビジネスリーダー、学生、教育者、大企業の新規事業担当者はぜひチェックしてください。学生向けコンテスト、Imagine Cup も併設しています。 http://events.techinasia.com/microsoft/innovation-day/       昨年行われた、 Microsoft Innovation Award 2016 では以下の企業・チームが 受賞されています。 最優秀賞+日本航空アントレプレナー賞 – bioSync(筑波大学/人工知能研究室) 審査員特別賞 – The VOICE(Hmcomm株式会社) 審査員特別賞 – 科学を加速させるAI 〜クラウドを活用したライフサイエンス 究画像解析〜(エルピクセル株式会社) オーディエンス賞 – Secual(株式会社Secual) 展示オーディエンス賞…


マルチテナント アプリケーションの ID 管理に関するガイド

執筆者: Mike Wasson (Senior Content Developer, AzureCAT patterns & practices) このポストは、3 月 7 日に投稿された Guidance for Identity Management in Multitenant Applications の翻訳です。 マイクロソフトの Patterns & Practices グループは、Azure でのマルチテナント アプリケーションの ID 管理 (英語) に関する新しいガイドを公開しました。 マルチテナント アプリケーションを構築する場合、すべてのユーザーがテナントに所属しているため、ユーザー ID の管理が最初の課題となります。各ユーザーが組織の資格情報でサインインできるようにする必要があります。たとえば、Contoso に勤める Alice が alice@contoso.com というアカウントでサインインしたとします。 Alice がサインインしたら、Contoso のデータへのアクセスを許可し、他の組織のデータにはアクセスできないようにする必要があります。つまり、マルチテナントである場合は、承認ポリシーも必要になります。 他にも、次のような考慮事項があります。 • すべての組織のすべてのユーザーにアプリへのサインインを許可するのか、最初に組織のサインアップを必要とするのか。 • すべてのユーザーに同じ権限を付与するのか、アプリ内でユーザーごとに「管理者」「発行者」「閲覧者」などのロールを割り当てるのか。 Azure Active Directory (Azure AD)…


うるう年対策は万全ですか?

このポストは、2 月 2 日に投稿された Is your code ready for the leap year? の翻訳です。  2016 年も 2 月に入りました。そして今年はうるう年です。多くの人にとっては仕事や遊ぶ日が 1 日増えたイレギュラーな年なだけかも知れませんが、ソフトウェア開発者にとってはこれがたいへん大きな問題になる可能性があります。 もしも今、うるう年のバグが潜んでいるコードがあるかもと気になっている方は、すぐにチェックしてみてください。もしかしたら、既に影響が出始めているのに気付いていないだけかもしれません。では、どんなバグがコードに潜んでいることが考えられるのでしょうか? 日付が 1 日ずれる問題。特に、日付の範囲を指定するクエリを使用したデータ フィルタリング処理など ユーザー インターフェイスが予期しない動作をする、または望ましくない動作をする エッジ ケースの発生により、例外、クラッシュ、ハングアップが起きる ここまで言っても、「まさか。私のコードは問題ないですよ。ちゃんと単体テストをしてますから」と、無関心な方もいるでしょう。 そのような方に、私はいつも次のような質問をします。「そうですか。ではテストではきちんと時計をモックしていますか? 2 月 29 日や 12 月 31 日を含めたエッジ ケースをテストしていますか? C++ の低レベル コードやシステムの残りの部分もテストしましたか? そもそも、うるう年のバグがどのようなものか、本当にご存じですか?」 すると、多くの人は一様にぽかんとした顔を見せます。   この問題が Azure に影響する理由 うるう年は開発者が書くほとんどのコードに関係する問題であり、多くの処理が Azure クラウドでの実行に影響します。Azure ではうるう年だった 2012 年にサービス停止 (英語)…


App Service Authentication/Authorization の機能強化

このポストは、11 月 16 日に投稿された Expanding App Service Authentication/Authorization の翻訳です。 去年の今ごろですが、私の同僚である Byron Tardif (英語) が、Azure Websites Authentication/Authorization の紹介記事を公開しました。この機能の登場によって、Azure Active Directory を使ってわずか数クリックでサイトを保護することが可能になりました。その使いやすさについてはたくさんの反響をいただきましたが、同時に多くのお客様から、特に API を利用する際の柔軟性に乏しいという声も寄せられていました。 その後 3 月になり、Web Apps、Mobile Apps、API Apps、Logic Apps という機能を 1 つのプラットフォームにまとめたサービス Azure App Service が発表されました。この Azure App Service に含まれる App Service ゲートウェイにより、サイト間での認証の共有と Mobile Services のログイン サポートの拡張が実現しましたが、認証に関する柔軟性を個々のアプリケーション レベルでさらに高めてほしいという要望は根強く残されていました。 本日マイクロソフトは、これまでのアプローチを融合し、App Service の Authentication/Authorization 機能を拡張したことを発表いたします。新しい ID プロバイダー、新しいサインイン…