コミックマーケット(略称:コミケ)のシステムを支えるエンジニアたちの物語 ~後編~

取材対象が 1 人増えた まえがき コミックマーケットは年に 2 回開催される世界最大級のイベント。2012 年にマシン リソースを素早く増減できるクラウド、Microsoft Azureの採用を行いました (記事: [導入事例] コミケ Web カタログ)。 その後、C83 から C89 にかけて、計 6 回のイベント開催を経験。果たしてクラウド化は本当に効果があったのか、サービス開発・運用を担当する有限会社サークルドットエムエス 開発統括 堀口 政史 氏 (写真左)、技術統括 田邊 浩靖 氏 (写真中央)、取締役社長 佐藤 一毅 氏 (写真右) に、さらにエバンジェリスト戸倉も参加。 後半のインタビューをお届けします。 前編に続き、今回も聞き手はマイクロソフトの増渕です。 インタビュー 戸倉: さあ、みなさん。気を取り直してインタビューを再開しましょう! ではシステムについて聞いちゃいますよ♪ 増渕: 戸倉さん、楽しそうですねぇ・・・・・・。もう、聞き手戸倉彩で僕いらないような気がしてますが。 佐藤: まぁまぁ、みんなで楽しくやりましょう (笑) 堀口: じゃ、再開しますね (笑)。コミケのシステムは、『サークルポータル』、『コミケWebカタログ』、『出展申し込みシステム』、『コミケコスプレコミュニティ』の4つあるわけですが、基本的にはほぼすべて Azure 化を完了しました。 田邊: システム設計の概要をお話しすると、C83 の時に作った『コミケWebカタログ』だけがクラウド サービスで、あとは…


コミックマーケット(略称:コミケ)のシステムを支えるエンジニアたちの物語 ~前編~

まえがき コミックマーケットは年に 2 回開催される世界最大級のイベント。2012 年にマシン リソースを素早く増減できるクラウド、Microsoft Azureの採用を行いました (記事: [導入事例]コミケ Web カタログ)。 その後、C83 から C89 にかけて、計 6 回のイベント開催を経験。果たしてクラウド化は本当に効果があったのか、サービス開発・運用を担当する有限会社サークルドットエムエス 開発統括 堀口 政史 氏 (写真左)、技術統括 田邊 浩靖 氏 (写真中央)、取締役社長 佐藤 一毅 氏 (写真右) にお話をお伺いします。 今回も聞き手はマイクロソフトの増渕です。 インタビュー コミケWebカタログを作る経緯 増渕: さて、C83 でデビューした、コミケWebカタログも、だいぶ進化しましたねー。Azure 上にサービスをリリースされてから 3 年、6 回のイベントを経験しました。皆さんがここまでサービスを続けられた経験や今後の展開などをお伺いしたいと思います。まず、この記事を読む読者さんはコミケについての説明はいらないと思いますが、サークルドットエムエスをご存じない方がいるかもしれません。簡単に自己紹介をお願いします。 佐藤: よろしくおねがいします。サークルドットエムエスの代表を務めております佐藤です。まず、サークルドットエムエスは、コミックマーケット準備会 (以下、準備会) をサポートする IT 組織で、対象業務は、同人誌即売会のサークルの申し込み、同人誌即売会の出展しているサークルの一覧を並べてカタログをつくること、それと、コスプレイヤーさんの皆さんの情報を集めて当日の運営がはかどるような情報を提供するシステム開発、運営しています。 増渕: サークルさん情報の管理ですね。開発しているシステムは店舗管理システムのような類のものですか? 佐藤: いえ、どちらかというと、チケッティングのシステムに近いです。チケッティングといっても、抽選当落は、準備会の役割なので、僕らはエントリーの受付や割り付けられた場所の表示だけです。抽選はこの会社ではやっていないので。あと、一般的には直接表に出ていませんが、日本中のコミケイベントで使うカタログの制作サポートなどもしています。 増渕: 制作というのは、つまり、組版、インデザインみたいなものを使っている業務ですか? 田邊: 自動処理化しているので、インデザインみたいな作業ものではないです。PDFがバッチ出力イメージで、ライブラリはマイクロソフトさんの…


IT を活用した開発とテスト: クラウドの開発環境とテスト環境

このポストは、9 月 21 日に投稿された Dev-Test Starts with IT: Cloud development and test environments の翻訳です。 実に開発者の 65% が「開発とテストに必要なリソースを集めるのは面倒で時間がかかる」と言っていますが*、必ずしもそうとは限りません。 このブログ シリーズでは、マイクロソフトのクラウド サービスを利用して開発/テスト環境をセットアップする方法について説明します。マイクロソフトのクラウドを利用すれば、これまでのように数時間から数日間も費やすことなく、数分という短時間でテスト/開発環境をセットアップすることができます。  一貫性のある開発/テスト環境を従来の物理環境で構築する場合とは異なり、クラウドを利用すれば所要時間もコストも低く抑えることができます。 クラウドのリソースは経済性と利便性に優れているだけでなく、スピードという点でもメリットがあります。たとえば、Microsoft Azure には開発/テスト環境を完全にプロビジョニングし管理するために必要なリソースがすべてそろっているため、仮想マシンのプロビジョニングをわずか数分で完了することができます。つまり、これまでかけていた数日、数週間という作業期間が大きく短縮されます。また、この仮想マシンは必要なだけ数を増やすことができますし、それをネットワーク化して開発者に割り当てることもできます。さらに、実際の使用シナリオを運用環境規模で複製して、リリース前に問題を検証し解決することもできます。このため、推測に頼る必要がなくなります。 また、Azure で開発やテストを行うことは、チームで共同作業を行うことを考えた場合にも便利で、環境をアジャイルに管理できます。利用状況のデータをリアルタイムに得られるため、コンピューティング リソースや使用率を視覚的に制御できます。つまり、無駄を極力省き、制限の設定変更やコスト管理を迅速に行うことができるのです。Azure はリソースを使用した分だけ支払う従量課金制のサービスであるため、需要に応じてスケールを拡大縮小させ、無駄なコストを抑えることができます。 今お持ちのアプリや既存のスキル、専門知識を、マイクロソフトとオープン ソースが提供するアプリや OS の幅広いサポートによって、最大限に活用できるようにしましょう。Azure なら、System Center や PowerShell スクリプトなど、お客様のお好みのツールを使用して、テスト/開発環境のプロビジョニング、展開、管理をさらに簡単に行うことができます。 このシリーズの次回の記事では、開発/テスト用のリソースに VM を使用する方法について説明します。どうぞお楽しみに。 Azure の無料評価版はこちらから試用できます。 Azure の開発/テスト環境の詳細はこちらをご覧ください。   *出典: ホワイト ペーパー『Business Case for Test Environment Management』、Cognizant