Azure Service Bus で .NET Standard クライアントの一般提供を開始

執筆者: Justin Conway (Program Manager) このポストは、8 月 17 日に投稿された Azure Service Bus .NET Standard Client Generally Available の翻訳です。   Azure Service Bus .NET Standard クライアント (英語) の一般提供が開始されました。このクライアントでは .NET Core と .NET Framework もサポートされています。また、以前の記事 (英語) でお伝えしているように、Mono/Xamarin もサポートされており、クロス プラットフォーム アプリケーション開発に対応しています。さらに、今後も多くの機能が追加される予定です。 サポート対象のプラットフォームの一覧は、こちらのページに記載されています。今回のバージョンは .NET Standard バージョン 1.3 です。 Service Bus の .NET コードのサンプル キュー、トピック、セッションのサンプル (英語) をご用意していますのでご活用ください。サンプルは今後も充実させていきます。 以下のリストからサンプルをお試しください。 QueueClient を使用して…


Azure Service Bus で Java クライアントの一般提供を開始

執筆者: Justin Conway (Program Manager) このポストは、8 月 17 日に投稿された Azure Service Bus Java Client Generally Available の翻訳です。 Azure Service Bus チームが、Java クライアント ライブラリ バージョン 1.0.0 (英語) の一般提供開始を発表しました。ネイティブ機能が完全にサポートされているため、Azure Service Bus で Java エクスペリエンスを存分にご利用いただけます。 このリリースにより、ネイティブ クライアントを使用してスケジュール設定されたメッセージを送信したり、Standard プランや Premium プランのセッションでメッセージを元の順序のまま保持したりできるようになりました。 今回のリリースにあたっては、多くの企業や個人ユーザーの皆様から励ましの声をいただきました。皆様の温かい激励に感謝いたします。 また、この Java クライアント (Java 8) は .NET Standard クライアント ライブラリ (.NET Standard 1.3) と同等のものになりました。両方をご利用の方は、機能が同等であることや、Azure Service Bus との連携が完全にサポートされていることをご確認いただけます。…


Azure App Service 用 Application Insights Profiler の一般提供を開始

執筆者: Catherine Wang (Program Manager | Visual Studio) このポストは、5 月 11 日に投稿された Announcing Application Insights Profiler for Azure App Service now generally available の翻訳です。   このたび、Azure App Service 用 Application Insights Profiler の一般提供を開始いたします。同時に、Virtual Machines、Scale Sets、Cloud Services、Service Fabric などのコンピューティング リソース用 Profiler のパブリック プレビューもリリースいたします。これは、運用環境のアプリケーションの応答が遅延した際に、コード レベルのトレースを自動的に収集し表示する機能です。 概要 パフォーマンス問題を診断するのは、特にアプリがクラウド環境で運用されている場合、簡単ではありません。アプリの使用中に応答が遅くなった場合、要求を処理する途中のインフラストラクチャ、フレームワーク、アプリケーション コードのどこかに原因があると考えられます。クラウドでは常にマシンの追加や削除、ユーザー入力などが行われ、さまざまな条件が大規模に変動しています。 Application Insights Profiler は、上記のような問題を解決するのに役立ちます。変動する状況の中で、アプリケーションのパフォーマンス トレースを取得して表示します。ユーザーへの影響もなく、自動で広範囲に実行されます。Application Insights Profiler では、Azure 上のアプリのパフォーマンス問題を簡単に判断できるように、以下のような情報を取得します。…


Azure 用 Snapshot Debugger のプレビューをリリース

執筆者: Dan Taylor (Senior Program Manager, Azure Tools) このポストは、5 月 10 日に投稿された Introducing the Snapshot Debugger preview for Azure の翻訳です。   Snapshot Debugger を使用すると、運用環境の Azure アプリで例外が発生したときや、その他必要なときにスナップショットを取得することができます。スナップショットがあれば運用環境のアプリケーション トラフィックに影響を与えることなく、どのような異常が発生したかを正確に把握することができます。 Snapshot Debugger は Application Insights と Visual Studio に導入されたまったく新しい機能で、Web 開発者の皆様が Azure を使用する際に運用環境で起こった問題を短時間で解決できるようになります。 この記事では、まず .NET 向けの自動スナップショット機能のパブリック プレビュー (英語) について紹介し、次にインタラクティブな Snappoints 機能および Logpoints 機能の概要とプライベート プレビュー プログラムへのサインアップ (英語) についてご説明します。 運用環境で起きた問題の診断は困難 運用環境のサービスで問題が起きてほしいと考える人はまずいません。また、クラウドを利用するすべての人が、そのメリットであるスピードを活かしたいと考えています。開発者や…

0

Microsoft Innovation Award 2017 のご案内

こんにちは、日本マイクロソフト スタートアップ支援担当の増渕です。 皆さんは、Microsoft Innovation Award をご存知ですか? Microsoft Innovation Award は「テクノロジによるイノベーション」をキーワードに、革新的なアイデアを形にしたソフトウェア、ハードウェア、IoT やアプリなどのソリューションを表彰する10 年目のアワードで、テクノロジ スタートアップを世の中に送りだしてきました。 Microsoft Innovation Award 2017 の応募期間は残すところあと少しとなりました。開発者、スタートアップのソリューション応募をお待ちしております。締め切りは1月31日です。*締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございます。2017.02.01 * https://www.microsoft.com/ja-jp/startups/mia   ファイナルピッチと表彰式は、3月22日に開催される、Microsoft Innovation Day 2017 の中で行われます。開発者、スタートアップ、投資家、ビジネスリーダー、学生、教育者、大企業の新規事業担当者はぜひチェックしてください。学生向けコンテスト、Imagine Cup も併設しています。 http://events.techinasia.com/microsoft/innovation-day/       昨年行われた、 Microsoft Innovation Award 2016 では以下の企業・チームが 受賞されています。 最優秀賞+日本航空アントレプレナー賞 – bioSync(筑波大学/人工知能研究室) 審査員特別賞 – The VOICE(Hmcomm株式会社) 審査員特別賞 – 科学を加速させるAI 〜クラウドを活用したライフサイエンス 究画像解析〜(エルピクセル株式会社) オーディエンス賞 – Secual(株式会社Secual) 展示オーディエンス賞…


Azure DocumentDB に Change Feed のサポートを導入

執筆者: Aravind Ramachandran (Program Manager, Azure DocumentDB) このポストは、12 月 14 日に投稿された Introducing Change Feed support in Azure DocumentDB の翻訳です。   このたび、Azure DocumentDB に Change Feed (英語) のサポートが導入されました。Change Feed のサポートにより、DocumentDB コレクション内のドキュメントの一覧が更新日時順に並べ替えられて表示されます。このフィードを利用することで、コレクション内のデータに対する変更をリッスンし、以下のようなアクションを実行できます。 ドキュメントが挿入または変更された場合に API の呼び出しをトリガーする 更新内容に対してリアルタイムの (ストリーム) 処理を実行する キャッシュ、検索エンジン、データ ウェアハウスとデータを同期する DocumentDB の Change Feed はすべてのアカウントについて既定で有効になっており、追加料金は発生しません。なお、DocumentDB の他の操作と同様に、書き込みを実行するリージョンや Change Feed からの読み取りを実行するリージョンでは、プロビジョニングしたスループットを利用できます。 この記事では、新しい Change Feed のサポートについてご説明すると共に、Azure DocumentDB を使用して応答性とスケーラビリティに優れた堅牢なアプリケーションを作成する方法についてご紹介します。 Azure DocumentDB…


Azure Application Insights の一般提供を開始

執筆者: Shiva Sivakumar (Director of Progam Management, Application Insights) このポストは、11 月 16 日に投稿された General availability of Azure Application Insights の翻訳です。   このたびニューヨークで開催された Connect() 2016 (英語) において、Azure Application Insights (英語) (旧称 Visual Studio Application Insights) の一般提供開始と新しい料金体系が発表されました。この発表により、99.9% の可用性を保証する返金制度付きの SLA が Application Insights に適用されるようになります。 Application Insights は統合型のアプリケーション パフォーマンス管理 (APM) およびアプリケーション分析ソリューションです。アプリケーションのパフォーマンスがユーザー エクスペリエンスにどう関連し、業績にどのような影響を与えているかを開発チームが把握できるようになります。 次のビデオでは、Application Insights の簡単な概要とデモをご覧いただけます。   Application Insights の主な機能は次のとおりです。…


C++ 用ストレージ クライアント ライブラリでの File サービスのサポートを発表

執筆者: Sercan Guler (Program Manager) このポストは、10 月 25 日に投稿された Announcing support for Files in the Storage Client Library for C++ の翻訳です。   このたび、REST API 実装により C++ 用ストレージ クライアント ライブラリ (2.4.0) で Azure Storage の File サービスのエンドポイントがサポートされることになりました。 C++ 用クライアント ライブラリ 2.4.0 の詳細についてはこちら (英語) を参照してください。また、Azure Storage のドキュメント ページのクイック スタート ガイド (英語) も併せてお読みください。 今回のリリースでは、下記を含むすべての File サービスの機能がサポートされます。 •    共有の作成/削除/サイズ変更…


Xamarin 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリの一般提供を開始

執筆者: Dinesh Murthy (Principal Program Manager, Azure Storage) このポストは、10 月 24 日に投稿された Announcing Azure Storage Client Library GA for Xamarin の翻訳です。   このたび、Xamarin 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリの一般提供が開始されました。Xamarin は最新のモバイル アプリ開発プラットフォームで、ネイティブなユーザー インターフェイスで共有 C# コードベースを使用して iOS や Android、Windows ストア向けのアプリを作成できます。マイクロソフトでは、Xamarin 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリは、快適な開発エクスペリエンス、およびエンドツーエンドのモバイル ファースト、クラウド ファーストのエクスペリエンスを提供します。プレビュー版をお試しいただき貴重なフィードバックをお送りくださった皆様に感謝いたします。 Xamarin 用リリースのソースは .Net 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリと同様に、Github (英語) で公開されています。インストール パッケージは…


Azure コマンド ライン インターフェイス (Azure CLI) 2.0 プレビューを発表

執筆者: Jason R. Shaver (Senior Program Manager) このポストは、9 月 26 日に投稿された Announcing Azure Command-Line Interface (Azure CLI) 2.0 Preview の翻訳です。   Azure が進化するにつれ、Windows PowerShell ツールや Azure クロス プラットフォーム コマンド ライン インターフェイス (CLI) などのコマンド ライン ツールを使用するお客様が増えてきました。これらのツールを使うことで生産性が向上したという声を多数いただいている一方、特に Linux ユーザーの皆様からは、マイクロソフトのクロス プラットフォーム CLI と Linux の主なコマンド ライン ツールの統合が不十分であることや、Node 環境のインストールや保守が難しい (ツール自体がこの環境を基盤としている) ことが指摘されています。 こうしたご意見を受けて、Azure Resource Manager ベースの構成モデルの拡張と併せて CLI エクスペリエンスを改良し、Azure 向けに優れたエクスペリエンスを提供することにしました。そして本日、新たな CLI…