Microsoft Innovation Award 2017 のご案内

こんにちは、日本マイクロソフト スタートアップ支援担当の増渕です。 皆さんは、Microsoft Innovation Award をご存知ですか? Microsoft Innovation Award は「テクノロジによるイノベーション」をキーワードに、革新的なアイデアを形にしたソフトウェア、ハードウェア、IoT やアプリなどのソリューションを表彰する10 年目のアワードで、テクノロジ スタートアップを世の中に送りだしてきました。 Microsoft Innovation Award 2017 の応募期間は残すところあと少しとなりました。開発者、スタートアップのソリューション応募をお待ちしております。締め切りは1月31日です。*締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございます。2017.02.01 * https://www.microsoft.com/ja-jp/startups/mia   ファイナルピッチと表彰式は、3月22日に開催される、Microsoft Innovation Day 2017 の中で行われます。開発者、スタートアップ、投資家、ビジネスリーダー、学生、教育者、大企業の新規事業担当者はぜひチェックしてください。学生向けコンテスト、Imagine Cup も併設しています。 http://events.techinasia.com/microsoft/innovation-day/       昨年行われた、 Microsoft Innovation Award 2016 では以下の企業・チームが 受賞されています。 最優秀賞+日本航空アントレプレナー賞 – bioSync(筑波大学/人工知能研究室) 審査員特別賞 – The VOICE(Hmcomm株式会社) 審査員特別賞 – 科学を加速させるAI 〜クラウドを活用したライフサイエンス 究画像解析〜(エルピクセル株式会社) オーディエンス賞 – Secual(株式会社Secual) 展示オーディエンス賞…


Microsoft BizSpark スタートアップ事例:不動産に革命を起こす「NinjaLock」

株式会社ライナフ(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 滝沢 潔)は、スマートロック「NinjaLock」をはじめとするデバイスと周辺アプリケーションを提供するスタートアップ企業です。Microsoftが運営するスタートアップ向けプレミアムプログラムBizSpark Plus(Microsoft Azure無償利用枠年間1200万円)を2015年秋より活用しています。   不動産に革命を 株式会社ライナフは、2014年11月に滝沢氏が創業し、2015年2月に野瀬氏が、3月に鐘江氏が参画しスタートしました。自社開発IoTスマートロックデバイス「NinjaLock」をはじめとするデバイスと周辺アプリケーションの提供を通じ、不動産業界の革命に挑戦しています。 「スマート内覧」サービスを開始 2016年2月1日より「NinjaLock」を活用した不動産向け無人内覧サービス「スマート内覧」のサービスを開始しました。「スマート内覧」は「NinjaLock」が提供する、特定の相手に特定の時間帯のみ利用可能な鍵の開閉権限を付与する機能を活用し、内覧を希望する人がインターネット上の専用サイトから鍵の開閉権限を取得し、賃貸管理会社の営業担当者が立ち会うことなく、自由な時間に一人で内覧が可能となるサービスです。三菱地所が運営する「ザ・パークハビオ上野」にてサービスの実証実験が開始されています。   サーバープラットフォームとして Microsoft Azure を選択 「当初、他社のパブリッククラウドの利用を検討し構築を進めていましたが、弊社が開発するスマートロック「NinjaLock」や不動産向けソリューションは、人々の生活におけるインフラを目指しており、安定した稼働と高い信頼性が必要と考えた結果、サーバーの見直しを実施しました。マイクロソフトが提供するMicrosoft Azureは、クラウドインフラとして高いスケーラビリティとSLAを実現するだけでなく、グローバルな基準に準拠したセキュリティとプライバシーを確保しております。今後の世界展開を考慮したスケーラビリティと安定性を確保するために、ライナフが提供するサービスにおけるインフラの中核として、今後マイクロソフトのプラットフォームを採用する方針を決定しました。」(滝沢氏)   「スマート内覧の仕組みはLinuxの中にウェブサーバーとしてApacheを、データベースとしてMySQLを利用しています。今までMicrosoft AzureはWindows向けのものかと思っていましたが、Linux やオープンソース技術も問題なく使えますし、ClearDBというMySQL の マネージドサービスもそろっており短期間で運用環境を構築することができました。」(鐘江氏)   今後の展開について 「今後、居室に設置するコミュニケーション用デバイスにWindowsタブレットの採用を予定しております。企業・官公庁をはじめ、業務向けにおいても高い実績を持つWindows端末により十分なセキュリティ対策、安定性を実現することで、三菱地所様をはじめとした法人のお客様をはじめ、同社の物件を内覧する個人のお客様にも安心してご利用いただけると考えております。」(野瀬氏)   今後は、Windowsタブレットをホームゲートウェイとして活用すべく連携を進め、機械学習機能を用いたお客様の帰宅・出勤時間データと室内データとの連携や、それに基づく最適な温度調整のリコメンデーション、カメラやセンサーネットワークによるセキュリティサービスなどの実現に向けた検討を行っていく予定だという。   株式会社ライナフ についてライナフは、スマートロック「NinjaLock」をはじめとするデバイスと周辺アプリケーションを提供する企業です。 『LifeをよりEnoughへ』をコンセプトに掲げ、不動産×ITを事業領域として、人々の生活をより充実させるデバイス・サービスの提供と不動産業界を変革するプラットフォームの創出に向け、挑戦しております。 株式会社ライナフWebサイトhttp://linough.com

0

コミックマーケット(略称:コミケ)のシステムを支えるエンジニアたちの物語 ~後編~

取材対象が 1 人増えた まえがき コミックマーケットは年に 2 回開催される世界最大級のイベント。2012 年にマシン リソースを素早く増減できるクラウド、Microsoft Azureの採用を行いました (記事: [導入事例] コミケ Web カタログ)。 その後、C83 から C89 にかけて、計 6 回のイベント開催を経験。果たしてクラウド化は本当に効果があったのか、サービス開発・運用を担当する有限会社サークルドットエムエス 開発統括 堀口 政史 氏 (写真左)、技術統括 田邊 浩靖 氏 (写真中央)、取締役社長 佐藤 一毅 氏 (写真右) に、さらにエバンジェリスト戸倉も参加。 後半のインタビューをお届けします。 前編に続き、今回も聞き手はマイクロソフトの増渕です。 インタビュー 戸倉: さあ、みなさん。気を取り直してインタビューを再開しましょう! ではシステムについて聞いちゃいますよ♪ 増渕: 戸倉さん、楽しそうですねぇ・・・・・・。もう、聞き手戸倉彩で僕いらないような気がしてますが。 佐藤: まぁまぁ、みんなで楽しくやりましょう (笑) 堀口: じゃ、再開しますね (笑)。コミケのシステムは、『サークルポータル』、『コミケWebカタログ』、『出展申し込みシステム』、『コミケコスプレコミュニティ』の4つあるわけですが、基本的にはほぼすべて Azure 化を完了しました。 田邊: システム設計の概要をお話しすると、C83 の時に作った『コミケWebカタログ』だけがクラウド サービスで、あとは…


エヴァンゲリオンで有名な会社のシステムを支えるエンジニアたちの物語

■Microsoft Azure 事例: Khara – Japanese anime production studio utilizes open source on Microsoft cloud to securely host its webpage (英語) 株式会社カラーの Microsoft Azure 事例がマイクロソフト本社サイトにて公開となりました。アニメ業界における Microsoft Azure 利用の公式事例化としてはおそらく世界で 3番目です。( Pixer と Mudoloco に続く)。 ただせっかくの素敵な記事も英語だと内容が伝わりにくいところがあります。そこで MSDN オンラインチームブログ では、この事例の裏話や運用秘話を対談形式でご紹介します。ご登場いただくのは、株式会社カラーのシステム エンジニアの鏡 洋祐さん (写真左)、高野 宏行さん (写真中央) 、株式会社コサットの代表取締役社長・佐藤 一毅 (写真右) です。コサットはコミックマーケット (通称、コミケ) のシステム運用会社であり、今回 も構築運用支援で参画していただきました。 聞き手は、エバンジェリスト 増渕 大輔です。対談ご覧くださいませ。 日本マイクロソフト・増渕 大輔 (以下、増渕):…


コミックマーケット(略称:コミケ)のシステムを支えるエンジニアたちの物語 ~前編~

まえがき コミックマーケットは年に 2 回開催される世界最大級のイベント。2012 年にマシン リソースを素早く増減できるクラウド、Microsoft Azureの採用を行いました (記事: [導入事例]コミケ Web カタログ)。 その後、C83 から C89 にかけて、計 6 回のイベント開催を経験。果たしてクラウド化は本当に効果があったのか、サービス開発・運用を担当する有限会社サークルドットエムエス 開発統括 堀口 政史 氏 (写真左)、技術統括 田邊 浩靖 氏 (写真中央)、取締役社長 佐藤 一毅 氏 (写真右) にお話をお伺いします。 今回も聞き手はマイクロソフトの増渕です。 インタビュー コミケWebカタログを作る経緯 増渕: さて、C83 でデビューした、コミケWebカタログも、だいぶ進化しましたねー。Azure 上にサービスをリリースされてから 3 年、6 回のイベントを経験しました。皆さんがここまでサービスを続けられた経験や今後の展開などをお伺いしたいと思います。まず、この記事を読む読者さんはコミケについての説明はいらないと思いますが、サークルドットエムエスをご存じない方がいるかもしれません。簡単に自己紹介をお願いします。 佐藤: よろしくおねがいします。サークルドットエムエスの代表を務めております佐藤です。まず、サークルドットエムエスは、コミックマーケット準備会 (以下、準備会) をサポートする IT 組織で、対象業務は、同人誌即売会のサークルの申し込み、同人誌即売会の出展しているサークルの一覧を並べてカタログをつくること、それと、コスプレイヤーさんの皆さんの情報を集めて当日の運営がはかどるような情報を提供するシステム開発、運営しています。 増渕: サークルさん情報の管理ですね。開発しているシステムは店舗管理システムのような類のものですか? 佐藤: いえ、どちらかというと、チケッティングのシステムに近いです。チケッティングといっても、抽選当落は、準備会の役割なので、僕らはエントリーの受付や割り付けられた場所の表示だけです。抽選はこの会社ではやっていないので。あと、一般的には直接表に出ていませんが、日本中のコミケイベントで使うカタログの制作サポートなどもしています。 増渕: 制作というのは、つまり、組版、インデザインみたいなものを使っている業務ですか? 田邊: 自動処理化しているので、インデザインみたいな作業ものではないです。PDFがバッチ出力イメージで、ライブラリはマイクロソフトさんの…


Azure SDK 2.8.1 for .NET のリリースを発表

このポストは、11 月 30 日に投稿された Announcing the Azure SDK 2.8.1 for .NET の翻訳です。 このたびマイクロソフトは、Visual Studio 2013 および Visual Studio 2015 向けの Azure SDK 2.8.1 for .NET をリリースしました。今回の更新では Azure App Service 開発者向けの新機能のほか、App Service の API Apps 新規リリースと Mobile Apps .NET Server SDK の一般提供に伴う補完機能を提供します。これらの更新は ASP.NET 5 RC の最新の更新に続くものであり、Azure での Web 開発、モバイル開発、REST API 開発に最適な環境がそろうことになります。この記事では、Azure SDK 2.8.1 でリリースされる新機能の概要を紹介します。 Azure SDK…


Azure Media Technical Summit in Tokyo 2015 開催のご案内

海外動画配信事業者の日本国内進出や、国内各放送局様での積極的な動画配信の取り組みが続く中、メディア業界のお客様やパートナー様を対象に、表題のセミナーを下記要領にて開催させていただく事となりました。 本セミナーでは、動画配信をテーマと据えましてビジネス及び技術セッションを予定しております。国内外での動画配信の利用状況やMPEG-DASHやコンテンツ保護などの業界標準について、米国本社Azure Media Serviceのプロダクトチームから直接ご紹介いたします。動画配信だけでなく、デジタルコンテンツの活用のための、最新クラウド技術も取り上げます。また、各種最新技術を搭載したWindows 10の概要とメディアに関わる最新技術も取り上げます。 マネタイズの厳しい領域において、マルチデバイス対応のための業界標準とクラウド活用がどうお役にたつのか。その一助となる有益な情報をお届けいたします!   開催日時 2015年12月7日 13:30~19:00 (開場・受付 13:00~)開催場所 マイクロソフト 品川本社参加費用 無償   13:30 – 13:35 ご挨拶 日本マイクロソフト株式会社  業務執行役員 第一インダストリー統括本部 本部長  南 哲夫 13:35 – 14:35 『Azure Media Servicesでのクラウドベースの動画配信最新事情』 マイクロソフトコーポレーション  Azure Application Platform  プリンシパル・プログラム・マネージャー  マーティン ウォール (Martin Wahl) 14:35 – 14:50 ご休憩 14:50 – 16:00 『デジタルコンテンツ管理・配信のためのAzure 最新技術詳細 – Azure Media Services と 検索、ビッグデータを中心に – 』 日本マイクロソフト株式会社  テクニカル…

0

【開催間近】11月6日 クラウドの最新技術で技術力アップ! – Azure 最新情報セミナー

  クラウドの最新技術で技術力アップ! – Azure 最新情報セミナー   Azure AD、SQL Database, Datalakeや、Visual Studio Online など、30 近くの機能強化が9月に発表され、ますます使いやすくなっている Microsoft Azure。本セミナーでは、仮想マシンやビッグ データ、開発者向けサポート機能など、 Microsoft Azure の最新機能を網羅的に解説いたします。皆さんの技術力向上にぜひお役立てください。   ■開催日時 2015年11月6日13:30~16:30(13:00開場) ■開催場所 日本マイクロソフト品川本社(東京都港区 港南 2-16-3  品川グランドセントラルタワー)  ■参加費: 無料 ■アジェンダ 13:30 – 14:15 インフラストラクチャー編:仮想マシン・ネットワーク・ストレージ・コンテナー 安納 順一 日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー & プラットフォーム統括本部エバンジェリスト 14:15 – 14:25 休憩 14:25 – 15:10 データ プラットフォーム編: IoT、データベース、サーチ、ビッグ データ 畠山 大有 日本マイクロソフト株式会社デベロッパー & プラットフォーム統括本部エバンジェリスト 15:10 -…

0

DocumentDB: Create 操作の可否の判断方法

このポストは、10 月 6 日に投稿された DocumentDB: To create, or not to create, that is the question の翻訳です。   JSON ドキュメントを DocumentDB に永続化する場合、Create と Replace のどちらの操作を実行するか判断に悩む場合があります。 レコードが既に存在する場合、Create 操作を実行するとエラーが返されます。同様に、レコードが存在しない場合に Replace 操作を実行するとエラーが返されます。このような場合、まず ID による Read または Query のいずれかを実行してドキュメントの有無を確認し、Create と Replace のどちらを実行するかを決定します。 これを実装した場合の一般的な例を次に示します。 using (DocumentClient client = new DocumentClient(new Uri(endpoint), authKey)) { var docSpec = new { id = “document…


2月18日 (水) 夕方開催 Azure + Movable Typeハンズオンセミナー

  マイクロソフトとシックス・アパート株式会社の共催で、「Microsoft Azure」と、シックス・アパート社が提供するクラウド型CMSプラットフォーム「Movable Type クラウド版」の2つのサービスに同時に触れ、これらを組み合わせた活用方法を学んでいただきます。企業のクラウド利用が急速に普及する昨今、さまざまなクラウドサービスについて理解を深めることは、ユーザーへの提案活動にとって欠くことができない、重要な事項となっています。ぜひとも、このハンズオンセミナーにご参加ください。 日時:2015年2月18日 (水) 17:30~20:00 (受付開始 17:20)会場:シックス・アパート オフィス   東京都港区赤坂3-11-3 赤坂中川ビルディング5F参加費用:無料定員:7名参加対象:Microsoft Azureを勉強したい方、Movable Typeクラウド版の機能について理解を深めたい方、ステージング構成の構築について学びたい方 ハンズオンの主な内容は、以下を予定しています。 Microsoft Azureのアカウント有効化〜主要機能の説明(Webサイト、仮想マシンなど) Movable Type クラウド版へのサインインと、サイトの再構築 再構築したデータをWebサイトに向けてサーバー配信(ステージング構成の体感) Azure上で Movable Type の Data API を利用する それぞれのサービスの概念と機能、理解を深め、活用につなげていただける内容となっております。ぜひこの機会に、Microsoft Azure と Movable Type クラウド版をご体験ください。 詳細および登録は以下よりご確認ください。      

0