Azure 用 Snapshot Debugger のプレビューをリリース

執筆者: Dan Taylor (Senior Program Manager, Azure Tools) このポストは、5 月 10 日に投稿された Introducing the Snapshot Debugger preview for Azure の翻訳です。   Snapshot Debugger を使用すると、運用環境の Azure アプリで例外が発生したときや、その他必要なときにスナップショットを取得することができます。スナップショットがあれば運用環境のアプリケーション トラフィックに影響を与えることなく、どのような異常が発生したかを正確に把握することができます。 Snapshot Debugger は Application Insights と Visual Studio に導入されたまったく新しい機能で、Web 開発者の皆様が Azure を使用する際に運用環境で起こった問題を短時間で解決できるようになります。 この記事では、まず .NET 向けの自動スナップショット機能のパブリック プレビュー (英語) について紹介し、次にインタラクティブな Snappoints 機能および Logpoints 機能の概要とプライベート プレビュー プログラムへのサインアップ (英語) についてご説明します。 運用環境で起きた問題の診断は困難 運用環境のサービスで問題が起きてほしいと考える人はまずいません。また、クラウドを利用するすべての人が、そのメリットであるスピードを活かしたいと考えています。開発者や…

0

Azure Application Insights の一般提供を開始

執筆者: Shiva Sivakumar (Director of Progam Management, Application Insights) このポストは、11 月 16 日に投稿された General availability of Azure Application Insights の翻訳です。   このたびニューヨークで開催された Connect() 2016 (英語) において、Azure Application Insights (英語) (旧称 Visual Studio Application Insights) の一般提供開始と新しい料金体系が発表されました。この発表により、99.9% の可用性を保証する返金制度付きの SLA が Application Insights に適用されるようになります。 Application Insights は統合型のアプリケーション パフォーマンス管理 (APM) およびアプリケーション分析ソリューションです。アプリケーションのパフォーマンスがユーザー エクスペリエンスにどう関連し、業績にどのような影響を与えているかを開発チームが把握できるようになります。 次のビデオでは、Application Insights の簡単な概要とデモをご覧いただけます。   Application Insights の主な機能は次のとおりです。…


Visual Studio Team Services 用の新しい Application Insights メトリック ウィジェット

執筆者: Mike Gresley (Senior Program Manager, Application Insights) このポストは、7 月 6 日に投稿された New Application Insights metric widget for Visual Studio Team Services の翻訳です。   マイクロソフトは、皆様が Application Insights の情報を日常のワークフローによりうまく取り入れられるようにするための取り組みの一環として、Visual Studio Team Services (VSTS) ダッシュボード用のメトリック ウィジェットを開発しました。このウィジェットを使用すれば、テレメトリや診断データを Azure ポータルで表示していないときでも常に監視することが可能になります。インストールやセットアップも非常に簡単です。 Application Insights メトリック ウィジェットをダウンロード、インストールする メトリック ウィジェット (英語) は、Visual Studio Marketplace からダウンロードしてインストールできます。 VSTS ダッシュボード画面の右下にある編集ボタンをクリックすると、リストに Application Insights メトリック ウィジェットが表示されます。 [注: ウィジェットがリストに表示されていない場合は…


Application Insights モバイル アプリを HockeyApp に移行するには

執筆者: Joshua Weber (Senior Program Manager, Application Insights) このポストは、4 月 25 日に投稿された Migrate your Application Insights mobile app to HockeyApp today の翻訳です。   3 月上旬、マイクロソフトはモバイル アプリ開発者向けサービスとデスクトップ アプリ開発者向けサービスを HockeyApp (英語) に集中することを発表しました。HockeyApp はモバイル向け DevOps ソリューションの主要コンポーネントであり、今回 Application Insights から HockeyApp にワンクリックでアプリケーションを移行できるようにしました。 HockeyApp への移行が可能に Application Insights から HockeyApp へアプリケーションをワンクリックで移行できるようになりました。アプリケーションにログインすると、移行できることがアプリケーション上部のステータス バーに表示されます。このボタンをクリックするだけで、既存のアプリケーションを HockeyApp に移行可能で、SDK やエクスペリエンスを変更する必要はありません (Application Insights のエクスペリエンスは最終移行日の 6 月 15…


Near Real Time Proactive Diagnostics に失敗率の異常を通知するアラートを追加

執筆者: Yossi Yossifon (Senior Program Manager, Application Insights) このポストは、4 月 11 日に投稿された Near Real Time Proactive Diagnostics alerts on abnormal failure rates の翻訳です。   Near Real Time Proactive Diagnostics に、Web アプリが突然中断した場合やパフォーマンスが急激に低下した場合にそのことを通知する自動アラートが追加されました。たとえば、要求の失敗率が異常に上昇した場合は数分以内に通知されるため、多くのユーザーに影響が及ぶ前に問題を調査することができます。 最大の利点としては、アプリに Visual Studio Application Insights をセットアップし、最小限の要求テレメトリを送信していれば、何も行わなくてもアラートが設定されるという点です。この機能は皆様の .NET アプリや Java Web アプリがクラウドでホストされていても、独自のサーバーでホストされていても使用することが可能で、アプリの失敗率の正常なパターンを自動的に学習し、異常な上昇が発生した場合にアラートを送信します。詳細についてはこちらのページをご覧ください。 診断の詳細情報を提示 このメール アラートの機能は、問題の警告だけではありません。詳細な診断情報が含まれ、応答コード、操作名、アプリケーションのバージョンなど、失敗した要求に共通するプロパティが明確に提示されます。また、問題に関連する場合は、例外、トレース、依存関係の呼び出しの情報も含まれます。メールのリンクをクリックすると、失敗した特定の要求を Application Insights ポータルで直接確認できるほか、このページから依存関係エラー、例外、コール スタックなどの関連するテレメトリを表示できます。 アラートのメリット このアラートには 2 つの大きなメリットがあります。1 つはアプリの動作への自動適応、もう 1…


Application Insights の新しい診断機能と分析機能

執筆者: Merav Davidson (Partner PM Director, Application Insights) このポストは、3 月 31 日に投稿された New diagnostics and analytics capabilities in Application Insights の翻訳です。   サンフランシスコで開催された Build 2016 (英語) で、Visual Studio Application Insights (英語) の新機能が発表されました。この機能を使用することで、よりインテリジェントな診断を行ったり、アドホック クエリに瞬時に回答したり、既存の DevOps ワークフローに統合したりすることができます。 以下は、今回発表された新しい機能の一部です。詳細はその後の各セクションをご覧ください。 Application Insights の Analytics Near Real Time Proactive Detection Live Stream Metrics Application Map Azure Dashboards Visual Studio の例外からコードへの移動 Visual…

0

Application Insights から HockeyApp へのモバイル アプリの移行

執筆者: Thomas Dohmke (Group Program Manager, Application Insights) このポストは、3 月 9 日に投稿された Transitioning Mobile Apps from Application Insights to HockeyApp の翻訳です。   マイクロソフトは、昨年 11 月に開催された Connect() で、モバイル アプリ開発者およびデスクトップ アプリ開発者向けのサービスを HockeyApp に集中することを発表しました。HockeyApp (英語) は iOS や Android、OS X、Windows、Xamarin、Cordova、Unity などのモバイル向け DevOps ソリューションの主要コンポーネントです。Visual Studio Application Insights は引き続き、Web アプリおよびサービスでの検出、優先順位付け、診断といった用途で、インタラクティブな分析結果や重要情報を提供します。 HockeyApp への移行 本日マイクロソフトは、モバイル アプリおよびデスクトップ アプリのユーザーの皆様向けに更新を発表しました。HockeyApp への投資の一環として、また、HockeyApp ユーザーの皆様からいただいた好意的なフィードバックにお応えするために、以下の日程で Application Insights のモバイル対応の廃止を進めることを決定しました。…

0

Application Insights での WCF の監視

執筆者: Beckylin Orooji (Program Manager, Application Insights) このポストは、3 月 7 日に投稿された WCF Monitoring with Application Insights の翻訳です。 このたび、WCF アプリケーションの監視に特化した Application Insights SDK Labs (英語) が新たにリリースされました。.NET Web アプリケーション向け Application Insights SDK では既に HTTP ベースの WCF アプリケーションがサポートされていますが、これは WCF 向けに最適化されたものではありませんでした。Application Insights WCF SDK は WCF アプリケーションの監視に最適で、一般的な WCF バインディングをすべて監視し、例外を監視したり、処理を明確に識別したり、選択的に監視したりできます。 背景 監視ツールを作成する場合、テレメトリを収集する階層を多数の中から選択できます。多くの IIS ベースのアプリケーションでは、HTTP モジュール層が使用されています。HTTP モジュールは、要求の処理に使用されるテクノロジ (ASP.NET、MVC、Web API、WCF) を問わず、すべての HTTP…

0

Application Insights に [Annotations detail] ブレードを追加

執筆者: Mike Gresley (Senior Program Manager, Application Insights) このポストは、2 月 16 日に投稿された Annotations detail blade now available in Application Insights の翻訳です。 前回の記事では、Application Insights に「注釈」という機能が追加されたことをお知らせしました。また、この機能の詳細ブレードもまもなく公開されることをお伝えしましたが、そのとおり、今回の更新でこのブレードが追加されました。 このブレードは非常にシンプルなもので、注釈をクリックするとその右側に新しいブレードが開き、そこに詳細が表示されます。そこにはリリース ID、要求元、ソース管理担当ブランチ、リリース定義、環境など、リリースに関する多くの情報が含まれています。実際に使用しているようすは次のとおりです。 マイクロソフトでは、この機能の追加でリリース注釈がさらに便利になると考えています。この機能を使えば、Application Insights でリリースをテレメトリに関連付けるときに、ID 情報をすばやく確認することができます。 App Insights ALM チームは今回の機能追加によって、Web アプリやサービスの日常的な監視業務や分析作業で注釈機能がさらに使いやすくなると期待しています。追加された関連リリースでこの詳細ブレードが対応していないデータがある場合は、データを調査いたしますので、ご連絡いただければ幸いです。 また、今後もどんどん新機能を発表する予定ですので、新しい記事をどうぞお見逃しなく! いつものお願いではありますが、マイクロソフトでは新機能や機能強化に関するご意見をお待ちしています。何かありましたらお気軽に Application Insights の User Voice ページ (英語) までコメントをお寄せください。また、ご質問には Application Insights フォーラム (英語) をご利用ください。


Application Insights で Release Annotations が利用可能に

このポストは、1 月 27 日に投稿された Application Insights announces availability of Release Annotations の翻訳です。 たいへんお待たせしました! このたびようやく、Application Insights で Release Annotations (旧称 Deployment Markers) を利用できるようになりました。これは、Application Insights が Visual Studio Online (現 Visual Studio Team Services) から新しい Azure ポータルに移行されて以来、最も多くリクエストが寄せられていた機能の 1 つです。 Release Annotations のリリース注釈は Metrics Explorer に表示させ、リリースを行った時期とブレードに表示されるさまざまな指標の相関関係を確認することができます。これにより、不適切な (または適切な) デプロイメントがサービスやアプリに悪影響を与えていないかどうかなどを把握することができます。   Release Annotations を有効化する Metrics Explorer でリリース注釈を表示するには、まず Release Annotations を…