コミックマーケット(略称:コミケ)のシステムを支えるエンジニアたちの物語 ~後編~

取材対象が 1 人増えた まえがき コミックマーケットは年に 2 回開催される世界最大級のイベント。2012 年にマシン リソースを素早く増減できるクラウド、Microsoft Azureの採用を行いました (記事: [導入事例] コミケ Web カタログ)。 その後、C83 から C89 にかけて、計 6 回のイベント開催を経験。果たしてクラウド化は本当に効果があったのか、サービス開発・運用を担当する有限会社サークルドットエムエス 開発統括 堀口 政史 氏 (写真左)、技術統括 田邊 浩靖 氏 (写真中央)、取締役社長 佐藤 一毅 氏 (写真右) に、さらにエバンジェリスト戸倉も参加。 後半のインタビューをお届けします。 前編に続き、今回も聞き手はマイクロソフトの増渕です。 インタビュー 戸倉: さあ、みなさん。気を取り直してインタビューを再開しましょう! ではシステムについて聞いちゃいますよ♪ 増渕: 戸倉さん、楽しそうですねぇ・・・・・・。もう、聞き手戸倉彩で僕いらないような気がしてますが。 佐藤: まぁまぁ、みんなで楽しくやりましょう (笑) 堀口: じゃ、再開しますね (笑)。コミケのシステムは、『サークルポータル』、『コミケWebカタログ』、『出展申し込みシステム』、『コミケコスプレコミュニティ』の4つあるわけですが、基本的にはほぼすべて Azure 化を完了しました。 田邊: システム設計の概要をお話しすると、C83 の時に作った『コミケWebカタログ』だけがクラウド サービスで、あとは…


コミックマーケット(略称:コミケ)のシステムを支えるエンジニアたちの物語 ~前編~

まえがき コミックマーケットは年に 2 回開催される世界最大級のイベント。2012 年にマシン リソースを素早く増減できるクラウド、Microsoft Azureの採用を行いました (記事: [導入事例]コミケ Web カタログ)。 その後、C83 から C89 にかけて、計 6 回のイベント開催を経験。果たしてクラウド化は本当に効果があったのか、サービス開発・運用を担当する有限会社サークルドットエムエス 開発統括 堀口 政史 氏 (写真左)、技術統括 田邊 浩靖 氏 (写真中央)、取締役社長 佐藤 一毅 氏 (写真右) にお話をお伺いします。 今回も聞き手はマイクロソフトの増渕です。 インタビュー コミケWebカタログを作る経緯 増渕: さて、C83 でデビューした、コミケWebカタログも、だいぶ進化しましたねー。Azure 上にサービスをリリースされてから 3 年、6 回のイベントを経験しました。皆さんがここまでサービスを続けられた経験や今後の展開などをお伺いしたいと思います。まず、この記事を読む読者さんはコミケについての説明はいらないと思いますが、サークルドットエムエスをご存じない方がいるかもしれません。簡単に自己紹介をお願いします。 佐藤: よろしくおねがいします。サークルドットエムエスの代表を務めております佐藤です。まず、サークルドットエムエスは、コミックマーケット準備会 (以下、準備会) をサポートする IT 組織で、対象業務は、同人誌即売会のサークルの申し込み、同人誌即売会の出展しているサークルの一覧を並べてカタログをつくること、それと、コスプレイヤーさんの皆さんの情報を集めて当日の運営がはかどるような情報を提供するシステム開発、運営しています。 増渕: サークルさん情報の管理ですね。開発しているシステムは店舗管理システムのような類のものですか? 佐藤: いえ、どちらかというと、チケッティングのシステムに近いです。チケッティングといっても、抽選当落は、準備会の役割なので、僕らはエントリーの受付や割り付けられた場所の表示だけです。抽選はこの会社ではやっていないので。あと、一般的には直接表に出ていませんが、日本中のコミケイベントで使うカタログの制作サポートなどもしています。 増渕: 制作というのは、つまり、組版、インデザインみたいなものを使っている業務ですか? 田邊: 自動処理化しているので、インデザインみたいな作業ものではないです。PDFがバッチ出力イメージで、ライブラリはマイクロソフトさんの…


【講演】クラウド化の動向を踏まえた組み込みシステム開発の新潮流

みなさま、こんにちは。UX&クライアントチームの杉田です。 今回は、弊社エバンジェリストによる講演のお知らせです。 ************************* イベント:『組み込みネットワーク&クラウド開発技術ワークショップ』 主催:CQ出版社 日時:2011年2月25日(金) イベントURL:http://it.cqpub.co.jp/tse/201102EC/ セッションタイトル: <基調講演> クラウド化の動向を踏まえた組み込みシステム開発の新潮流                 ――『ネットワーク連携してガラパゴスから脱皮しようぜ!』 セッション内容:ネットワークがより安く,より身近になり,電気や水道などと同じように社会の基盤インフラとなりつつある。この流れを支えているのは,ハードウェア技術とソフトウェア技術の進化である。これに伴って,Web 2.0やクラウドといった新しい概念が登場し,昨今,IT系システムの構成が大きく変わりつつある。そして,組み込み系システムにおいても,スマートフォンの台頭やIT系企業の映像配信事業への参入など,その影響が顕著になってきた。今後さまざまな組み込み機器がネットワークにつながり,より大きなシステムの一部になっていくと予想される。本講演では,現在IT業界で起こっているクラウドなどの動きを解説し,組み込み機器開発への影響とその意義を,実例を交えながら説明する。また,今後,加速するであろうさまざまな組み込み機器間,および組み込み機器とクラウド・サービスの連携を支えるであろう,「ネットワーク連携開発」の現状についても紹介する。http://it.cqpub.co.jp/tse/201102EC/conferenceV.asp スピーカー:日本マイクロソフト株式会社 エンベデッド デベロッパー エバンジェリスト  太田 寛 受講料: 無料 ************************* 無償セッションですが、事前登録が必要です。お早目にお申込みください! 杉

0

クラウドコンピューティング戦略とクライアント戦略をまとめて紹介

こんにちは。 随分久しぶりのブログ投稿となります。 マイクロソフト 松井です。 さて、今日は Microsoft Tech Days というイベントの紹介です。 あまり耳馴染みのないイベント名ですが、 Microsoft Professional Developers Conference (略して PDC ) と言えば多くの開発者の皆様がご存じなのではないでしょうか。 Microsoft Tech Days は米国で10月に実施された PDC のおいしいところを抽出し、日本語化、日本向けカスタマイズしたコンテンツをお届けするイベントです。 1月27日、28日の2日間をマイクロソフトのクラウドコンピューティング戦略の日とマイクロソフトのクライアント戦略の日に分け、Windows 7, Windows Azure, Visual Studio 2010 などの最新技術情報に関する全40のブレイクアウトセッションとキーノートセッション他特別セッションが予定されています。 このイベントの早期割引価格でのお申込み締切が 12月 19日(金) 17時まで となっていますので、来年のイベントだからとのんびり構えず、是非お早目にお申し込みください。  Microsoft Tech Days オフィシャル サイト  

0