Azure Media Technical Summit in Tokyo 2015 開催のご案内

海外動画配信事業者の日本国内進出や、国内各放送局様での積極的な動画配信の取り組みが続く中、メディア業界のお客様やパートナー様を対象に、表題のセミナーを下記要領にて開催させていただく事となりました。 本セミナーでは、動画配信をテーマと据えましてビジネス及び技術セッションを予定しております。国内外での動画配信の利用状況やMPEG-DASHやコンテンツ保護などの業界標準について、米国本社Azure Media Serviceのプロダクトチームから直接ご紹介いたします。動画配信だけでなく、デジタルコンテンツの活用のための、最新クラウド技術も取り上げます。また、各種最新技術を搭載したWindows 10の概要とメディアに関わる最新技術も取り上げます。 マネタイズの厳しい領域において、マルチデバイス対応のための業界標準とクラウド活用がどうお役にたつのか。その一助となる有益な情報をお届けいたします!   開催日時 2015年12月7日 13:30~19:00 (開場・受付 13:00~)開催場所 マイクロソフト 品川本社参加費用 無償   13:30 – 13:35 ご挨拶 日本マイクロソフト株式会社  業務執行役員 第一インダストリー統括本部 本部長  南 哲夫 13:35 – 14:35 『Azure Media Servicesでのクラウドベースの動画配信最新事情』 マイクロソフトコーポレーション  Azure Application Platform  プリンシパル・プログラム・マネージャー  マーティン ウォール (Martin Wahl) 14:35 – 14:50 ご休憩 14:50 – 16:00 『デジタルコンテンツ管理・配信のためのAzure 最新技術詳細 – Azure Media Services と 検索、ビッグデータを中心に – 』 日本マイクロソフト株式会社  テクニカル…

0

【開催間近】11月6日 クラウドの最新技術で技術力アップ! – Azure 最新情報セミナー

  クラウドの最新技術で技術力アップ! – Azure 最新情報セミナー   Azure AD、SQL Database, Datalakeや、Visual Studio Online など、30 近くの機能強化が9月に発表され、ますます使いやすくなっている Microsoft Azure。本セミナーでは、仮想マシンやビッグ データ、開発者向けサポート機能など、 Microsoft Azure の最新機能を網羅的に解説いたします。皆さんの技術力向上にぜひお役立てください。   ■開催日時 2015年11月6日13:30~16:30(13:00開場) ■開催場所 日本マイクロソフト品川本社(東京都港区 港南 2-16-3  品川グランドセントラルタワー)  ■参加費: 無料 ■アジェンダ 13:30 – 14:15 インフラストラクチャー編:仮想マシン・ネットワーク・ストレージ・コンテナー 安納 順一 日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー & プラットフォーム統括本部エバンジェリスト 14:15 – 14:25 休憩 14:25 – 15:10 データ プラットフォーム編: IoT、データベース、サーチ、ビッグ データ 畠山 大有 日本マイクロソフト株式会社デベロッパー & プラットフォーム統括本部エバンジェリスト 15:10 -…

0

TechEd リターンズ?! 今年の de:code のセッションはこんな感じです。

昨年は開発者向け技術コンファレンスとして好評をいただいた de:code ですが、今年はインフラ系のセッションも多く取り揃え、かつての TechEd を彷彿させる技術コンファレンスになりそうです。 昨年以来、マイクロソフトは “Cloud First、Mobile First” を掲げていますが、皆様にそれを実現していくためにマイクロソフトが持っているテクノロジは開発分野だけではなく、クラウドサービスやデバイスの分野でもたくさんあります。こうしたテクノロジの融合で新しい製品やサービスが生まれていますので、今年の de:code は開発者向け、インフラ技術者向けと区分けをするのではなく、網羅的・包括的にテクノロジを理解・習得、そしてそれらのテクノロジが創りだす未来はどんなものだろうか、自分は何ができるだろうかと思いを巡らせていただけるような場にしようと考えました。 そうした思いを反映した今年の技術セッション (ブレイクアウトセッション) のトラック構成は以下の 7 つ。取り上げられる製品は主だったものだけでも Windows、Windows Server、Azure、SQL Server、Office 365、Dynamics、Bing、Xbox、Visual Studio と昨年に比べ幅広く、セッション数もスペシャルセッションなどを合わせると 100 近くなりそうです。 いくつかの注目セッションは公式サイトでタイトルをチラ見せしていますので見てみください。 昨年とは違う de:code、ぜひご参加ください。 de:code 公式サイトはこちら →  トラック名と概要 アーキテクチャ設計 最新のプラットフォームや技術を対象に開発、インフラの両面から理想的なアーキテクチャをご紹介します。 Windows & デバイス さまざまなデバイスで動作する OS や最新デバイスの世界を技術者目線で解説します。 開発プラットフォーム & ツール マルチプラットフォーム対応や Azure の開発において欠かすことのできないVisual Studio や .NET、そして DevOps のクラウドへの適用についてご紹介します。 クラウド & データセンター プラットフォーム…


【Visual Studio 2015 スペシャル ツアー】全国の日本マイクロソフト本支店で開催

昨年秋、ニューヨークで開催された開発者向けイベント『Connect();』において、.NET サーバー コンポーネントのオープン ソース化やクロス プラットフォーム開発の強化、次バージョンの Visual Studio 2015、そして Visual Studio Community エディションの無償提供など、いくつかの重要な発表がありました。 これらの発表は、今後のアプリケーション開発において何か影響があるののでしょうか?それらの発表が意味するところや、マイクロソフトの開発プラットフォームのビジョンと今後の方向性について、開発に携わる皆様と共有したく、3 月から 6 月にかけて日本マイクロソフトの本支店 7 か所を回りセミナーを開催します。ちょうど昨日は関西支店での開催があり、次は 18 日に名古屋の中部支店で行います。 今年中に発売が予定されいてる Visual Studio 2015 や Team Foundation Server 2015 のデモを交えたご紹介もあります。ぜひこのセミナーにお越しいただき、これからの Visual Studio、これからの .NET について触れ、今後のアプリケーション開発がどのようになっていくのか、ご自身にとってどのような影響や可能性が生まれるのか、などなど想像を膨らませていただければと思います。 なお、現在、Visual Studio 2015 は日本語では Preview 版が (2014 年 11 月リリース)、英語版では CTP 6 が先日リリースされ、ダウンロード可能となっています。冒頭に書いた Connect(); における発表内容がどのように製品に反映されているのか、実際に Visual Studio 2015 に触れて体感してみてください。 Visual Sudio ファースト…


緊急開催!パートナー様向け 「Visual Studio / .NET 製品戦略説明会」 2014 年 12 月 18 日 三田

去る 11 月 12 日(日本時間 13 日深夜)に NY で開催されたイベント “Connect();” で、Visual Studio Community Edition の無償提供や、.NET サーバー コンポーネントのオープンソース化など、いくつかの重要なニュースが発表されました。詳細は以下の情報を参照してください。 日本マイクロソフト公式ブログ Visual Studio 製品情報サイト Connect(); 収録ビデオ (英語) 発表後、特にパートナー様やメディア様から多くのご質問をいただくようになりました。そこで急きょ、今回の発表内容とマイクロソフトのビジョンを正しくご理解いただくために、 来る 12 月 18 日 (木) 14:00 よりベルサール三田にて、パートナー様向け説明会を開催 させていただく次第です。今回の取り組みは、単なる一製品の無償化にとどまる話ではありません。市場の劇的な変化に合わせ新たなビジネス機会を作り上げていくための、重要なマイルストーンとなります。パートナーの皆様と引き続き協業を深め、IT 産業を活性化させていきたいと存じますので、万障お繰り合わせの上ぜひご参加くださいますよう、お願いいたします。 日本マイクロソフト株式会社デベロッパー エクスペリエンス&エバンジェリズム統括本部マーケティング部 部長 米野 宏明

0

実ビジネスで展開している人の話はためになる ~ de:code の忘れちゃいけない見どころ ~ #decode2014

いよいよ明日に迫った de:code では、マイクロソフトが提供するセッションでお伝えする技術と連携したソリューションや製品を市場に展開している企業様が多数いらっしゃいます。各社の強みとマイクロソフト テクノロジが融合すると何ができるのかー。実際のビジネスとして展開するにはアイデアはもちろん、ニーズの吸い上げや創出、損益勘定といったテクノロジの話とは別のポイントが出てきます。今回、ランチの時間には昨今の IT 動向をとらえ、ビジネスを展開している企業様が実例やデモを紹介してくださいます。テクノロジを知識として蓄えるだけでなく、活用、実践するためにはこういった知見は大変役に立つはずです。 各セッション会場ではランチをお配りしますので、ゆったり着席でランチを取りながらためになるセッションをお聞きください。   ランチタイムセッションをご紹介します。 < 1 日目> 時間はいずれも 12:00 ~ 12:40 ルーム C アバナード株式会社 デバイスとクラウドでアプリケーションはこう変わる!アバナードがドライブする次世代アプリケーション クラウド、マルチデバイス、UX、ビジネスアプリ―ケーションを組みわせた革新的ユーザーエクスペリエンスについてデモを中心にご紹介します。 ルーム D トレンドマイクロ株式会社 OpenSSL の被害急増! Azure 上の公開システムはこう守れ! 最近世間をにぎわせた OpenSSL の脆弱性。それに限らず Web サーバーに対しての被害は相次いでいます。トレンドマイクロがこれらの被害から守るためのソリューションを紹介します。 ルーム E 株式会社ネクストスケープ 実例に見る! クラウドによるバックエンド処理のデザインパターン Azure 上で稼働する大量の動画配信を支えるバック エンドのアーキテクチャとは?クラウド特有のノウハウが学べます!  ルーム F インフォテリア株式会社   SharePoint や Office 365 から一括配信 オフラインでも使えるモバイルコンテンツ自動生成 ノンプログラミングで、モバイルコンテンツを作成っし、モバイルデバイスの業務活用を広げるヒントが聞けます。      …

0

まもなく開催! de:code こんな見どころも ~ 展示会場より ~ #decode14

de:code は、Cloud First、Mobile First を実現するテクノロジをメインテーマに、2 日間にわたりお伝えして行きますが、展示会場ではセッションとは違うアプローチで Cloud First、Mobile First を実現する具体的な製品やソリューションを皆様にお見せします。 例えば。。。。   クラウド、マルチデバイス、XD、ビジネス アプリケーションを組み合わせ、オムニ チャネル時代に適合する革新的なユーザー エクスペリエンスを創出しているアバナード様のブースでは、スマートバンキングなどのグローバル事例や、アバナードのアセットに基づいたデモをご紹介します。 アバナード様はには、セッションもご提供いただきますので、セッションと展示内容とセットでご覧いただくことをお勧めします!              また、 トレンドマイクロ様のブースでは、Microsoft Azure 環境に最適なホスト型セキュリティ対策ソリューションをご紹介。マイクロソフトと共同で実施した最新の検証情報や実際の利用例をお確かめください。クラウドの利用に際し、セキュリティは重要な項目です。トレンドマイクロ様のセッションと合わせて、ブースにて気になる点を徹底的に聞いてみてください。 なお、アンケートにお答えいただいた方にはノベルティのプレゼントも!    そのほか、 ネクストスケープ様と豆蔵様は共同でブースを出展。.Net MicroFramework と Azure を使ったチョコレートの自動補充機のデモを展示します。もしかして、チョコが食べられる?!それ以外にも、豆蔵様提供中の開発者向けトレーニングコースもご紹介。エンジニアとしてスキルアップを目指している方、チョコレートの好きな方、ぜひお立ち寄りを! ネクストスケープ様は、Azure のバックエンド処理のデザインパターンについてのセッションもあります。実例として有益な情報となりますので、こちらもぜひご参加ください。     このように、展示会場では、様々なソリューションやデモ、製品を展示しています。セッションを聞いた後は、その内容が実際にどのように具現化できるか、されているかをぜひ展示会場で体感ください。   de:code プロジェクトチーム一同

0

de:code を徹底活用しよう! ~ Ask the Microsoft ~ #decode14

いよいよ、de:code の開催が今週となりました。今夜は、de:code に参加予定の方に向けて、de:code を上手に活用いただくための情報をお届けします。 de:code をお勧めする理由 第 3 回 で少し紹介しましたが、de:code の展示会場に「Ask the Microsoft」というブースが出展します。 この「Ask the Microsoft」では、普段電話でサポートを提供しているサポート エンジニアのチームから、Azure、System Center、Visual Studio をはじめとする開発製品担当のエンジニアと、ライセンス相談チームの専門エージェントが出てきます。 例えば、このような質問にお答えできます   <技術的な事> ● オンプレのシステムをcloudのシステムに移管を検討しているが、なにか障壁はあるか? ● Azureで~~~は可能か? ● ~~は仮想環境で動かせるか? ● ADとHyper-Vの利用方法や移行方法 ● Hyper-V レプリカ / Intuneについて ● SQL ServerとIISのネットワーク構築について ● PPTやInfopathの使い方/こんなエラーが出る  <買い方について> ● 製品/サービス/ライセンスの購入導入相談 ● どう購入すれば安くて適切なシステム構築ができるか? ● SPLA/EA/VDAの違い ● SAライセンスモビリティについて ● System Center w/ SQL…

0

『de:code』プランニング・チラ見せ その 4 ~ お・も・て・な・し ~

いよいよ、de:code の開催が来週に迫ってまいりました。先週は異常なまでに多くのお客様にお申込みいただき、セッション スピーカーのモチベーションもグっと上がり、運営チームも、ランチはいくつで、部屋に入れる椅子はこれくらいで・・・といった調整に奔走しています。  そのような中、今日はイベントにかかわる社員、スタッフを集めてのオールスタッフミーティングを行いました。設営、リハーサル、当日の流れ、各自の役割分担等の確認からお客様をお迎えするにあたっての心構えの再確認を行いました。 一番大事なのは、時間と体力とお金を払ってご参加いただく皆様に満足していただくこと。 それを肝に銘じて、スタッフ一同『お・も・て・な・し』の心で皆様をお待ちしていますので、ぜひ楽しみにお越しください!   de:code プロジェクトチーム一同

0

【その場にいないと損をします!】 マイクロソフト テクノロジが生み出す可能性について (de:codeをお勧めする理由 – 第 5 回) #decode14

実はこの5回連載の中で、といいますか de:code において一番お伝えしたいことはこれなのです。 「マイクロソフト テクノロジが生み出す可能性について」 これまでたくさんのテクノロジが私たちの生活を変えてきました。そして、これからもテクノロジにより私たちの生活が変わっていきます。どのように変わるのでしょう? マイクロソフトでは割と具体的にイメージしています。すでに実現しているものもあります。それらをご紹介したビデオを de:code の キーノートのページに掲載していますので一度見てみてください。 キーノートをもっと楽しむために ~ 開発者が作る未来 ~  これはその中の一つです。 テクノロジがどう自分たちの生活を変えていくのかに思いをめぐらすのも楽しいですよね。キーノートではその楽しさを皆様と一緒に共有したいと思っています。 今回、弊社社長の樋口がテクノロジの持つ可能性を、皆様の手で存分に引き出していただきたいという思いを、直接エンジニアの皆様に届けすべくキーノートに登壇します。 これまで樋口は The Microsoft Conference などでビジネス向けのメッセージは発信していましたが、エンジニアの皆様に向けて、技術に対する思いをお伝えするのはこの de:code が初めてとなります。こういった機会をなかなか持てずにいたので、本人も大変乗り気、と聞いています。 もちろん、キーノートでお伝えするのは思いだけではありません。エンジニア向けのイベントですから、エンジニアの皆様の心に響くデモもなかなか面白いものを用意しています! 内容は、、、当日のお楽しみです。上辺だけすくってお伝えすると、4 月にサンフランシスコで開催された Build 2014 で紹介のあった新たなテクノロジに関するものの他、まさに今週行われている TechEd 2014 North America で発表されたものも取り入れる予定、です。  ディーブな技術セッションを多数お届けするのが de:code の一番のウリですが、そのセッション内容を俯瞰して理解するためにも、まずはこのキーノートで IT の可能性、そしてその可能性を引き出す力・スキルを持つご自身の可能性を再認識して、それから各セッションを受けていただくのが良いかと思います。  第 4 回で「空気感」について少し触れましたが、キーノートは、この de:cod のキーノートだけは、その場にいないと損をすると思います。そこで皆さんが共有することになる雰囲気や空気感は、後から人づてに聞いてもあまり意味をなさないので。。ぜひキーノートで、IT の可能性と自分たちの可能性、それらが作り出すこれからの未来に一緒に思いを巡らせましょう。 キーノートは 5 月 29 日 (木) の朝 10:00 ~です。…

0