コミックマーケット(略称:コミケ)のシステムを支えるエンジニアたちの物語 ~後編~

取材対象が 1 人増えた まえがき コミックマーケットは年に 2 回開催される世界最大級のイベント。2012 年にマシン リソースを素早く増減できるクラウド、Microsoft Azureの採用を行いました (記事: [導入事例] コミケ Web カタログ)。 その後、C83 から C89 にかけて、計 6 回のイベント開催を経験。果たしてクラウド化は本当に効果があったのか、サービス開発・運用を担当する有限会社サークルドットエムエス 開発統括 堀口 政史 氏 (写真左)、技術統括 田邊 浩靖 氏 (写真中央)、取締役社長 佐藤 一毅 氏 (写真右) に、さらにエバンジェリスト戸倉も参加。 後半のインタビューをお届けします。 前編に続き、今回も聞き手はマイクロソフトの増渕です。 インタビュー 戸倉: さあ、みなさん。気を取り直してインタビューを再開しましょう! ではシステムについて聞いちゃいますよ♪ 増渕: 戸倉さん、楽しそうですねぇ・・・・・・。もう、聞き手戸倉彩で僕いらないような気がしてますが。 佐藤: まぁまぁ、みんなで楽しくやりましょう (笑) 堀口: じゃ、再開しますね (笑)。コミケのシステムは、『サークルポータル』、『コミケWebカタログ』、『出展申し込みシステム』、『コミケコスプレコミュニティ』の4つあるわけですが、基本的にはほぼすべて Azure 化を完了しました。 田邊: システム設計の概要をお話しすると、C83 の時に作った『コミケWebカタログ』だけがクラウド サービスで、あとは…


コミックマーケット(略称:コミケ)のシステムを支えるエンジニアたちの物語 ~前編~

まえがき コミックマーケットは年に 2 回開催される世界最大級のイベント。2012 年にマシン リソースを素早く増減できるクラウド、Microsoft Azureの採用を行いました (記事: [導入事例]コミケ Web カタログ)。 その後、C83 から C89 にかけて、計 6 回のイベント開催を経験。果たしてクラウド化は本当に効果があったのか、サービス開発・運用を担当する有限会社サークルドットエムエス 開発統括 堀口 政史 氏 (写真左)、技術統括 田邊 浩靖 氏 (写真中央)、取締役社長 佐藤 一毅 氏 (写真右) にお話をお伺いします。 今回も聞き手はマイクロソフトの増渕です。 インタビュー コミケWebカタログを作る経緯 増渕: さて、C83 でデビューした、コミケWebカタログも、だいぶ進化しましたねー。Azure 上にサービスをリリースされてから 3 年、6 回のイベントを経験しました。皆さんがここまでサービスを続けられた経験や今後の展開などをお伺いしたいと思います。まず、この記事を読む読者さんはコミケについての説明はいらないと思いますが、サークルドットエムエスをご存じない方がいるかもしれません。簡単に自己紹介をお願いします。 佐藤: よろしくおねがいします。サークルドットエムエスの代表を務めております佐藤です。まず、サークルドットエムエスは、コミックマーケット準備会 (以下、準備会) をサポートする IT 組織で、対象業務は、同人誌即売会のサークルの申し込み、同人誌即売会の出展しているサークルの一覧を並べてカタログをつくること、それと、コスプレイヤーさんの皆さんの情報を集めて当日の運営がはかどるような情報を提供するシステム開発、運営しています。 増渕: サークルさん情報の管理ですね。開発しているシステムは店舗管理システムのような類のものですか? 佐藤: いえ、どちらかというと、チケッティングのシステムに近いです。チケッティングといっても、抽選当落は、準備会の役割なので、僕らはエントリーの受付や割り付けられた場所の表示だけです。抽選はこの会社ではやっていないので。あと、一般的には直接表に出ていませんが、日本中のコミケイベントで使うカタログの制作サポートなどもしています。 増渕: 制作というのは、つまり、組版、インデザインみたいなものを使っている業務ですか? 田邊: 自動処理化しているので、インデザインみたいな作業ものではないです。PDFがバッチ出力イメージで、ライブラリはマイクロソフトさんの…


【2/28まで】C丼キャンペーン終了まぢか。今すぐチェック!

皆さん、もう応募はお済ですか?C丼キャンペーンも、2/28(土) が締め切りです。 旬の話題「クロスプラットフォーム開発」として、Game、Mobile、IoT のシナリオに絞った内容をPowered by C# サイトに公開しています。3 つのシナリオの文末に、キーワードが記載されています。そのキーワードとお好きなシナリオのページを SNS でつぶやいていただき、その つぶやきが記載されているURL を応募時にお知らせください。お知らせいただいた方の中から先着 1,000 名様の方へ C丼ノベルティ「C丼 オリジナル ストラップ」を進呈します。 ※せっかく応募いただいた方の中で、つぶやいた先のURLの記載漏れが多数ございました。URLの記載漏れがありますと「C丼オリジナル ストラップ」がお送りできませんので、応募前に今一度ご確認ください。      実施期間:2015 年 1 月 15 日 ~ 2015 年 2 月 28 日応募方法: Powered by C# サイトの 3 つのシナリオ ページに記載されている文字を全て集めてください。 お気に入りのシナリオを、SNS (Twetter/Facebook/ブログ etc,) にてご紹介ください。 見つけた文字をすべて合わせて以下の「キーワード入力欄」にご入力ください。 入力したキーワードが正解したら、応募ページへ飛びます。 応募ページで必要要件をご記入いただき、応募要件の中にある「ご紹介いただいたサイトの URL をお知らせください」という質問項目欄へ、「2」でご紹介いただいた SNS の URL をご記載ください。 キャンペーンの詳細は、こちらから…

0

アーキテクチャジャーナル 21号 日本語版 公開

20号から 3 か月ぶりとなりましたが、アーキテクチャジャーナル21号の日本語版を公開しました。 今回のテーマは "サービス指向の現在、そして未来" です。  アーキテクチャ ジャーナル第 21 号 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/architecture/ff817053.aspx 翻訳の都合上、どうしても日本語版は公開がおそくなってしまっていますが、英語版は、24号が最新号になっています。英語版でもいいから最新を!という方は、こちらをご覧ください。 さて、今週もはじまりましたね。昨日の夜アトランタ出張から帰ってきたばかりで時差ボケがはげしく頭を直撃しており、朝から冷蔵庫にはいっていたお酒をジュースと間違えて飲みほし、さらに頭がクラクラ。家を出たら靴の右と左が違うことに気づき家に戻り駅に向かったのですが、携帯を忘れたことに気づいて、再び家に帰ってまたまた時間のロス。さらに、朝から遭遇した知り合いに「おはようございます」と言おうと思ったら、出てきた言葉はなぜか「No thank you」。 そんなこんなですが、今週もがんばります~。 MSDN 担当 窪田

0

アーキテクチャジャーナル 20号公開!

こんにちは、窪田です。 大変お待たせいたしました。アーキテクチャ ジャーナル 20 号の日本語版を公開いたしました。 アーキテクチャ ジャーナル第 20 号: 混迷する時代のアーキテクチャ http://msdn.microsoft.com/ja-jp/architecture/aa894359.aspx アーキテクチャ ジャーナルは、システムのアーキテクチャを設計する上での考え方など主にアーキテクトの方向けに書かれたもので、非常にご好評いただいているコンテンツです。具体的なコーディングの方法などが出てくるわけではありませんが、開発者の皆様も知っておいて損のない内容かと思いますので、ぜひ、お時間のある時にチェックしてみてくださいね。バックナンバーは、こちらから。 また、英語でもいいから一刻も早く最新のものを読みたい方は、こちらから。 23 号の “Architecture Modeling and Processes” が最新号になっています。 MSDN 担当 窪田

0

アーキテクチャ ジャーナル 18 号公開

こんばんは、窪田です。 5月の 16 号、6月の 17 号に続き、18 号を昨日公開しました。 18 号のテーマは "グリーン コンピューティング" です! 第 18 号 : グリーン コンピューティング http://msdn.microsoft.com/ja-jp/architecture/ee247391.aspx 今日も東京は一日暑かったですねえ~。 私は基本的に出不精な人なのですが、暑い季節は大好きなので、ギンギンに暑いと外に出かけたくなります。 暑い季節に薄着で出かけるのが大好き。でも、電車の中やお店の中が寒いので、必ず長袖持っていかなきゃいけないのが嫌。 なんであんなにキンキンに冷房いれるんですかねえ。環境にやさしくないですよね~。 「窓開けりゃいいじゃんっ」といつも言いたくなるのですが、そんなこと言うと、暑がりな方が多い男性陣に猛攻撃くらうと思われますので、ここだけでつぶやいておきます。。。 MSDN 担当 窪田

0

アーキテクチャ ジャーナル 17 号公開~っ

こんばんは、窪田です。 本日、アーキテクチャジャーナル 17 号日本語版を公開しました。 えっ、この前 16 号じゃなかったっけ?と思われた方、はい、その通りです。 5/29 に16号を公開し、続けて 17 号出ました~。 分散コンピューティング http://msdn.microsoft.com/ja-jp/architecture/dd179320.aspx では~、今日はこの辺で~!皆様、よい週末を! (書きなぐりですみませんっ、飲み会なんですっ。金曜日だし。) MSDN 担当 窪田

0

アーキテクチャ ジャーナル 16号、日本語版出ました

こんにちは、窪田です。 アーキテクチャ ジャーナル 16号、日本語版を公開しました。 アイデンティティとアクセス http://msdn.microsoft.com/ja-jp/architecture/dd197389.aspx アーキテクチャ ジャーナルの存在をご存じない、という方もいらっしゃるかもしれませんが、年に 4 回リリースされているアーキテクト向けのオンライン コンテンツです。 アーキテクト向けなので、内容的には、プログラミング初心者の方などには難しいかと思いますが、アーキテクトの方、アーキテクトを目指す方にはぜひ読んでいただきたいコンテンツです。(ちなみに、私には難しすぎてさっぱりわかりませんが・・・) 日本語のバックナンバーには、こちら から飛べます。また、日本語版が出るまでにはちょっとタイムラグがありますので、英語でもいいから最新のものを読みたい方は、こちらから入手してください。 すでに英語版は 18 号出てるじゃん・・・と言われるとつらいところですが、鋭意翻訳中、6、7 月くらいに日本語版リリース予定ですので、いましばらくお待ちください! MSDN 担当 窪田

1