App Service の Java サポート (Tomcat と OpenJDK) のパブリック プレビュー


執筆者: Brian Benz (Cloud Developer Advocate, Cloud and Enterprise)

このポストは、2018 3 7 日に投稿された Public preview of Java on App Service, built-in support for Tomcat and OpenJDK の翻訳です。

 

App Service on Linux の一般提供開始に伴い、数か月前に .NET CoreNode.jsRubyPHP、カスタム Docker コンテナーがサポートされました。今回は、App Service Java アプリ サポートのパブリック プレビューを開始します。組み込みの Apache Tomcat 8.5/9.0 (英語) OpenJDK 8 がサポートされることで、Java ベースの Web アプリや API アプリの Azure デプロイが容易になります。Azure App Service .jar ファイルまたは .war ファイルを配置するだけで、キャパシティのプロビジョニング、サーバーのメンテナンス、負荷分散などを実行することができます。

Java Web アプリの作成とデプロイが簡単に

初期状態の App Service Tomcat OpenJDK をサポートするために、Java Web アプリを容易に作成することができます。.jar ファイルや .war ファイルの大規模なデプロイもわずか数クリックで実行できます。Jetty イメージや他の JRE を使用したい場合は、独自の Docker イメージを構築して App Service にデプロイします。

以下のスクリーンショットは、Tomcat イメージを使用してポータルで Java Web アプリを作成するようすを示しています。

App Service は、お好みのコード リポジトリ、IDECLI ツールと高度に統合し、gitGitHubBitBucketFTP など、さまざまなデプロイ方法に対応しています。また、WindowsmacOSLinux Azure Toolkit for Eclipse Azure Toolkit for IntelliJ を使用して、構築したアプリをお好みの Java IDE から App Service に発行してデプロイすることができます。Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用して、LinuxmacOSWindows のコマンド ラインでデプロイを管理することもできます。CLI は、クライアントまたは Azure ポータルshell.azure.com のブラウザーから実行できるほか、iPhone (英語) Android デバイス (英語) Azure 管理アプリからも操作可能です。

Azure Java SDK やサービスの拡張サポート

Azure SDK for Java (英語) から、ストレージMySQL データベースPostgreSQL データベースなどのさまざまな Azure サービス用のコードを追加して、Java アプリをデプロイ後に拡張することができます。また、Application Insights SDK for Java を使用してアプリにエージェントの呼び出しを追加して、アプリの詳細情報を取得することもできます。管理しやすい ID サービスをお探しの方は、世界の大企業の 80% が採用している ID サービス、Azure Active Directory Library for Java (英語) をご利用ください。

今回の記事では、生産性の向上や Java ベース Web アプリの強化に役立つ Azure SDK やサービスのほんの一部をご紹介しました。SDK 用のコード サンプルを多数ご用意していますので、ぜひお試しください。すべての SDK WindowsmacOSLinux で利用でき、オープン ソースのため GitHub (英語) で入手可能です。

無料でお試しください

Java デベロッパー センターから簡単に使用を開始できます。また、Java ドキュメント ハブではチュートリアルやガイドをお読みいただけます。

 

Comments (0)

Skip to main content