今後の当ブログにつきまして

今後の新しいポストは 【 Cloud and Server Product Japan Blog 】にて行いますので、こちらを定期的に確認いただければ幸いです。 https://blogs.technet.microsoft.com/mssvrpmj   これまで【 MSDN オンライン チームブログ 】にポストした内容に関しては、引き続きこちらの URL にて参照いただけます。 https://blogs.msdn.microsoft.com/devamm   よろしくお願いいたします。  


Azure Relay で場所を選ばず HTTP 要求の受信と処理が可能に

執筆者: Clemens Vasters (Architect, Azure Service Bus) このポストは、2018 年 5 月 31 日に投稿された Receiving and handling HTTP requests anywhere with the Azure Relay の翻訳です。   マイクロソフトは Build 2018 カンファレンスにて、別々の場所にいる Visual Studio ユーザーどうしが容易にピアツーピアでコードを共同編集できる Visual Studio Live Share (英語) 機能を発表しました。この機能を使用すると、たとえば、カフェにいる開発者と飛行機で機内 Wi-Fi を使用している開発者がコードを直接共同編集するといったことが可能になります。 この「ネットワークの魔法」とも呼べるような機能を Visual Studio チームが実現できたのは、Azure Service Bus、Azure Event Hubs、Azure Event Grid などのメッセージング サービス ファミリの 1 つである…


App Service の Java サポート (Tomcat と OpenJDK) のパブリック プレビュー

執筆者: Brian Benz (Cloud Developer Advocate, Cloud and Enterprise) このポストは、2018 年 3 月 7 日に投稿された Public preview of Java on App Service, built-in support for Tomcat and OpenJDK の翻訳です。   App Service on Linux の一般提供開始に伴い、数か月前に .NET Core、Node.js、Ruby、PHP、カスタム Docker コンテナーがサポートされました。今回は、App Service で Java アプリ サポートのパブリック プレビューを開始します。組み込みの Apache Tomcat 8.5/9.0 (英語) と OpenJDK 8 がサポートされることで、Java ベースの Web…


Azure Service Bus が Azure Event Grid と統合

執筆者: Christian Wolf (Program Manager) このポストは、2018 年 2 月 26 日に投稿された Azure Service Bus now integrates with Azure Event Grid! の翻訳です。   このたび、Azure Service Bus から Azure Event Grid にイベントを送信できるようになりました。これにより、メッセージ量の少ない Service Bus のキュー、トピック、サブスクリプションに関して、レシーバーが常にポーリングする必要がなくなります。使用可能なレシーバーがなく、キューにメッセージが存在する場合には、Service Bus から Azure Event Grid にイベントが送信されます。Azure Event Grid サブスクリプションを Service Bus 名前空間に作成して、イベントをリッスンし、レシーバーを起動してイベントに対応することができます。この機能では、リアクティブ プログラミング モデルで Service Bus を利用することができます。 現在 Azure Service Bus では、次の…


Azure で Go アプリを構築: Azure SDK for Go の一般提供を開始

執筆者: Josh Gavant (Senior Program Manager, Azure Developer Experience) このポストは、2018 年 2 月 12 日に投稿された Build Go apps for Azure with the Go SDK, now generally available の翻訳です。   このたび、Go での Azure 用アプリの構築を支援する Azure SDK for Go (英語) の一般提供を開始しました。この SDK では、Cosmos DB や Azure Storage のデータ ソースへの接続、プログラムによる Azure リソースのデプロイ、ユーザー認証といったさまざまな機能がサポートされます。また、Azure Go デベロッパー センター (英語) からドキュメントの参照も可能になりました。 マイクロソフトは今回の発表によって、オープンなクラウド構築の取り組みを再び強化し、Go…