Azure Service Bus で Java クライアントの一般提供を開始


執筆者: Justin Conway (Program Manager)

このポストは、8 月 17 日に投稿された Azure Service Bus Java Client Generally Available の翻訳です。

Azure Service Bus チームが、Java クライアント ライブラリ バージョン 1.0.0 (英語) の一般提供開始を発表しました。ネイティブ機能が完全にサポートされているため、Azure Service Bus で Java エクスペリエンスを存分にご利用いただけます。

このリリースにより、ネイティブ クライアントを使用してスケジュール設定されたメッセージを送信したり、Standard プランや Premium プランのセッションでメッセージを元の順序のまま保持したりできるようになりました。

今回のリリースにあたっては、多くの企業や個人ユーザーの皆様から励ましの声をいただきました。皆様の温かい激励に感謝いたします。

また、この Java クライアント (Java 8) は .NET Standard クライアント ライブラリ (.NET Standard 1.3) と同等のものになりました。両方をご利用の方は、機能が同等であることや、Azure Service Bus との連携が完全にサポートされていることをご確認いただけます。

Service Bus の Java コードのサンプル

以下のサンプルを実行する場合、[sample].java ファイルの波括弧 { } 内の値を書き換えてください。

キューのサンプル

   private static final String connectionString = "{connection string}";
   private static final String topicName = "{topic name}";
   private static final String subscriptionName = "{subscription name}";

トピックのサンプル

   private static final String connectionString = "{connection string}";
   private static final String topicName = "{topic name}";
   private static final String subscriptionName = "{subscription name}";

前提条件

  1. Java 8
  2. Azure サブスクリプション
  3. Service Bus 名前空間
  4. Service Bus キュー
  5. Service Bus トピック

サンプルはこちらで公開されています (英語)

QueueClient を使用してキューでメッセージを送受信する

こちらのサンプル (英語) では、QueueClient を使用してキューに接続する方法と、この QueueClient を使用してメッセージを送受信する方法を示しています。また、MessageHandler (英語) (MessagePump) モデルを使用してメッセージ処理モデルを簡素化しています。

TopicClient と SubscriptionClient を使用して TopicSubscription でメッセージを送受信する

こちらのサンプル (英語) では、TopicClient と SubscriptionClient を使用してトピックとそのサブスクリプションに接続し、メッセージを送受信する方法を示しています。また、MessageHandler (英語) (MessagePump) モデルを使用してメッセージ処理モデルを簡素化しています。

MessageSender と MessageReceiver を使用してキューでメッセージを送受信する

こちらのサンプル (英語) では、MessageSender と MessageReceiver を使用して Service Bus キューとの間でメッセージを送受信する方法を示しています。センダーとレシーバーを使用することで、各メッセージの送信や処理をクライアントで完全に制御できます。

メッセージを Qpid JMS で送信し Service Bus Java クライアントで受信する

こちらのサンプル (英語) では、Qpid JMS を使用して Azure Serivce Bus にメッセージを送信し、Service Bus Java クライアントで受信する方法を示しています。現時点でサポートされているのは BytesMessage のみのためご注意ください。TextMessage などのサポートは今後追加される予定です。

オープン ソース

この Java クライアントはオープン ソースです。皆様からのご協力 (英語) をお待ちしております。バグの修正コード、新機能の要望、その他のフィードバックなどは、GitHub リポジトリ (英語) までお寄せください。

Maven パッケージが必要な方はこちらのページ (英語)、ドキュメントをお探しの方はこちらのページ (英語) へアクセスしてください。

Comments (0)

Skip to main content