C++ 用ストレージ クライアント ライブラリでの File サービスのサポートを発表


執筆者: Sercan Guler (Program Manager)

このポストは、10 月 25 日に投稿された Announcing support for Files in the Storage Client Library for C++ の翻訳です。

 

このたび、REST API 実装により C++ 用ストレージ クライアント ライブラリ (2.4.0) で Azure Storage の File サービスのエンドポイントがサポートされることになりました。
C++ 用クライアント ライブラリ 2.4.0 の詳細についてはこちら (英語) を参照してください。また、Azure Storage のドキュメント ページのクイック スタート ガイド (英語) も併せてお読みください。

今回のリリースでは、下記を含むすべての File サービスの機能がサポートされます。
•    共有の作成/削除/サイズ変更
•    ディレクトリの作成/削除
•    ファイルの作成/読み込み/更新/削除

ダウンロードとインストール

Git を使用する場合
Git から C++ 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリのソースのローカル クローンを作成する場合は、次のコマンドを実行します。

clone https://github.com/Azure/azure-storage-cpp.git
cd azure-storage-cpp

NuGet を使用する場合
C++ 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリのバイナリをインストールする場合、NuGet Package Manager コンソール (英語) で次のコマンドを実行します。

Install-Package wastorage

Visual Studio バージョンを使用する場合
C++ 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリのバージョン 2.1.0 以降では、Visual Studio 2013 および Visual Studio 2015 をサポートしています。Visual Studio 2012 を使用する必要がある場合は、バージョン 2.0.0 の C++ 用ストレージ クライアント ライブラリ (英語) をダウンロードしてください。

依存関係

C++ REST SDK
C++ 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリは C++ REST SDK (コードネーム “Casablanca”) バージョン 2.8.0 に依存しています。こちらは NuGet (英語) からインストールするか、または GitHub (英語) から直接ダウンロードできます。

コード サンプル

コーディングを開始する際は、下記のページを参考にご利用ください。
–    Azure Storage で Files を使用する (C++) (英語)
–    Github で公開している Azure Storage File サービスの C++ サンプル (英語)

Comments (0)

Skip to main content