Azure Toolkit for Eclipse の HDInsight Tools の一般提供を開始


執筆者: Jenny Jiang (Principle Program Manager, Big Data Team)

このポストは、7 月 7 日に投稿された HDInsight tool in Azure Toolkit for Eclipse is GA! の翻訳です。

 

Azure Toolkit for Eclipse の HDInsight Tools の一般提供が開始されました。IntelliJ 用 HDInsight Tools の一般提供開始以降、マイクロソフトはオープン ソース コミュニティへの貢献と Eclipse のサポート拡張に強い意欲を持って取り組んでいます。Eclipse 用 HDInsight Tools は Azure Toolkit for Eclipse の一部であり、特に HDInsight を使用する Spark 開発者向けのツールです。Azure Toolkit for Eclipse はオープン ソース プロジェクトであり、そのソース コードはプロジェクト サイト (https://github.com/microsoft/azure-tools-for-java、英語) から MIT License で入手できます。

Eclipse 用 HDInsight Tools では、操作性の改良、Spark 開発者の生産性向上、および Eclipse から Scala や Java のネイティブな開発エクスペリエンスを使用できるようにすることを目標としています。HDInsight で Spark アプリケーションの開発を行っているビッグ データ開発者の場合、最初のアプリケーションを構築するまでの準備が困難なことがあります。また、IDE での Spark アプリケーションの開発ライフサイクルは長く煩雑なものになりがちです。そのような場合にこのツールを使用すれば、わずか数分で HDInsight による Spark 開発を開始できます。経験豊かな Spark 開発者であれば、イテレーションをさらに短期間で容易に実行することができます。

Eclipse 用 HDInsight Tools でサポートされる機能

Eclipse 用 HDInsight Tools は Eclipse を拡張するものであり、HDInsight Spark アプリケーションの構築や開発が可能になります。また、Eclipse 開発環境で Spark ジョブを Microsoft Azure HDInsight Spark クラスターに簡単に送信できるようになります。このツールは Azure とシームレスに統合されており、HDInsight Spark クラスター間の移動や関連付けられている Azure ストレージ アカウントを表示することができます。また、Spark ジョブの履歴や詳細なログも表示されるため、さらなる生産性向上も期待できます。

Eclipse 用 HDInsight Tools では主に以下のことを実行できます。

  • 組み込み済みのテンプレート、サンプル コード、インテリジェンスを使用して Spark プロジェクトを作成し、アーティファクトの自動作成やアセンブリの検索を実行
  • Eclipse (主に Scala と Java) のネイティブなオーサリング支援機能 (IntelliSense、オートフォーマット、エラー チェックなど) を活用して Spark アプリケーションを開発
  • Spark アプリケーションを HDInsight クラスターに送信
  • 実行中の Spark アプリケーションの完了前にユーザーが停止
  • Spark アプリケーションのテストや検証をローカルで実施
  • ユーザーの Azure サブスクリプションに関連付けられている Spark クラスターをすべて表示
  • HDInsight Spark クラスターに関連付けられているストレージ リソースに移動
  • Spark ログのサイズが大きい場合にディスクにキャッシュ

使用を開始するには

まず Eclipse (英語) をインストールし、Eclipse 用の Java SDK や Scala IDE、Microsoft HDInsight Spark クラスターといった必要なファイルをダウンロードします。次に、Eclipse リポジトリに移動して「Azure Toolkit for Java」を検索し、最新ファイルをダウンロードします。Azure Toolkit for Java プラグインが既にインストールされている場合は、最新の更新がリリースされると通知されます。

さらに詳しい情報については、以下のリンク先をご確認ください

今回の発表の詳細: Azure Data Lake ブログ (英語)

その他の Azure サービスの更新情報

ご質問やご意見、不具合のご報告については、ページ下部のコメント欄に投稿していただくか、メール (hdivstool@microsoft.com) にてご連絡ください。

Comments (0)

Skip to main content