Azure App Service: PHP 7.0 のサポート開始と PHP 5.4 のサービス終了に関するお知らせ


執筆者: Cory Fowler (Program Manager II, Azure App Service Team)

このポストは、5 月 3 日に投稿された Announcing support for PHP 7.0 in Azure App Service and notice of PHP 5.4 retirement の翻訳です。

 

昨年 11 月、マイクロソフトは App Service で PHP 7 の提供を試験的に開始しました (英語)。これにより、Site Extensions を利用して App Service で PHP 7 (x86) を使用できるようになりました。またその数週間後には、App Service で PHP 7 (x64) をサポートする 2 つ目の Site Extensions をリリースしました。コミュニティの皆様には、このサポート拡張を広く周知していただいたこと、両方の Site Extensions を合わせて 600 回以上ダウンロードいただいたこと、そしてたくさんのフィードバックをいただいたことに感謝いたします。

PHP 7.0 の一般提供を開始

本日より Azure ポータルの [Web App]、[Settings]、[Application Settings]、[PHP version] をクリックすると、「PHP 7.0」(執筆時点では 7.0.5) のオプションが表示されるようになりました。

Application Settings Blade > PHP version > 7.0

また、今回のリリースの大きな変更点として、PHP の x86x64 の両方のビルドが初めて App Service でサポートされます。

App Service で PHP のビット数 (32 ビット/64 ビット) を選択するには

Azure App Service では、基盤となる Web Worker と PHP ランタイムの「ビット数」を Azure ポータルのプラットフォーム セレクターで選択できます。64 ビットの PHP 7 を使用する場合は、[Application Settings] ブレードの [General settings] セクションで次の操作を行います。

  1. [PHP version] ドロップダウン リストで「7.0」を選択
  2. プラットフォーム セレクターで「64-bit」を選択
  3. [Save] をクリックして変更を適用

Application Settings Blade > PHP version > 7.0; Platform > 64-bit

PHP 5.x と PHP 7.0 のサポート内容の違い

App Service で使用可能な PHP は、バージョンによってサポート内容が一部異なります。そのうち特に注意すべき点を説明します。

PHP 5.x は 64 ビット プラットフォームに非対応

Azure App Service では、PHP 7.0 は 64 ビットに対応していますが、PHP 5.x は 64 ビットに対応する予定はありません。64 ビットの PHP 5.x は試験的なものになります。

Microsoft SQL Server および Azure SQL DB が PHP 7.0 をサポート

Microsoft Driver for PHP for SQL Server (php_sqlsrv) は現在プレビュー段階 (英語) で、PHP 7 (x86 と x64) をサポートしています。SQL Server チームは現在も開発 (英語) を進めており、今後数か月ほどで一般提供を開始できる予定です。このプレビュー版ドライバーを Azure App Service で使用する方法については、PHP の構成方法を説明しているこちらの記事の「方法: 既定の PHP ランタイムで拡張機能を有効にする」セクションを参照してください。

PHP 5.4 のサポート終了への対応

The PHP Group は、2015 年 9 月 3 日付けで PHP 5.4 のサポートを終了しました (英語)。このため、セキュリティに関する修正も含め、該当バージョンは今後更新が提供されません。Azure App Service でセキュリティ問題が発生する可能性を避けるために、マイクロソフトでは PHP 5.4 のサポート終了に向けて作業を進めています。

PHP 5.4 からの移行

PHP 5.4 のサポート終了に伴い、お客様は PHP をサポート対象のバージョンにアップグレードしていただくようお願いいたします。また、PHP 5.5 のサポート終了も迫っていることから (英語)、マイクロソフトでは PHP の既定バージョンを PHP 5.6 に更新する予定です。このため、ポータルで PHP のバージョンを明示的に設定していないお客様には何らかの影響が発生する場合があります。PHP 5.4 から他のバージョンに移行する方法については、PHP.net の付録ページ (英語) を参照してください。

自社の PHP 5.4 を使用する

お客様が自社で所有するランタイムを使用する場合は、引き続き Web Apps で PHP 5.4 をご利用いただけます。

まとめ

PHP 7.0 および次世代の PHP アプリケーションを Azure App Service でぜひご活用ください。

 

Comments (0)

Skip to main content