C++ 用ストレージ クライアント ライブラリでの File サービスのサポートを発表

執筆者: Sercan Guler (Program Manager) このポストは、10 月 25 日に投稿された Announcing support for Files in the Storage Client Library for C++ の翻訳です。   このたび、REST API 実装により C++ 用ストレージ クライアント ライブラリ (2.4.0) で Azure Storage の File サービスのエンドポイントがサポートされることになりました。 C++ 用クライアント ライブラリ 2.4.0 の詳細についてはこちら (英語) を参照してください。また、Azure Storage のドキュメント ページのクイック スタート ガイド (英語) も併せてお読みください。 今回のリリースでは、下記を含むすべての File サービスの機能がサポートされます。 •    共有の作成/削除/サイズ変更…


Xamarin 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリの一般提供を開始

執筆者: Dinesh Murthy (Principal Program Manager, Azure Storage) このポストは、10 月 24 日に投稿された Announcing Azure Storage Client Library GA for Xamarin の翻訳です。   このたび、Xamarin 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリの一般提供が開始されました。Xamarin は最新のモバイル アプリ開発プラットフォームで、ネイティブなユーザー インターフェイスで共有 C# コードベースを使用して iOS や Android、Windows ストア向けのアプリを作成できます。マイクロソフトでは、Xamarin 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリは、快適な開発エクスペリエンス、およびエンドツーエンドのモバイル ファースト、クラウド ファーストのエクスペリエンスを提供します。プレビュー版をお試しいただき貴重なフィードバックをお送りくださった皆様に感謝いたします。 Xamarin 用リリースのソースは .Net 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリと同様に、Github (英語) で公開されています。インストール パッケージは…


Azure コマンド ライン インターフェイス (Azure CLI) 2.0 プレビューを発表

執筆者: Jason R. Shaver (Senior Program Manager) このポストは、9 月 26 日に投稿された Announcing Azure Command-Line Interface (Azure CLI) 2.0 Preview の翻訳です。   Azure が進化するにつれ、Windows PowerShell ツールや Azure クロス プラットフォーム コマンド ライン インターフェイス (CLI) などのコマンド ライン ツールを使用するお客様が増えてきました。これらのツールを使うことで生産性が向上したという声を多数いただいている一方、特に Linux ユーザーの皆様からは、マイクロソフトのクロス プラットフォーム CLI と Linux の主なコマンド ライン ツールの統合が不十分であることや、Node 環境のインストールや保守が難しい (ツール自体がこの環境を基盤としている) ことが指摘されています。 こうしたご意見を受けて、Azure Resource Manager ベースの構成モデルの拡張と併せて CLI エクスペリエンスを改良し、Azure 向けに優れたエクスペリエンスを提供することにしました。そして本日、新たな CLI…


Azure App Service の Node.js および PHP の開発者向けエクスペリエンスを改良

執筆者: Nazim Lala (Software Engineer, Azure AppService) このポストは、10 月 10 日に投稿された Azure App Service improves Node.js and PHP developer experience の翻訳です。   2015 年 3 月、クラウド環境での開発作業を支援することを目的として、Azure App Service の一般提供が開始されました。このサービスは Web 開発者およびモバイル開発者向けの「サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)」であり、リリース以降急速な成長を遂げ、現在は 35 万人を超えるアクティブ ユーザーが 100 万超のアプリケーションを Azure でホストしています。Azure App Service には .NET 開発者向けの優れたエクスペリエンスのほか、PHP、Node.js、Java、Python スタックのサポートや、多数のオープン ソース Web 製品のサポートが含まれています。今回提供されるプレビューでは、Node.js スタックおよび PHP スタックで Linux がネイティブにサポートされることになります。 App Service…


10/30まで 【第1回 Windows 10 誤変換マラソン】実施中!

マイクロソフトIME開発チームは【第1回 Windows 10 誤変換マラソン】 を10/30まで実施しています。 参加は簡単です! IMEの誤変換を発見しましたら、ハッシュタグ #w10gohenkan をつけて、Twitter上でご報告ください。たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。 【第1回 Windows 10 誤変換マラソン】助けてください! Windows 10 PCで起きた Microsoft IME(日本語入力)の誤変換を開発チームで募集しています。ハッシュタグ #w10gohenkan をつけて、誤変換を報告してください!(10月30日迄) — マイクロソフト IME 開発チーム (@msimejp) October 19, 2016 よろしくお願いします。

0

Azure Mobile Apps Node.js Server SDK v3.0.0 のリリースを発表

執筆者: Adrian Hall (Sr. Program Manager, Azure App Service Mobile Apps) このポストは、9 月 20 日に投稿された Announcing the release of Azure Mobile Apps Node SDK v3.0.0 の翻訳です。   Azure Mobile Apps Node.js Server SDK の次期バージョンが発表されました。今回のリリースでは多くの新機能の追加、機能強化、不具合の修正が行われています。 データ変換、フィルター、フック Server SDK の主な機能の 1 つに、セキュリティ フィルターとレコードの変換をサーバー レベルで提供し、開発者が JavaScript コードを作成してサーバーの要求-応答パイプラインを改良できるようにする、というものがあります。今回の v3.0 リリースでは拡張ポイントの改良をさらに進め、受信したクエリやアイテムを処理したり、各データ操作の後に機能をトリガーしたりできるようにしました。独自のフィルター、変換、フックの作成と配信も、もちろん可能です。また、コードの量を少なくするために一般的なフィルターをパッケージ化しました。 ユーザー別のテーブル おそらく最も頻繁に使用されるフィルター要求は、「データをユーザー別に提供する」ものです。ユーザー別のテーブルは認証機能と組み合わせて使用することで、テーブル内のデータを各ユーザーに提供する際に制限を適用できます。このフィルターを使用する場合、テーブル定義に perUser = true というコードを追加します。以下はその例です。 var table =…


Azure Media Services 向け Apple FairPlay Streaming の一般提供を開始

執筆者: Mingfei Yan (Senior Program Manager, Azure Media Services) このポストは、8 月 2 日に投稿された Apple FairPlay Streaming for Azure Media Services generally available の翻訳です。   Apple FairPlay Streaming サービスが 4 か月間にわたるプレビュー期間を経て、このたび一般提供されることになりました。FairPlay では、FairPlay Streaming ソリューションを容易に構築して、最新版の Apple TV に配信範囲を拡大できるようになります。既存の PlayReady や Widevine DRM のサポートと組み合わせることで、Azure Media Services で複数の DRM ソリューションを短時間で構築し、一元的に管理できるようになります。 使用を開始するには Azure で FairPlay サービスの使用を開始するには、まず Apple Development Program で次の手順を実行する必要があります。…


Azure Logic Apps の一般提供開始を発表

執筆者: Frank Weigel (Principal Director, Program Managemen(t) このポストは、7 月 27 日に投稿された Announcing Azure Logic Apps general availability の翻訳です。   Azure Logic Apps の一般提供が開始されました。Azure Logic Apps は、エンタープライズ クラスの高速かつハイブリッドなアプリケーション接続を可能にするマイクロソフトの iPaaS (サービスとしての統合プラットフォーム) です。マイクロソフトは、ロンドンで開催された Integrate 2016 カンファレンスの場で、お客様が従来のオンプレミス システムとクラウド ネイティブなアプリケーションをシームレスに接続できる包括的なハイブリッド統合プラットフォームを構築するというビジョンをご紹介しました。Logic Apps はこの戦略に不可欠な要素であり、今回の一般提供開始はマイクロソフトのエンタープライズ アプリケーション統合のビジョンを実現するうえで重要な一歩となります。 それでは、Logic Apps の重要性はどこにあるのでしょうか? 企業のお客様はデジタル変革のさなかにあり、アプリケーション、データ、デバイスの数は急激に増加しています。この変革の主軸を成すものがアジャイルなエンタープライズ統合であり、これによって企業のお客様はビジネスの成長に合わせてシステムどうしを接続したり、プロセスを最適化したりすることができます。マイクロソフトは、お客様がサービスを短期間で開発し競争力を維持するための適切なツールを提供することで、お客様を支援したいと考えています。Logic Apps なら、SaaS やエンタープライズ アプリケーションをシームレスに利用したり、既存のオンプレミス システムを活用したり、統合ソリューションを強化したりして、十分な情報に基づいてビジネス上の意思決定を行えるようになります。 強力な統合ソリューションを速やかに構築する これまでシステムの統合は複雑で手間のかかる作業でした。しかし、Logic Apps では Office 365、Salesforce、Dynamics CRM、その他多数の SaaS…


Azure Toolkit for Eclipse の HDInsight Tools の一般提供を開始

執筆者: Jenny Jiang (Principle Program Manager, Big Data Team) このポストは、7 月 7 日に投稿された HDInsight tool in Azure Toolkit for Eclipse is GA! の翻訳です。   Azure Toolkit for Eclipse の HDInsight Tools の一般提供が開始されました。IntelliJ 用 HDInsight Tools の一般提供開始以降、マイクロソフトはオープン ソース コミュニティへの貢献と Eclipse のサポート拡張に強い意欲を持って取り組んでいます。Eclipse 用 HDInsight Tools は Azure Toolkit for Eclipse の一部であり、特に HDInsight を使用する Spark 開発者向けのツールです。Azure Toolkit for…


Microsoft MPI v7.1 をリリース

執筆者: Karan Batta (Program Manager, Azure) このポストは、7 月 7 日に投稿された Microsoft MPI v7.1 release の翻訳です。   Microsoft MPI (MS-MPI) の最新バージョンがリリースされました。最新の MS-MPI v7.1 は、2015 年 11 月にリリースされた Microsoft MPI v7 の再頒布可能パッケージの後継バージョンです。MS-MPI v7.1 のパッケージは Microsoft ダウンロード センター (英語) からダウンロードできます。 MS-MPI v7.1 に実装されている主な機能強化と MS-MPI v7 のバグ修正は以下のとおりです。 セットアップ時の回復性が向上し、以前のバージョンのアンインストール時にレジストリのクリーン アップが適切に行われていない場合でもセットアップが正常に行われるようになりました。   MS-MPI v7 には、同一ノード群で多数の MPI ジョブが同時実行されるとエラーが発生するという不具合がありましたが、これが修正されました。   MS-MPI v7.1 では、Kerberos…