最新の Azure Data Lake Tools for Visual Studio で U-SQL スクリプトをローカルで実行する


このポストは、12 月 9 日に投稿された Run U-SQL scripts locally with updated Azure Data Lake Tools for Visual Studio の翻訳です。

最新の Azure Data Lake Tools for Visual Studio (英語) がリリースされ、開発マシンで U-SQL スクリプトをローカル実行することが可能になりました。

これは新規のコード開発や、タイトなループ処理のテストやデバッグの際に利用できる非常に便利な機能です。ローカル実行の機能は、C# を使用したスクリプトをはじめ、あらゆる U-SQL スクリプトに対応しています。クラウドでの実行時と同様に、ファイル、ADL テーブル、メタデータなどを参照することができます。

U-SQL は、Azure の分散コンピューティングにおける並列処理の向上のために最適化された言語です。ローカル実行モードでは分散処理は利用できませんが、クラウドでの実行と同じく、コンパイル済みバイナリや実行グラフを作成可能です。これにより、クラウドに劣らないローカル環境でのデバッグが可能になり、特にユーザー コード内のコード ロジックのテストに有用です。

利用を開始する際には、まず以下の入門ビデオをご覧ください。

[View:https://sec.ch9.ms/ch9/2377/9c78d505-120f-43bd-9c2e-0870827b2377/USQLLocalRun_mid.mp4]

さらに詳しく知りたい方は、最新版の Azure Data Lake Tools for Visual Studio に関するドキュメント (英語) をご参照ください。

Comments (0)

Skip to main content