App Service Mobile Apps の一般提供開始を発表


このポストは、12 月 2 日に投稿された Announcing general availability of App Service Mobile Apps の翻訳です。

先日、App Service Mobile Apps の多数の更新がロールアウトされ、モバイル バックエンドを構築および実行するプラットフォームとしての機能が強化されました。そして今回、App Service Mobile Apps の一般提供開始が発表されました。既存の Mobile Services から App Service への移行をワンクリックでダウンタイムを発生させずに行うことも可能になります。

Mobile Apps は既に多数のお客様にご利用いただいています (こちらのページでロンドン交通局やアラスカ航空などの事例を紹介しています)。今回の発表により、App Service Mobile Apps の機能セットを運用環境のモバイル アプリで使用できるようになり、SLA によって 99.95% の可用性が保証されます。Mobile Apps では以下の機能を使用できます。

これらの機能はすべて運用環境で使用可能で、SLA によって 99.95% の可用性が保証されます。ただし、Node.js のサーバー側 SDK だけは引き続きプレビューとして提供されます。Web Apps、API Apps、Logic Apps など、App Service で実行されているすべてのアプリに上記の機能を追加することができます。

モバイル バックエンド開発に特化したこれらの機能以外にも、下記のようなさまざまな App Service の機能をご利用いただけます。

Azure Mobile Services の既存ユーザーの皆様にとって、App Service Mobile Apps は Mobile Services の機能の上位セットを提供するものです。上記の App Service の機能をすぐにご利用いただくためには、こちらのページ (英語) の手順に従ってワンクリックでダウンタイムを発生させずに現在の Mobile Services から App Service に移行することをお勧めします。この際、クライアント アプリを変更する必要はありません。.NET と Node.js のどちらでも、移行したモバイル サービスは SLA によって 99.95% の可用性が保証されます。新しい Mobile Apps Node.js SDK は引き続きプレビューとして提供されていますが、移行した Node.js モバイル サービスも SLA によって 99.95% の可用性が完全に保証されます。移行が完了したら、オプションとしてこちらのガイドの手順を実行すると、移行したモバイル サービスをアップグレードして、新しい Mobile App のサーバー側 SDK を使用することができます。

Mobile Apps の機能のデモについては、こちらの動画 (英語) をご覧ください。

Node.js および .NET モバイル サービスを App Service に移行されることをお勧めします。まだご利用でない方は、次回のモバイル アプリ プロジェクトから App Service Mobile Apps をご使用ください。まずは App Service をお試しください。クレジット カードやサインアップは不要です。

ご意見やご不明な点がありましたら、Twitter (@AzureMobile)、MSDN フォーラム (英語)Azure フィードバック サイト (英語) までご連絡ください。

Comments (0)

Skip to main content