【年間 $120,000】スタートアップ企業へ Azure 無償利用枠を BizSpark Plus パートナーを通じて提供 #BizSparkJP


本日マイクロソフト米国本社にて、トップクラスのグローバル アクセラレーターやインキュベーターと協業し、年間  $120,000  分の Microsoft Azure 無償利用枠を提供することを発表いたしました。(詳細については Steve Guggs のブログおよび本ブログに記載の翻訳をご確認ください)

日本では以下の BizSpark Plus パートナー様との協業を通じて、日本におけるスタートアップ エコ システムを形成し、革新的なスタートアップの輩出を目指して活動してまいりますので、今後の展開にご期待ください。最新情報は Web サイトおよび Twitter でもお知らせいたします。

   
     
     

 

====
[ Steve Guggs のブログの翻訳記事です ]

トップクラスのグローバルアクセラレーターやインキュベーターと協業し、マイクロソフトは年間 $120,000 分の Azure 無償利用枠をいたします。

スタートアップ企業は 1 社 1 社がユニークな存在です。企業の所在地や使用するテクノロジーの違いに関係なく、アーリーステージにいる企業の技術革新を加速させ、より速く顧客の手に行き渡ることを目的としています。
その目的を核とした、BizSpark Plus プログラムの変更内容をお知らせします。7 月 1 日より、参加資格のある世界中のスタートアップ企業に対し、年間 $120,000 の Microsoft Azure 無償利用枠を提供いたします。

この新しいプログラムを展開するにあたり、Techstars, ERA, MassChallenge, Seedcamp, そして 1871 を含む、47 か国で 150 以上のスタートアップアクセラレーターやインキュベーターと協業します。
これらの団体は、アーリーステージの企業が成功するために必要なマーケティングやビジネスサポートを提供しています。アクセラレーターが提供するビジネスサポートは、オープンソースに慣れ親しんだ技術者が利用しやすい  Azure に加え、無料ソフトウェア開発ツールや技術サポートを提供する、既存の BizSpark Plus プログラムの内容をより充実させます。

マイクロソフトは、スタートアップ企業が成功するのに必要なものは何かをより良く理解するために、数か月にわたる膨大な時間を聞き込むことに費やしました。Azure 上のオープンソースの技術とツールに対して今まで以上に手厚く支援することから、世界 7 ヶ国で展開している Microsoft Ventures Accelerator Program の運営管理にいたるまで、私たちはフィードバックを真剣に受け止めています。もし、このプログラムへの参加に興味がありましたら、お近くのアクセラレーターに参加資格があるかどうかを確認するか、Microsoft.com/startups  にアクセスし、プログラムについての詳細をご覧ください。
===

Microsoft Japan Startup Team


Comments (0)

Skip to main content