Build が間もなく開催へ


Steve Guggs のブログの翻訳記事です

 

あと一晩

今年も Build Developer Conference (英語) を明日からサンフランシスコのMoscone Center West で開催します。魅力的なコンテンツやデモが詰まった 3 日間のイベントで世界中の開発者やプレス関係者をお迎えすることに、これ以上ないほど胸が高鳴っています。カンファレンスの幕開けは、太平洋夏時間 4 月 29 日水曜日午前 8:30 から開始予定の、Satya、Scott、および Terry が登壇する基調講演です。こちら (英語) では、世界中どこからでも基調講演、ライブ セッションのプレゼンテーション、およびChannel 9 でのインタビューを視聴できます。Twitter の会話にも参加可能です (公式ハッシュタグは #Build2015 です)。

Build 2015 では、マイクロソフトのプラットフォームに関する詳しい情報について、マイクロソフト社内の多数の上級幹部や主力テクニカルリーダーが 160 以上のセッションでお伝えします。パートナー製アプリケーションの発表、マイクロソフト製品のニュース、および魅力的なデモを通じて、プラットフォームの強化に関して達成した成果や最新機能をお伝えします。多数のテクニカルセッションでは、マイクロソフトの第一線で活躍するエンジニアやエバンジェリストが、開発者にとって最も重要な分野について、詳しく解説します。

これまでの 1 年間にわたって、多くのマイクロソフト社員がこのすばらしい数日間を心待ちにしてきました。また、マイクロソフト、パートナー各社、およびお客様がこのイベントを有意義に過ごすことを楽しみにしてきました。開発者や IT 担当者の皆さんはマイクロソフトの最大の支持者ですので、マイクロソフトはどの回の Build もできる限りすばらしいイベントにしなければならないと考えています。

会場に足を運ばれる方に加えて、数万人の方がリアルタイムや録画済みのセッションをオンラインで視聴されることでしょう。こうした多種多様な参加者のお役に立てるよう、皆さんの興味や目的にきっとかなうと思われるスケジュールをご用意しました。セッションでは、皆さんがこれまでテクノロジに行ってきた投資をマイクロソフトが支援していく方法、Windows の機能、モバイル優先/クラウド優先な世界での Office と Azure、およびマイクロソフト プラットフォオームがビジネス ニーズやビジネス チャンスに応える方法について説明する予定です。

出席される方には、基調講演を聞き、Build のさまざまなセッションにできる限り多く参加することをお勧めします。また、マイクロソフトによる Build 2015 アプリ (英語) もぜひダウンロードしてください。このアプリには、セッション一覧の参照、個人用スケジュールと Channel 9 の同期、イベント全体を通じた交流、イベント後の評価送信などの機能を搭載しています。また、イベントに関する情報やリソースを参照するのにも便利です。

 

参加とアクセスの方法

Build に出席されない方のために、Channel 9 (英語) チームがイベント全体を通じて基調講演、主要セッション、およびインタビューを"生中継" します。開発者やパートナー様は、質問をオンラインで送信できます。お送りいただいた質問には、私を含むマイクロソフトのリーダーが生中継中にお答えできるかもしれません。最新情報や発表については、Build News Center (英語) を参照してください。その他すべてのセッションについても、プレゼンテーションから約24 時間以内にオンデマンド (英語) で公開する予定です。

 

Build の出張開催

Build に出席できない方への朗報は他にもあります。来週以降に、マイクロソフトは Build を出張開催します。この Build ツアーに、奮ってご参加ください。Build ツアーでは、世界各地で
1 日限定イベントを開催し、各地域に即した Build をお届けします。これらの無料イベントは、マイクロソフトのテクニカル エバンジェリストとエンジニアが世界 23 都市で開催します。出席すると、発表内容や公開情報を含む Build のハイライト、アプリケーション開発者や Web 開発者向けの Windows 10 ユニバーサル Windows プラットフォームに関する詳細情報、コーディング セッションや刺激的なデモ、およびパートナーの展示をご覧になれます。さらに、マイクロソフト エンジニアとの公開質疑応答や、直接対話を行う場も設けています。詳細については、http://www.build15.com (英語) を参照してください。

2014 年に劇的な変化を見せたマイクロソフトは、高い志を持って、世界中のすべてのユーザーとすべての企業が作業を効率化できるよう支援するというビジョンの実現を続けています。今週
Moscone Center に来場される方も、その他の場所で参加される方も、ぜひお使いのソーシャル ネットワークから Build に参加し、一緒に Build のコンテンツ (英語) を世界中の人々と共有しましょう。Build の実況報告については、Twitter で @msdev をフォローし、公式ハッシュタグの #Build2015 を検索してください。

 

すばらしい Build にご期待ください。

- Guggs

 

 


Comments (0)

Skip to main content