【Visual Studio 2015 スペシャル ツアー】全国の日本マイクロソフト本支店で開催


昨年秋、ニューヨークで開催された開発者向けイベント『Connect();』において.NET サーバー コンポーネントのオープン ソース化クロス プラットフォーム開発の強化、次バージョンの Visual Studio 2015、そして Visual Studio Community エディションの無償提供など、いくつかの重要な発表がありました。

これらの発表は、今後のアプリケーション開発において何か影響があるののでしょうか?それらの発表が意味するところや、マイクロソフトの開発プラットフォームのビジョンと今後の方向性について、開発に携わる皆様と共有したく、3 月から 6 月にかけて日本マイクロソフトの本支店 7 か所を回りセミナーを開催します。ちょうど昨日は関西支店での開催があり、次は 18 日に名古屋の中部支店で行います。

今年中に発売が予定されいてる Visual Studio 2015 や Team Foundation Server 2015 のデモを交えたご紹介もあります。ぜひこのセミナーにお越しいただき、これからの Visual Studio、これからの .NET について触れ、今後のアプリケーション開発がどのようになっていくのか、ご自身にとってどのような影響や可能性が生まれるのか、などなど想像を膨らませていただければと思います。

なお、現在、Visual Studio 2015 は日本語では Preview 版が (2014 年 11 月リリース)、英語版では CTP 6 が先日リリースされ、ダウンロード可能となっています。
冒頭に書いた Connect(); における発表内容がどのように製品に反映されているのか、実際に Visual Studio 2015 に触れて体感してみてください。
 Visual Sudio ファースト ステップ ガイドもご用意しましたので、Visual Studio 2008 や Visual Studio 2010 など、以前のバージョンを長くお使いいただいている方や、初めて Visual Studio を触るという方は、このガイドもご活用ください。

それでは、皆様のご参加をお待ちしています。

【Visual Studio 2015 スペシャル ツアー】

Visual Studio 2015/.NET で広がるアプリケーション開発の可能性

          開催地 開催日 申込み
東京 3 月 6 (金) 終了
大阪 3 月 12 日 (木) 終了
名古屋 3 月 18 日 (水) 間もなく締切り
札幌 3 月 27 日 (金)  受付中
福岡 4 月 3 日 (金)  受付中
東京 4 月 15 日 (水)  受付中
広島 6 月 5 日 (金)  受付中
仙台 6 月 16 日 (火)  受付中

 

 

Comments (0)

Skip to main content