オフラインならではのメリット (de:codeをお勧めする理由 – 第 4 回) #decode14


大勢の人が一つの場所に似たような目的を持って集まると、独特の空気ができますよね。

de:code は「技術漬けの 2 日間」になりますので、当然そこに集う皆様は「技術に漬かりたい」のだろうと思います。そういう方々が一堂に会するとどのような空気が生まれるのでしょう。。楽しみです。

イベントは、場を提供する側と場に参加する側が揃わないと成立しないわけですが、テレビやラジオではないので、発信する側と受信する側に分かれるものではありません。
今回マイクロソフトは de:code という場を提供しますが、皆様が会場に入られるまでは、de:code はまだ半分くらいの完成度です。そこに参加する方が最終的に de:code を完成させてくれるのだと考えています。

普段、顔ぶれの余り変わらない職場で仕事をしていると「昨日と同じ今日」が起こることもあるかと思いますが、de:code に来て、普段と違う人たちと接すると「俺ってもっと自信もっていいのでは」や「一歩外に出るとツワモノがいるなー」など刺激になると思います。de:code は参加者の一人一人が、刺激を受け、一方で刺激を与える存在になるわけです。

たくさんの人に参加していただけると、たくさんの種類の刺激が会場内を飛び交うことになり、その刺激からいろいろな反応が起こり、より面白い空間になると思います。これを読んでくださっている参加予定の方、ぜひ de:code の完成に力を貸してください。そしてほかに力を貸してくれそうな仲間がいたら、その方を誘ってください。会場に集う全員で de:code を作り上げていきましょう! 

【締め切り迫る】ご登録はお早めに!

こうしたオフラインならではの「空気感」は、皆様が会場入りした瞬間から堪能していただきたいと思いますが、初日の夜にはパーティーを行いますので、そちらもオフラインならではの催しものとしてぜひ楽しんでください!
パーティでは「Microsoft Bar」なるものが出店し、スピーカーを務めるエバンジェリストをはじめ社員が皆様にドリンクをサーブいたします! (シェーカーを振れるようなオシャレ特技を持つ人はいない気がするので、過度な期待はしないでください。そして私も参加します。) 

 

 

セッションは公の場ですからお伝えできる情報は間違いのないもののみになりますが、Bar で打ち解けたら裏話や内緒話も聞けるかもしれません。「Microsoft Bar」に立ち寄っていただき、リラックスのひとときをお過ごしください。

パーティーなんて不慣れだ、、という方もいらっしゃるかと思います。でも心配はご無用です。周りにいるのは好んで「技術に漬かりに来た」「テクノロジーに興味を持っている」「朝から同じ空気感の中で過ごした」人なわけですから、共通の話題はいくらでもあります。
「今日はどんなセッション受けましたか?」「キーノートのあのデモ、面白かったですね」で、会話の切り出しは OK! せっかく会場にいらっしゃったのであれば、パーティーみたいなのは苦手なんだで帰ってしまうのはもったいないです。de:code で体験できるすべてのものを体験していってください。

パーティー会場では、スペシャルバンドも登場しますよ。お楽しみに。

 

de:code プロジェクトメンバー一同

 

 


Comments (0)

Skip to main content