Azure Services Platform 日本語デベロッパーセンター、新規公開


こんにちは。窪田です。
本日、日本語の Azure Services Platform デベロッパーセンターを公開しました。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/azure/default.aspx

サービスの正式リリースはまだ先になりますが、今後マイクロソフトとしても力をいれていきたいクラウドの分野ですので、少しでも早く日本語情報を、ということで、まずは、現状お伝えできる情報を日本語化しました。
ホワイトペーパー、コラム、ビデオ、ブログなど、すでに公開されている Azure 関連の情報をまとめたポータルサイトになっています。
Azure って何?初耳・・・ という方、まずはこちらのコラムを読んでみるとわかりやすいかと。

・クラウド コンピューティングと Windows Azure / .NET Services

マイクロソフトのエバンジェリスト(製品を広くユーザーの皆様に使っていただくための活動をしているテクニカルロールの社員)が、Azure の概念について、わかりやすく記載しています。
また、日本語ホワイトペーパーもありますので、こちらもおすすめです。

さらに、EnterpriseZine さんのサイトに、WindowsAzure 入門講座を、こちらもうちのエバンジェリストがはじめたようです。連載ものみたいですね。

「0からわかるWindowsAzure入門講座」
・「マイクロソフトが考えるクラウドコンピューティングとは?」(第1回)

新しいテクノロジがどんどん出てくる中、最新動向をおっていくのって大変ですよねー。私も、最近忙しさにかまけて、テクノロジの勉強がおろそかになってしまっています。
私の現在の仕事はテクニカルロールではありませんが、イベントなどでお客様とお話しする際に、お客様がおっしゃってることがまったくわからないと恥ずかしいので、基本的なところはおさえておきたいなと常日頃思っています。
反省しつつ、まずは、MCP 試験でも受けるかなと思いたち、今年にはいって、数年前に挫折していた MCSD の勉強を始めました。(ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、MCSD って 3/31 で試験が終了だったのです)
よし、なんとかいけそうだから最後の一つをとるぞ!と思い(MCSD は必要科目を5つとらないといけないのです)試験予約をしようと思ったのが 3/15。
しかし・・・なんと、予想外に試験会場がどこも空きがなし・・・。3/31 という期日がありますので、焦った末に、ようやく空きを見つけたのが、福島県の会場。
私、千葉県在住ですが、他に選択肢がなかったため(だって、後は新潟とかさらに遠いところ・・・)、仕方なく、会社休んで交通費 2万円近くかけて試験受けてきましたよ~。
これで落ちたらかなりショックでしたが、なんとか合格しました。
普段から勉強しとけば、無駄な出費はさけられたのに・・・とまた反省です。

こんな私のコメント読んでスキルアップに興味をもった方 (いないか・・・)、スキルアップ支援のキャンペーンもやってますよー。書籍があたるのはうらやましいー。

・マイクロソフト認定資格 (MCP) | 資格武装せよ。

MSDN担当 窪田

Comments (0)

Skip to main content