Tech・Ed 2008 Yokohama と Project UX


本日は、TechEd 2008 Yokohama 初日です。

私は、マイクロソフトに入社する以前に Tech・Ed に 2 度参加したことがありますが、初めて参加した時は、その規模に圧倒されたものです。
ローテクな会社で働いていたため、最新技術について語られるプレゼンテーションを見て感動したことが、マイクロソフトに入りたいと思ったきっかけでした。
当時、XML に非常に興味があったので、XML 関連のプレゼンテーションを見てそう思ったはずなのですが、マイクロソフト社員となった今、スピーカーの名前はさっぱりおぼえておらず、はて、あれは誰だったのか・・・。
今は、同じ部署内に Tech・Ed のスピーカーがたくさんいる状況ですので、もしかしたら、知らないうちにあこがれのあのスピーカーをあごで使っている状況だったりする可能性もあります。。。

当時私がいた会社は、IT 系の企業でもなく、私自身は SE のような仕事をしていましたが部署自体は営業部門、会社の業績は下降トレンド、万単位の有償トレーニングはほぼすべて却下、という状況で、決して安くはない TechEd への参加を承認してくれたのが、今でも謎です。
当時の私の上司は、超変わり者で理解不能、しかし、頭の回転が速く非常におしが強い Never give up の精神の人でしたので、きっと、承認をとるために頑張って(ごり押しして?) くれたんだろうなあと感謝しています。(なぜか、今も、その上司の小学生の娘さんと文通しています。。。)

さて、Tech・Ed の基調講演でも紹介されるらしいですが、Project UX が始動しました。

Project UX
http://www.microsoft.com/japan/powerpro/projectux/default.mspx

簡単にいうと、Project UX とは、Window Presentation Foundation (WPF) 、Windows Vista、Internet Explorer 8、Silverlight といったリッチなユーザーエクスペリエンスを実現するアプリケーションの開発についての情報を、開発者の皆様と共有していこうというプロジェクトです。
書籍があたるキャンペーンもあるようですので、ぜひ、Web サイトをチェックしてみてください。

このプロジェクトに関連して、日本語の情報が少なかった Silverlight の日本語情報が公開されました。
http://silverlight.net/internationallearn/default.aspx
http://silverlight.net/japan/

また、IE 8 の日本語情報を近日公開予定です。

今後も、日本語ドキュメントの拡充につとめてまいります!

MSDN 担当
窪田


Comments (0)

Skip to main content