この夏何かにチャレンジ!Tech・Ed ライトニングトークに登壇しませんか?


皆さんこんにちは。
コミュニティ担当舟越です。

マイクロソフト最大の IT エンジニアの方々を対象とした Tech・Ed 2008 Yokohama におけるプログラムで、このブログを読んでいる皆さまにぜひチャレンジしていただきたいものがあります。

ライトニングトーク   です。

日ごろお仕事でマイクロソフト製品や技術に携わるなかで培った活用方法やティップス、ご自身の想いなどを発表していただける方を募集しています。

ライトニングトークそのものは、アメリカが発祥らしいのですが、5 分程度の限られた時間内にいかに伝えるかが醍醐味のプレゼンテーション スタイルで、このところコミュニティで人気のようです。
発表側からすると準備時間が短く、手軽に情報発信できる、参加者側からするとその技術や分野にあまり馴染みがなくても興味深く聞くことができる、というのがメリットです。75 分の充実したテクニカル セッションはもちろん素晴らしいのですが、集中したいがあまりつい途中で意識が。。。。という経験をされたことのある人は私だけではないはず。。。ライトニングトークではそんな心配はありません。

実は3 月末のコミュニティ勉強会に参加しよう~福井編でも同じスタイルのセッションがあり、私自身初めて参加(聴講した)のですが、とにかく面白い!盛り上がる!!
通常のセッションにおいて"発表者" "受講者" という垣根を取り払うのが難しいのですが、部屋の雰囲気が途端にカジュアルになり、全員でわいわい盛り上がれたのが印象的でした。

いきなり Tech・Ed という場で話すというのは少々ハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、まずはお気軽に!
例えばこんな内容でどうでしょうか?という例がデベロッパー エバンジェリスト 長沢さんのブログで紹介してあります。
IT Pro エバンジェリスト奥主さんのブログでもわかりやすく紹介中です。


それから登壇が決定した方には、エバンジェリストを交えた相談会みたいなものも実施してフォローさせていただく予定です。なので少々不安でもまずはご応募ください。

そして、特典として Tech・Ed 2008 のテクニカルセッションに無償で受講いただける参加証をご用意しています。
Tech・Ed で話すという経験をするだけでなく、セッション受講して知識や情報も入手ということで、一粒で二度も三度もおいしい体験となるはずです。
学生のころは夏休みっていうだけで何かと盛り上がりましたが、社会人だって盛り上がりましょう!

応募の締切は 7 月 11 日 (金) となっています。皆さまのご応募、おまちしています。
詳細はこちらでご確認ください。

コミュニティ担当
舟越

Comments (0)

Skip to main content