あの頃の情熱を取り戻せ~Back to the IT

このメールのタイトルに反応されたのは、どういった皆さまになるのでしょうか?自称 40 歳以上のIT エンジニアの方々を対象としたイベントの開催が決定しました。”イベント” というと技術セミナーといったちょっときちんとしたものを想像されるかもしれませんが、実はマイクロソフト初 (!?) といったようなチャレンジングな取り組みです。IT の現場から離れつつあるエンジニアやマネージャーの皆さま達が、”IT ってやっぱり楽しい” を再確認していただきたいという思いのもと、エバンジェリストの安納さんと長坂さんがホストする集いの場です。お二方とも年齢は40代、さらに長坂さんはマネージャー職ということで、ならではの熱い気持ちを持っています。ただいま最初に扱うトピックについて、関係者でディスカッションを重ねているところです。何しろ通常のテクニカル セッションではないため、かなり手探り状態の模様。経験豊富だからこそ語れる内容として IT 業界のあるべき姿や、部下の教育といったものがあがっていますが、どうでしょうか?こんな事をエバンジェリストや同じような状況にいる人たちと語り合いたい、意見交換したい、といったものがありましたら本ブログのメールあてに送っていただけると幸いです。ちなみに、交流を促進するための懇親会はもちろん行います。#先日大変活発にユーザー グループ活動を行っている企業様でお話を伺ったのですが、やはり参加者同士のつながりのために懇親会はなくてはならない存在のようです。イベントの概要やお申し込み (無料) はこちらのサイトをご覧ください。コミュニティ担当舟越

1

あなたにとっての三種の神器とは?

みなさま、こんにちは。オーディエンスマーケティングの杉田です。 今週はじめに、IT交差点の創刊号が完成しました。すでにお手元に届いている方、またはPDF版でごらんいただいている方、ありがとうございます。 先日は、ITプロ道場に同行する機会があったのですが、道場の参加者の方のなかにIT交差点を準備号から読んでいただいている方がいらっしゃったことは大変うれしかったです。 今回のIT交差点では新しい「IT Engineer’s Voice」という企画がスタートしました。誌上でご案内できなかったみなさまの声の一部はサイトでご紹介しています。同時に、次号のIT交差点掲載のIT Engineer’s Voiceのテーマも決まっており、みなさまからの沢山の声をお待ちしています。 第二回目のテーマは、「ITエンジニアになる前に揃えておきたい三種の神器とは?」です。 私自身ITエンジニアではないので、みなさまのご意見楽しみにしています。ちなみに、「OL(?)としての私の三種の神器」を考えてみました。   1.ノートパソコン、2.ケイタイ電話、3.眉毛ペンシル、でしょうか。。   額に汗をかいて仕事にいそしんでいると、気がつくと眉毛が消えていることがよくあるからです。 抽選で素敵なプレゼントもご用意しています。是非、ご応募ください!  杉    

0

創刊号をお届けします!ITエンジニア応援マガジン「IT交差点」

みなさま、こんにちは。オーディエンスマーケティングの杉田です。すっかり季節もかわり憂鬱な衣替えをのばしのばしにしている今日この頃です。 6月に創刊準備号をご案内した、日本のITエンジニア応援マガジン「IT交差点」の創刊号が完成しました!創刊号は、創刊準備号でいただいたみなさまからのご意見やご要望を沢山とりいれた内容となっています。 前回の準備号でご好評だったWindows Server 2008の記事もあり、その他開発者のみなさまからは特にご要望の高かったVisual Studio 2008の特集記事もあります。前回よりもページ数も増え、ボリュームもアップしている創刊号を是非ごらんになってみてください。 「技術」と「人」を二つのテーマとしているこの「IT交差点」では今回から「IT Engineer’s Voice」という新しい企画も開始しました。こちらのブログでもご紹介させていただきましたが、毎回一つのテーマに対して、全国のITエンジニアの方々からの声をいただき、そちらをご紹介する、というものです。次回のテーマに対するみなさまの声も募集開始しました。是非沢山の声をお寄せください。(なお、掲載しきれなかったものはWEBサイトでも一部ご紹介しております。マガジンとあわせてお楽しみください。) 無料購読は引き続き受け付けております。まだお申込いただいていない方はいますぐサイトからお申込を! 杉  

0

リッチクライアントとビジネスに関するイベントのご紹介

皆さんこんにちは。勉学の秋 (?) 、ということで今日はイベントのご紹介をしたいと思います。10月30日 (火) 14時 より “Infragistics Developer Days” が弊社新宿オフィス セミナールームにて開催されます。”リッチクライアントはビジネスにおいてどれだけ重要なのか” という点を以下の 3 セッションを通じて紹介していくそうです。セッション 1. Visual Studio 2008 による次世代アプリケーション開発セッション 2. これからのビジネスにおいてAJAXアプリケーションはどうなるか? セッション3. Developing Line of Business Applications with WPF テクノロジーや製品に加えて、ビジネスという視点を持つことで、”リッチクライアント” というものをまた違った角度からとらえる良い機会になるのではないでしょうか。 本イベントの主催はインフラジスティックス・ジャパン、協力アイネタ・ジャパンということで先日開催された “コミュニティ勉強会に参加しよう~第一回・東京編” のご縁で紹介させていただきました。先日 “WPF と Silverlight を使ったエクスペリエンスの構築” をお話された松原さんがセッション 2 の講師をされます。”コミュニティ勉強会に参加しよう” で実施されたセッション PPT のダウンロード先をこちらでご案内しています。私も当日イベント会場に足を運んでみようと思っています。コミュニティ担当舟越

3

秘かに人気のコラム Vol. 6 公開しました

こんにちは。気がつけば秋があっという間に深まり、朝晩かなり涼しくなりましたが皆さん元気にお過ごしでしょうか。”マイクロソフト社員ブログ 執筆者の素顔” に IT Pro エバンジェリストの安納さんの記事が公開されました。個性豊かなエバンジェリストのなかでも “ユニークで面白い” と評判の安納さんの魅力を少しでもお伝えできると嬉しいです。そして記事の中でご紹介している “Back to the IT” という安納さんが発案者となってすすめているイベントにも注目です。対象者は、現場からちょっと遠のいてしまった 40 歳以上のエンジニアの方々。IT 業界の未来やあるべき姿や部下の育成やモチベーション維持のための手法など、、、経験豊富だからこそお持ちのトピックや日頃の悩みを、同じ立場にある方々同士の意見交換や情報交換を通じて、新たな視野を得たり解決策を探る場にしていければ、との思いで企画中です。何よりも “IT って楽しい” という仕事をはじめたころの情熱を思い出し、明日への活力になれば、とのこと。技術系セミナーとは全くタイプが異なるので、いまからどんな反応があるのかドキドキ&ワクワクの関係者一同です。詳細はまた改めてお伝えしたいと思います。さて、このブログ執筆者紹介のコラム、安納さんの前にすでに 5 人のエバンジェリストの方々に登場いただいています。お客様によっては “エバンジェリストは遠い存在” という印象をお持ちの方もいらっしゃるようですが、コラムを読めば “同じ人間” と実感、共感いただけるところもあるかもしれません。他のエバンジェリストの記事もあわせてどうぞ。Vol.1: ”develop.net” 大野 元久 Vol.2: ”松崎 剛 ブログ (Tsuyoshi Matsuzaki Blog)” 松崎 剛 Vol.3: ”高添はここにいます” 高添 修 Vol.4: ”こだかたろうです” 小高 太郎Vol.5: ”Software Café” 長沢 智治 コミュニティ担当舟越

1

ご参加ありがとうございました~関連資料もお知らせします

皆さま、こんにちは。先週の土曜日に実施された “コミュニティ勉強会に参加しよう~第 1 回・東京編” は無事終了いたしました。小雨にもかかわらず、70名ほどの方々にご参加いただきました。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。「コミュニティに興味はあったのですがなかなか踏み込めず。。。今日は思い切って参加してみました」 「平日参加は難しいので、土曜日だと助かります」 「とっても楽しかったです。また次回も参加したいです。」といった数多くの嬉しいコメントをいただきました。当日の模様について、講師の方々はすでにブログでコメントされています。(私も月曜日にはブログを、、と思っていたのですが結局木曜日になってしまいました)インフラジスティックス・ジャパン松原さんのブログアイネタ勉強会の結果と「WPF と Silverlight を使ったエクスペリエンスの構築」で紹介した事例マイクロソフト エバンジェリスト長沢さんのブログ【セミナー|報告】もっとイケてるコードへ(9/29 アイネタ共催勉強会)の報告 こみゅぷらす小島さんのブログコミュニティ勉強会 (アイネタ ジャパン & マイクロソフト共催)また、当日のセッション資料を下記に公開しましたので、ぜひ内容をご確認ください。(重い点はご了承くださいませ)Session 1 WPF と Silverlight を使ったエクスペリエンスの構築 (PDF/5.85 MB)講師:松原晋啓 Session 2もっとイケてるコードへ~開発者が行う品質の作りこみ (PDF/3.69MB)講師:長沢智治氏 Session 3プログラミング上達講座 (オブジェクト指向基礎等) (PDF/17.3 MB) 講師:小島 富治雄氏 最後になりましたが、実施にあたりお仕事の合間を縫って準備~当日までご尽力いただいたアイネタ ジャパンの方々にお礼を申し上げます。次回の開催もどうぞよろしくおねがいいたします。コミュニティ担当舟越

5

もうすぐ登録締切~ご参加希望の方はおはやめに

こんにちは。空や風は秋なのに、暑さは夏の日々ですね。秋生まれの私は、すっかり秋になるのが待ち遠しいです。先日ご紹介した “コミュニティ勉強会に参加しよう~第 1 回・東京編 (アイネタ ジャパン & マイクロソフト共催)” の開催が来週末に迫ってきました。おかげ様で多くの方々にご登録いただき、定員まであとわずかとなっています。ご参加をご希望の方は、お早目のご登録をおすすめします。休日の多い 9 月、運動会や旅行も良いですが、そのうちの 1 日はコミュニティ勉強会に参加するのはいかがでしょうか。今までにない過ごし方で、きっと新たな刺激を得られるはずです。通常のイベントと違い、セッションで技術情報を入手するだけでなく、懇親会があるというの大きな魅力です。年齢や会社に関係なく、普段の生活では接点がないけれど、興味分野は共通という方と出会える機会はなかなかないのではないでしょうか。私も今からどのような皆さんにお会いできるか楽しみです。コミュニティ担当舟越

1

どんな様子だったの?盛り上がったの?Tch・Ed 2007 のコミュニティ プログラム

みなさん、こんにちは。Tech・Ed で実施された Birds of a Feather と Usergroup Street Live ! といったコミュニティ プログラムの会期中の模様をお伝えするレポートを公開しました。 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/community/teched07/report/ 今回のレポートは外部のライターの方に依頼して作成させていただきました。マイクロソフトのプログラム担当者の視点からではなく、第三者の方の視点から見たときにどういった内容で仕上がってくるかが楽しみでした。当日会場で取材中のライターの方とたまたまお会いしたところ、「今までマイクロソフトに関しては製品・技術に関して記事を書いたことはあったけれども”人” という視点をもって取材するのは初めてなので新鮮です」というコメントをいただきました。コミュニティに携わりはじめて約 1 年たちあまり意識していませんでしたが、コミュニティというものが参加している方々の一人ひとりのパワーで成り立っているのだと改めて認識しました。また、セッションに登壇して生き生きとされているコミュニティの方々の姿をみて、製品やテクノロジに対する探究心や情熱に触れて、とても刺激をうけた Tech・Ed となりました。皆さまにも、レポートをご一読いただけると幸いです。コミュニティ担当舟越

0

コミュニティ未体験者、あつまれ!

みなさんこんにちは。 コミュニティに興味はあるけど、なかなか参加するきっかけがつかめなくって。。。という方に是非ともご参加いただきたいイベントが 9 月 29 日の土曜日に開催されます。 その名も コミュニティ勉強会に参加しよう~第 1 回・東京編 (アイネタ ジャパン & マイクロソフト共催) です。 8 月に開催された Tech・Ed でコミュニティに参加されていない方々と直接お話しする機会が何度かあったのですが、実際に参加してみたいとは思っているけれども、自分はまだまだそんなレベルではない、、といって参加を躊躇している方が何人かいらっしゃいました。 レベルを気にされて参加されていない、という発見はちょっと驚きでした。勉強会に参加するにあたってレベルを参加条件にしているようなところはないと思います。逆に初心者の方がコミュニティで活躍されている人に直接質問を投げかけることで、時間をかけて Web や書籍を調べてもなかなかわからなかった事に回答してもらえるといったような事もあるようです。勉強会への参加を Web で受け付けているようなコミュニティは、新しい方々の参加をいつでも歓迎しています。 というわけで、この勉強会にはぜひ今までコミュニティに接点がなかった方々にご参加いただきたいと思っています。参加費はもちろん無料でコミュニティ勉強会には必須 (!?) の懇親会もあります。気になるセッションは以下のとおり。 セッション 1WPF と Silverlight を使ったエクスペリエンスの構築インフラジスティックス・ジャパン株式会社 テクニカルエバンジェリスト 松原晋啓氏 セッション 2もっとイケてるコードへ~開発者が行う品質の作りこみマイクロソフト株式会社 デベロッパーエバンジェリスト 長沢智治 (http://blogs.msdn.com/tomohn/) セッション 3プログラミング上達講座 (オブジェクト指向基礎等)こみゅぷらす 小島 富治雄氏 他 お申し込みや詳細はこちらのサイトでご確認ください。そして “第 1 回” とあるように、今後も継続的に開催予定です。東京以外のエリアでも開催していきたいと思っていますので、今回参加が難しい方もご期待ください。 コミュニティ担当舟越

0

IT HERO@てくえど

みなさま、こんにちは。オーディエンスマーケティングの杉田です。 舟越のブログにあるとおり、昨日からTech・Ed 2007 Yokohama が開始となり、猛暑の横浜はさらに”熱く”なっています。  初日は、IT交差点の制作スタッフ一同にて、会場内にいるみなさまに簡単なアンケートをお願いしてまいりました。 テーマは、ずばり、「あなたが考えるITヒーローとは?」  セッションの合間にご協力いただいたみなさま、ありがとうございます!いろいろ回答をいただき、選考にスタッフ一同頭を悩ませることになりそうです。。。 こちらのIT HEROシャツをお礼にプレゼントしていたのですが、あっというまになくなってしまいました。。。(うれしい悲鳴)にもかかわらず、アンケートにご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました! さて、どんなITヒーローが登場するのか? それは、IT交差点の創刊号にてご紹介します。お楽しみに。 杉  

2