ケンウッドカーナビゲーションシステム開発物語@夢工房


みなさま、こんにちは。オーディエンスマーケティングの杉田です。


前回は、W-ZERO3の開発に携わる方々のお話を紹介した、「夢工房」に新しい開発者の方々のストーリーの登場です!



今回は、ケンウッド様のカーナビゲーションシステムの開発物語、「ゼロからの自社開発に挑む ~ケンウッド カーナビゲーション システム~」 です。


いまではカーナビを装備した車も普通になり、便利な機能も当たり前と使われていることも多いと思います。その裏にある、開発者の方々の努力が見えるエピソードが満載です。たとえば、道案内の音声がでるタイミングひとつについても、運転手の状況を考えた細やかな配慮がほどこされています。


 


一消費者としては当たり前のように使わせていただいているものですが、その背景にある開発者の方々の情熱と努力を知ると、ありがたみが断然増しますね。


そういえば、免許取り立てのころに、渋谷→三軒茶屋を目指して運転していたのですが、気がついたら町田に到着していたことがありました。あの時に、こんなカーナビが同乗(?)していてくれたら、きっと無事に目的地到着できたと思う金曜日の午後でした。



 


 


Comments (0)

Skip to main content