Microsoft Innovation Day 2017 準備の中間報告1

Microsoft Innovation Day 2017 準備の中間報告 Microsoft Innovation Day 2017 ももうあと1ヶ月程度です。そんなイベント初めて聞くよ!という方はぜひフェイスブックイベントサイトとをご参考にしてください。 ここでは私の準備状況を少し共有してそこから思うところを書き溜めておきます。 増渕はおもに、午後のプログラム、特に、Innovation Award 2017 を担当していまして、現在、出場者の選定プロセスをガリガリやってます。(もう一つの Imagine Cupは他スタッフが頑張っています) 準備作業の概況 Innovation Award は、Innovation Day の後半に行われるスタートアップ、エンジニア、大企業の新規事業、など、主に社会人を対象としたイベントです。今年は10年目になるのですが、毎年レベルがあがっています。特にファイナリストになるとかなりレベル高い大会だとご好評をいただいまして、その理由は、通常のスタートアップイベントと違い、(起業家をみる)VC目線ではなく、プロダクトそのもの、アプリやサービスのみを評価しているためだとおもいます。 さてさて、今年のご応募の状況ですが、現在、一次審査(書類審査)を終えて、二次審査に進んでおり、二次審査の5合目、という段階です。 一次審査での手ごたえとしては、品質も数も増加しました。正直、優秀な参加者が多く集まるのは嬉しい反面、審査作業においてはリソース不足(ぱつってきてます)。   いい大人がネット上で「おれ忙しい!」アピールは見苦しいことなのですが、    >>>> いまが一番忙しい!! <<<<   来年はほんとうに死んでしまうかもな気がしています❗️😵 #多忙の向こう側 #嬉しい悲鳴 #見苦しいことを書いてすみません   応募されたスタートアップ、学生、エンジニア、企業の新規事業の皆さん、本当にありがとうございます。毎晩、しっかりとご評価させていただいています。この忙しい状況は本当にありがたいことです。   なぜこのイベントのレベルが高いのか? じつはここ2年くらいスタートアップ支援の戦略を少しづつ変えておりまして、その手ごたえなのかなーと。密かに思っています。ごめんなさい、自慢です。今回謝ってばかりです。 去年参加いただいた方はご存知だと思いますが、この2年くらい毎年レベルアップしています。実際に2016ファイナリストの多くの企業が、1年以内に調達に成功したり、IPOを達成しています。なにもInnovation Award のおかげ、というつもりは毛頭ないのですが、それくらいいい企業やいいチームが集まっているわけです。   盛り上がりの理由はというと・・・?   1つは、自分が前に出ること(登壇とか)を減らして、起業家が目立つこと起業家のメリットだけを最大化するようにしたこと。これはスタートアップ市場第1位の人気企業であるAWSにいらっしゃる、某先輩の動きがまさにそうだったので、いいなと思って真似しています。結果、司会やファシリテーター業が増えました。   2番目に、ビジネス開発ドリブンから、マーケティングドリブンに変えたことです。いまは戦略はチームで考えるようになりました。(ようは脱属人化して、マーケティング人員強化) その結果、Innovation Award の応募に対して、参加企業数がかなり増えています。   3番目は、従来のデベロッパーリレーションの部署らしく、コミュニティとお付き合いを大切にしていること。シードのコミュニティ、シード技術すらない起業家に興味が有るレベルのハッカソンやスタートアップウィークエンド、学校系ブートキャンプ。 このあたりは以前、馬田さんがやっていたことに近しいと勝手に思って真似てます。特にIoTソリューションは自社技術だけでトレンドつかめないので外にいる方が情報を掴みやすいです。(技術エバンジェリストとしては自社技術だけに集中できないという課題がでてきて今後解消していきたいところ)   4番目、さいごの1つは、やはりスタートアップ市場No.1のAWSさんの強い領域(ウェブ系スタートアップ、アプリ、ソーシャル系)の優先度下げて、研究者などやや渋めのところを優先度を置いています。クラウドコンピューティング業界では世界第2位とはいえ、スタートアップ支援ではニッチ戦略をとったわけですね。なぜかというと、資金が潤沢ではないフェーズでベンダーのシェア争いを優先したりインフラの乗り換えを強いるような営業みたいなことをしたくないからです。起業家さんにとっての不利益を避ける。  …


Microsoft Innovation Award 2017 のご案内

こんにちは、日本マイクロソフト スタートアップ支援担当の増渕です。 皆さんは、Microsoft Innovation Award をご存知ですか? Microsoft Innovation Award は「テクノロジによるイノベーション」をキーワードに、革新的なアイデアを形にしたソフトウェア、ハードウェア、IoT やアプリなどのソリューションを表彰する10 年目のアワードで、テクノロジ スタートアップを世の中に送りだしてきました。 Microsoft Innovation Award 2017 の応募期間は残すところあと少しとなりました。開発者、スタートアップのソリューション応募をお待ちしております。締め切りは1月31日です。*締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございます。2017.02.01 * https://www.microsoft.com/ja-jp/startups/mia   ファイナルピッチと表彰式は、3月22日に開催される、Microsoft Innovation Day 2017 の中で行われます。開発者、スタートアップ、投資家、ビジネスリーダー、学生、教育者、大企業の新規事業担当者はぜひチェックしてください。学生向けコンテスト、Imagine Cup も併設しています。 http://events.techinasia.com/microsoft/innovation-day/       昨年行われた、 Microsoft Innovation Award 2016 では以下の企業・チームが 受賞されています。 最優秀賞+日本航空アントレプレナー賞 – bioSync(筑波大学/人工知能研究室) 審査員特別賞 – The VOICE(Hmcomm株式会社) 審査員特別賞 – 科学を加速させるAI 〜クラウドを活用したライフサイエンス 究画像解析〜(エルピクセル株式会社) オーディエンス賞 – Secual(株式会社Secual) 展示オーディエンス賞…


Azure DocumentDB に Change Feed のサポートを導入

執筆者: Aravind Ramachandran (Program Manager, Azure DocumentDB) このポストは、12 月 14 日に投稿された Introducing Change Feed support in Azure DocumentDB の翻訳です。   このたび、Azure DocumentDB に Change Feed (英語) のサポートが導入されました。Change Feed のサポートにより、DocumentDB コレクション内のドキュメントの一覧が更新日時順に並べ替えられて表示されます。このフィードを利用することで、コレクション内のデータに対する変更をリッスンし、以下のようなアクションを実行できます。 ドキュメントが挿入または変更された場合に API の呼び出しをトリガーする 更新内容に対してリアルタイムの (ストリーム) 処理を実行する キャッシュ、検索エンジン、データ ウェアハウスとデータを同期する DocumentDB の Change Feed はすべてのアカウントについて既定で有効になっており、追加料金は発生しません。なお、DocumentDB の他の操作と同様に、書き込みを実行するリージョンや Change Feed からの読み取りを実行するリージョンでは、プロビジョニングしたスループットを利用できます。 この記事では、新しい Change Feed のサポートについてご説明すると共に、Azure DocumentDB を使用して応答性とスケーラビリティに優れた堅牢なアプリケーションを作成する方法についてご紹介します。 Azure DocumentDB…


Azure Application Insights の一般提供を開始

執筆者: Shiva Sivakumar (Director of Progam Management, Application Insights) このポストは、11 月 16 日に投稿された General availability of Azure Application Insights の翻訳です。   このたびニューヨークで開催された Connect() 2016 (英語) において、Azure Application Insights (英語) (旧称 Visual Studio Application Insights) の一般提供開始と新しい料金体系が発表されました。この発表により、99.9% の可用性を保証する返金制度付きの SLA が Application Insights に適用されるようになります。 Application Insights は統合型のアプリケーション パフォーマンス管理 (APM) およびアプリケーション分析ソリューションです。アプリケーションのパフォーマンスがユーザー エクスペリエンスにどう関連し、業績にどのような影響を与えているかを開発チームが把握できるようになります。 次のビデオでは、Application Insights の簡単な概要とデモをご覧いただけます。   Application Insights の主な機能は次のとおりです。…


C++ 用ストレージ クライアント ライブラリでの File サービスのサポートを発表

執筆者: Sercan Guler (Program Manager) このポストは、10 月 25 日に投稿された Announcing support for Files in the Storage Client Library for C++ の翻訳です。   このたび、REST API 実装により C++ 用ストレージ クライアント ライブラリ (2.4.0) で Azure Storage の File サービスのエンドポイントがサポートされることになりました。 C++ 用クライアント ライブラリ 2.4.0 の詳細についてはこちら (英語) を参照してください。また、Azure Storage のドキュメント ページのクイック スタート ガイド (英語) も併せてお読みください。 今回のリリースでは、下記を含むすべての File サービスの機能がサポートされます。 •    共有の作成/削除/サイズ変更…


Xamarin 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリの一般提供を開始

執筆者: Dinesh Murthy (Principal Program Manager, Azure Storage) このポストは、10 月 24 日に投稿された Announcing Azure Storage Client Library GA for Xamarin の翻訳です。   このたび、Xamarin 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリの一般提供が開始されました。Xamarin は最新のモバイル アプリ開発プラットフォームで、ネイティブなユーザー インターフェイスで共有 C# コードベースを使用して iOS や Android、Windows ストア向けのアプリを作成できます。マイクロソフトでは、Xamarin 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリは、快適な開発エクスペリエンス、およびエンドツーエンドのモバイル ファースト、クラウド ファーストのエクスペリエンスを提供します。プレビュー版をお試しいただき貴重なフィードバックをお送りくださった皆様に感謝いたします。 Xamarin 用リリースのソースは .Net 用 Azure ストレージ クライアント ライブラリと同様に、Github (英語) で公開されています。インストール パッケージは…


Azure コマンド ライン インターフェイス (Azure CLI) 2.0 プレビューを発表

執筆者: Jason R. Shaver (Senior Program Manager) このポストは、9 月 26 日に投稿された Announcing Azure Command-Line Interface (Azure CLI) 2.0 Preview の翻訳です。   Azure が進化するにつれ、Windows PowerShell ツールや Azure クロス プラットフォーム コマンド ライン インターフェイス (CLI) などのコマンド ライン ツールを使用するお客様が増えてきました。これらのツールを使うことで生産性が向上したという声を多数いただいている一方、特に Linux ユーザーの皆様からは、マイクロソフトのクロス プラットフォーム CLI と Linux の主なコマンド ライン ツールの統合が不十分であることや、Node 環境のインストールや保守が難しい (ツール自体がこの環境を基盤としている) ことが指摘されています。 こうしたご意見を受けて、Azure Resource Manager ベースの構成モデルの拡張と併せて CLI エクスペリエンスを改良し、Azure 向けに優れたエクスペリエンスを提供することにしました。そして本日、新たな CLI…


Azure App Service の Node.js および PHP の開発者向けエクスペリエンスを改良

執筆者: Nazim Lala (Software Engineer, Azure AppService) このポストは、10 月 10 日に投稿された Azure App Service improves Node.js and PHP developer experience の翻訳です。   2015 年 3 月、クラウド環境での開発作業を支援することを目的として、Azure App Service の一般提供が開始されました。このサービスは Web 開発者およびモバイル開発者向けの「サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)」であり、リリース以降急速な成長を遂げ、現在は 35 万人を超えるアクティブ ユーザーが 100 万超のアプリケーションを Azure でホストしています。Azure App Service には .NET 開発者向けの優れたエクスペリエンスのほか、PHP、Node.js、Java、Python スタックのサポートや、多数のオープン ソース Web 製品のサポートが含まれています。今回提供されるプレビューでは、Node.js スタックおよび PHP スタックで Linux がネイティブにサポートされることになります。 App Service…


10/30まで 【第1回 Windows 10 誤変換マラソン】実施中!

マイクロソフトIME開発チームは【第1回 Windows 10 誤変換マラソン】 を10/30まで実施しています。 参加は簡単です! IMEの誤変換を発見しましたら、ハッシュタグ #w10gohenkan をつけて、Twitter上でご報告ください。たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。 【第1回 Windows 10 誤変換マラソン】助けてください! Windows 10 PCで起きた Microsoft IME(日本語入力)の誤変換を開発チームで募集しています。ハッシュタグ #w10gohenkan をつけて、誤変換を報告してください!(10月30日迄) — マイクロソフト IME 開発チーム (@msimejp) October 19, 2016 よろしくお願いします。

0

Azure Mobile Apps Node.js Server SDK v3.0.0 のリリースを発表

執筆者: Adrian Hall (Sr. Program Manager, Azure App Service Mobile Apps) このポストは、9 月 20 日に投稿された Announcing the release of Azure Mobile Apps Node SDK v3.0.0 の翻訳です。   Azure Mobile Apps Node.js Server SDK の次期バージョンが発表されました。今回のリリースでは多くの新機能の追加、機能強化、不具合の修正が行われています。 データ変換、フィルター、フック Server SDK の主な機能の 1 つに、セキュリティ フィルターとレコードの変換をサーバー レベルで提供し、開発者が JavaScript コードを作成してサーバーの要求-応答パイプラインを改良できるようにする、というものがあります。今回の v3.0 リリースでは拡張ポイントの改良をさらに進め、受信したクエリやアイテムを処理したり、各データ操作の後に機能をトリガーしたりできるようにしました。独自のフィルター、変換、フックの作成と配信も、もちろん可能です。また、コードの量を少なくするために一般的なフィルターをパッケージ化しました。 ユーザー別のテーブル おそらく最も頻繁に使用されるフィルター要求は、「データをユーザー別に提供する」ものです。ユーザー別のテーブルは認証機能と組み合わせて使用することで、テーブル内のデータを各ユーザーに提供する際に制限を適用できます。このフィルターを使用する場合、テーブル定義に perUser = true というコードを追加します。以下はその例です。 var table =…