App Service Isolated の一般提供 – 性能、拡張性、使いやすさが向上

執筆者: Stella Lin (Sr. Product Manager) このポストは、7 月 26 日に投稿された Announcing App Service Isolated, more power, scale and ease of use の翻訳です。   このたび、マルチテナントな App Service のシンプルさを App Service Environment (ASE) の安全な専用仮想ネットワークに組み合わせた App Service Isolated の一般提供を開始いたします。 Azure App Service は、現在 100 万を超えるアプリやサイトをホストしている、マイクロソフトが提供する業界随一の PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) サービスです。インフラストラクチャ基盤を気にすることなく、Web アプリ、モバイル アプリ、API アプリを瞬時に構築、デプロイ、拡張できます。言語、フレームワーク、主要 OSS のサポートが拡充されたことで既存のスキルを活用できるようになり、また、多彩な組み込み機能によって継続的インテグレーションや継続的デリバリのパイプラインが効率化されました。ASE は 2015 年のリリース以来、分離されたネットワーク、高度な制御機能、豊富なスケーリング オプションを提供しています。新しい料金レベル App…


App Service Domain のプレビューを発表

執筆者: Sunitha Muthukrishna (Program Manager, Azure App Service) このポストは、7 月 25 日に投稿された Announcing the preview of App Service domain の翻訳です。   通常、運用 Web アプリでは、ユーザーにカスタム ドメイン名を表示します。これを設定するためのツールとして、本日、App Service Domain のプレビューの提供を開始しました。App Service Domain (プレビュー) を利用することで、Azure ポータルでドメインを簡単に作成、管理できるようになります。ドメインは Azure DNS でホストされ、Web Apps、Traffic Manager、Virtual Machines などの Azure サービスで使用されます。 ドメイン管理が簡単に App Service Domain (プレビュー) を使用すると、Azure DNS を活用した Azure サービス用のドメインの作成と管理のライフサイクルが簡素化されます。また、Azure DNS により、信頼性、パフォーマンス、安全性に優れたドメインのホスト オプションが提供されます。現在…


Azure App Service の新機能 – Web App on Linux (プレビュー)

執筆者: Apurva Joshi (Principal Program Manager, Azure App Services) このポストは、5 月 11 日に投稿された See what’s new for Azure App Service – Web App on Linux (Preview) の翻訳です。   Web App on Linux (プレビュー) は、Linux の Docker コンテナーでクラウド アプリをネイティブに実行できるようにする機能です。これを使用すると、既存の Linux プラットフォームでホストされ、Linux 用に最適化されたアプリを Azure App Service に簡単に移行できます。また、Docker コンテナーのカスタマイズがサポートされているため、Docker ツールや Azure App Service の最先端の PaaS 機能に加え、さまざまなプログラム言語やプログラミング スタックのアプリケーションの実装が可能になります。 今回リリースする多数の開発者向け…


Azure App Service 用 Application Insights Profiler の一般提供を開始

執筆者: Catherine Wang (Program Manager | Visual Studio) このポストは、5 月 11 日に投稿された Announcing Application Insights Profiler for Azure App Service now generally available の翻訳です。   このたび、Azure App Service 用 Application Insights Profiler の一般提供を開始いたします。同時に、Virtual Machines、Scale Sets、Cloud Services、Service Fabric などのコンピューティング リソース用 Profiler のパブリック プレビューもリリースいたします。これは、運用環境のアプリケーションの応答が遅延した際に、コード レベルのトレースを自動的に収集し表示する機能です。 概要 パフォーマンス問題を診断するのは、特にアプリがクラウド環境で運用されている場合、簡単ではありません。アプリの使用中に応答が遅くなった場合、要求を処理する途中のインフラストラクチャ、フレームワーク、アプリケーション コードのどこかに原因があると考えられます。クラウドでは常にマシンの追加や削除、ユーザー入力などが行われ、さまざまな条件が大規模に変動しています。 Application Insights Profiler は、上記のような問題を解決するのに役立ちます。変動する状況の中で、アプリケーションのパフォーマンス トレースを取得して表示します。ユーザーへの影響もなく、自動で広範囲に実行されます。Application Insights Profiler では、Azure 上のアプリのパフォーマンス問題を簡単に判断できるように、以下のような情報を取得します。…


Azure Cloud Shell のパブリック プレビューを発表

執筆者: Justin Luk (Program Manager, Azure Compute) このポストは、5 月 10 日に投稿された Announcing public preview of Azure Cloud Shell の翻訳です。   Brendan Burns は数か月前に、彼が力を注いできたコンテナーとユーザー インターフェイスに関するブログ記事 (英語) を発表しました。コンテナーとユーザー インターフェイスを組み合わせた新しい統合ワークフローを実現することで、グラフィカル インターフェイスとコマンド ライン インターフェイスの両方で Azure の管理作業を可能にしたというものです。また、コンテナーを活用することでクリーンで一貫したユーザー インターフェイスを効率的に作成できること、コンテナーが Azure 内のコンピューティング ワークロードに変革をもたらしていることについても触れられています。 そして今回、彼が紹介したエクスペリエンスが Azure Cloud Shell として実現され、パブリック プレビューが開始されることとなりました。Cloud Shell は、Azure でホストされた Azure 専用の構成済みワークステーションへの安全かつ自動的なアクセスを可能にすることで、ワークフローをスムーズにし、生産性を高めます。Cloud Shell 全体は Kubernetes でオーケストレーションされたコンテナーで実行されます。これは、Azure を基盤とするソリューションにコンテナー テクノロジが変革をもたらした良い例と言えるでしょう。 現在、Cloud Shell…


Azure アプリのパブリック プレビューの紹介

執筆者: Michael Flanakin (Program manager) このポストは、5 月 10 日に投稿された Introducing the Azure app public preview の翻訳です。   週末が近づく金曜日の午後。仕事はここまですべて順調です。会議の予定もなく、今週やることはすべて完了しました。それならちょっと早いけど、家に帰ることにしましょう。いそいそと会社を出て自宅に向かっていると、悪い予感は的中。突然電話が…。「重要なサービスが停止したから会社に戻ってこい」という、会社からの無情な呼び出しです。 いつ何が起きるかは、予測することができません。しかし、事前に準備をしておくことはできます。そこでお勧めなのが、新しいプレビュー版 Azure モバイル アプリを利用することです。これがあれば、いつでもどこにいても Azure リソースにアクセスすることができます。 Azure リソースの状態と重要なメトリックを確認 正常性に関する重要な問題の通知やアラートを受信 一般的な問題を簡単な操作で解決 アプリ内で強力な Azure Cloud Shell スクリプトを実行 (近日提供開始予定) いつでもどこからでも Azure アプリで不測の事態に対応できるため、このように残念な思いをしながら会社に戻らなくても済むようになります。ただし、これらの機能は、ロードマップに掲載されているようなごく一部の機能に過ぎません。アプリで提供されている機能はほかにもあります。 必要なリソースに 1 タップでアクセス Azure アプリを使用すると、あらゆるサービスのあらゆるサブスクリプションのリソースを手軽に持ち運べます。すべてのリソースやリソース グループをスクロールして探すか、名前で検索するか、リソースの種類で絞り込めば、必要なリソースが見つかります。 リソースの情報として、以下が表示されます (該当する場合のみ)。 状態 過去 1 週間に発生したエラー数と、アクティビティ ログ全体へのリンク 重要なプロパティ ([Essentials] セクション) 主要な使用状況メトリック 関連するリソース…


Azure 用 Snapshot Debugger のプレビューをリリース

執筆者: Dan Taylor (Senior Program Manager, Azure Tools) このポストは、5 月 10 日に投稿された Introducing the Snapshot Debugger preview for Azure の翻訳です。   Snapshot Debugger を使用すると、運用環境の Azure アプリで例外が発生したときや、その他必要なときにスナップショットを取得することができます。スナップショットがあれば運用環境のアプリケーション トラフィックに影響を与えることなく、どのような異常が発生したかを正確に把握することができます。 Snapshot Debugger は Application Insights と Visual Studio に導入されたまったく新しい機能で、Web 開発者の皆様が Azure を使用する際に運用環境で起こった問題を短時間で解決できるようになります。 この記事では、まず .NET 向けの自動スナップショット機能のパブリック プレビュー (英語) について紹介し、次にインタラクティブな Snappoints 機能および Logpoints 機能の概要とプライベート プレビュー プログラムへのサインアップ (英語) についてご説明します。 運用環境で起きた問題の診断は困難 運用環境のサービスで問題が起きてほしいと考える人はまずいません。また、クラウドを利用するすべての人が、そのメリットであるスピードを活かしたいと考えています。開発者や…

0

「書店体験を変えるIoTプロダクトHACKATHON」、入賞チームの実証実験開始!

スタートアップ支援チームの増渕です。こんにちは! ゴールデンウィークみなさまいかがお過ごしでしょうか? 僕は過去のハッカソンチームのその後の活躍を見学してきました。 ハッカソンは「書店体験を変えるIoTプロダクト HACKATHON」です。日販さんが日本の書店の未来を考えるために、デジハリと組んで実施した、ハッカソンです。特徴的なのは、このハッカソンで入賞したチームが、実際の書店で検証実験ができるというところ。 ハッカソンで終わり、ではなく、組んだチームと継続開発し、リアルな店舗で顧客体験を検証できるのはとても素敵なことです。検証実験の場があるのはエンジニアさんたちのモチベーションが上がるのでこういう実証実験付きハッカソンは今後も応援していきたいと思います! さて、まずは第一弾の「Bookkey」 を見学。(増渕寝癖ですが) これは書店の特設コーナーをもりあげるソリューション。これは人感センサーや重さセンサーをトリガーに、書籍に関連したプロモ動画や照明On/Off、アロマ(扇風機)、音などを発生させる体感型IoT特設コーナー、です。WEBカメラでは、Microsoft Azure Cognitive Services の Face APIを使って、id,gender,age,それから、表情(smile)を計測しています。 もう一つは、第二弾の「POPSTAR」を見学してきました。 店舗のてがきPOPって懐かしいですよね。今でももちろんよく見かけるのですが、このアプリは書店内の特定コーナーでかざすと、POPがどんどん湧き出てきます。いわゆるARアプリです。使用するPOPはすべて、書店員や出版業界関係者の手書きによるものです。実際に動かしてみた動画はこちらです。 技術面では、いまのところ通常のLAMP構成みたいです。個人的ににはBlob StorageやCDNを用いた画像配信や、Cognitive Services の サムネイル機能などを上手く使ってトラフィック流量をコントロールして欲しいなと思います。   実証実験の詳しいリリース情報はこちらです。この二つのソリューションだけでなく、第三弾もあるのでお楽しみに。荻窪&吉祥寺方面にお立ち寄りの方は是非見てみてください。 「Bookkey」 期間:2017年4月25日(火)~5月7日(日) 場所:文禄堂荻窪店(東京都杉並区荻窪 5-30-6 福村産業ビル1F) https://www.nippan.co.jp/news/hackathon_bookkey/ 「POPSTAR」 期間:2017年5月1日(月)~7日(日) 場所:パルコブックセンター吉祥寺店(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1) https://www.nippan.co.jp/news/hackathon_popstar/ では、みなさんよいゴールデンウィークを!


【 Microsoft Innovation Award 2017 】最終審査会に出場するファイナリストが決定!!

今回、総勢100組を超える応募の中から40チームのソリューションが2次審査に進みました。 そして、2週間に及ぶ2次審査の面接プロセスを経て、本日、とうとうファイナリスト発表です。 ■ AlpacaDB Inc. https://www.alpaca.ai/ja/ Fintech領域の常識を変える人工知能 ■ AMATELUS Inc. https://amatelusinc.amebaownd.com/ 360°動画の常識を変えるソリューション ■ CBcloud株式会社 http://cb-cloud.com/ 物流業界に関連する新規サービス ■ HoloEyes株式会社 http://holoeyes.jp/ 医者のオペの常識を覆すソリューション ■ MacroSpace Inc. http://macros-pace.com/ 遠隔臨場感、Telexistence を作るスタートアップ ■ WIM studio(ロイヤルカレッジオブアート N/A モーションラーニングを活用した人口筋肉スーツ ■ 株式会社 ikemu Japan https://ikemu.co.jp/ デジタル広告を楽しくするゲーミフィケーション ■ 株式会社ウィンクル http://vinclu.me/ 好きなキャラクターと一緒に生活できるソリューション ■ 株式会社オルターブース https://www.alterbooth.com/ 健康と食文化を変えるフードテック ■ 株式会社タグキャスト http://tagcast.jp/ 今回、新規ソリューションを持ち込むInnovation Award 常連企業。 ■ 株式会社ノーチラス・テクノロジーズ http://www.nautilus-technologies.com/ 圧倒的パフォーマンスの分散処理コンピューティング ■ 株式会社バカン http://www.vacancorp.com/ 店舗における待ち時間をなくすソリューション ■ 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/ 今回、大企業、イントレプレナーシップ代表イノベーション   ご応募いただきました、起業家、研究者、個人エンジニアの皆さま、本当にレベルが高いチームでした。皆さまが Microsoft Innovation Award…


Microsoft Innovation Day 2017 準備の中間報告1

Microsoft Innovation Day 2017 準備の中間報告 Microsoft Innovation Day 2017 ももうあと1ヶ月程度です。そんなイベント初めて聞くよ!という方はぜひフェイスブックイベントサイトとをご参考にしてください。 ここでは私の準備状況を少し共有してそこから思うところを書き溜めておきます。 増渕はおもに、午後のプログラム、特に、Innovation Award 2017 を担当していまして、現在、出場者の選定プロセスをガリガリやってます。(もう一つの Imagine Cupは他スタッフが頑張っています) 準備作業の概況 Innovation Award は、Innovation Day の後半に行われるスタートアップ、エンジニア、大企業の新規事業、など、主に社会人を対象としたイベントです。今年は10年目になるのですが、毎年レベルがあがっています。特にファイナリストになるとかなりレベル高い大会だとご好評をいただいまして、その理由は、通常のスタートアップイベントと違い、(起業家をみる)VC目線ではなく、プロダクトそのもの、アプリやサービスのみを評価しているためだとおもいます。 さてさて、今年のご応募の状況ですが、現在、一次審査(書類審査)を終えて、二次審査に進んでおり、二次審査の5合目、という段階です。 一次審査での手ごたえとしては、品質も数も増加しました。正直、優秀な参加者が多く集まるのは嬉しい反面、審査作業においてはリソース不足(ぱつってきてます)。   いい大人がネット上で「おれ忙しい!」アピールは見苦しいことなのですが、    >>>> いまが一番忙しい!! <<<<   来年はほんとうに死んでしまうかもな気がしています❗️😵 #多忙の向こう側 #嬉しい悲鳴 #見苦しいことを書いてすみません   応募されたスタートアップ、学生、エンジニア、企業の新規事業の皆さん、本当にありがとうございます。毎晩、しっかりとご評価させていただいています。この忙しい状況は本当にありがたいことです。   なぜこのイベントのレベルが高いのか? じつはここ2年くらいスタートアップ支援の戦略を少しづつ変えておりまして、その手ごたえなのかなーと。密かに思っています。ごめんなさい、自慢です。今回謝ってばかりです。 去年参加いただいた方はご存知だと思いますが、この2年くらい毎年レベルアップしています。実際に2016ファイナリストの多くの企業が、1年以内に調達に成功したり、IPOを達成しています。なにもInnovation Award のおかげ、というつもりは毛頭ないのですが、それくらいいい企業やいいチームが集まっているわけです。   盛り上がりの理由はというと・・・?   1つは、自分が前に出ること(登壇とか)を減らして、起業家が目立つこと起業家のメリットだけを最大化するようにしたこと。これはスタートアップ市場第1位の人気企業であるAWSにいらっしゃる、某先輩の動きがまさにそうだったので、いいなと思って真似しています。結果、司会やファシリテーター業が増えました。   2番目に、ビジネス開発ドリブンから、マーケティングドリブンに変えたことです。いまは戦略はチームで考えるようになりました。(ようは脱属人化して、マーケティング人員強化) その結果、Innovation Award の応募に対して、参加企業数がかなり増えています。   3番目は、従来のデベロッパーリレーションの部署らしく、コミュニティとお付き合いを大切にしていること。シードのコミュニティ、シード技術すらない起業家に興味が有るレベルのハッカソンやスタートアップウィークエンド、学校系ブートキャンプ。 このあたりは以前、馬田さんがやっていたことに近しいと勝手に思って真似てます。特にIoTソリューションは自社技術だけでトレンドつかめないので外にいる方が情報を掴みやすいです。(技術エバンジェリストとしては自社技術だけに集中できないという課題がでてきて今後解消していきたいところ)   4番目、さいごの1つは、やはりスタートアップ市場No.1のAWSさんの強い領域(ウェブ系スタートアップ、アプリ、ソーシャル系)の優先度下げて、研究者などやや渋めのところを優先度を置いています。クラウドコンピューティング業界では世界第2位とはいえ、スタートアップ支援ではニッチ戦略をとったわけですね。なぜかというと、資金が潤沢ではないフェーズでベンダーのシェア争いを優先したりインフラの乗り換えを強いるような営業みたいなことをしたくないからです。起業家さんにとっての不利益を避ける。  …