明日につながる現場力が身につく「de:code ハッカソン!」@ Hackdays


みなさま、こんにちは。

今回は、Hackathon(ハッカソン)についてのお話です。

以前、de:code 2017「Hack days」(Day3, 4)  についてご案内をさせていただきたましたが、「Hack days」内のプログラムである「Hackathon(ハッカソン)」について、より詳細を知りたい、とのご意見を頂いたので、こちらでご案内したいと思います。

そもそも、Hackathonとは何でしょうか。Wikipedia には、以下のような説明がありました。

----------------------------------------

ハッカソン(Wikipedia) ハッカソン(英語: hackathon 、別名:hack day ,hackfest ,codefest )とはソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、ユーザインタフェース設計者、プロジェクトマネージャらが集中的に作業をするソフトウェア関連プロジェクトのイベントである。個人ごとに作業する場合、班ごとに作業する場合、全体で一つの目標に作業する場合などがある。時にはハードウェアコンポーネントを扱うこともある。

----------------------------------------

今回の de:code の Day3,4 に Hackason を企画している理由は、de:code の 2 日間で学んで頂いた技術力を単なる知識で終わらせるのではなく、実践でビジネスに生かしていただくために、その後の Hack days を企画いたしました。

ハッカソンの意義は、ハックすることにあるのではなく、各グループのみんなで「ああだこうだ」と話をし、アイディアを出し合いながらアプリケーションを作成したり、グループで行うことで、テーマ技術に対する面白い発見や気づきをもらえたり、抱えていた悩みが解消したり、と一緒に行うことのメリットがあります。

このようにみんなで考えたものが、革新的なサービスやアプリケーションを開発するためのの新たなプロジェクトの誕生につながったりすることも考えられます。

単なるアウトプットの場ではなく、技術者一人一人が、業務場面以外のこのような場所でプラクティスを行うことで、みなさんの発想力や解決力を醸成されますし、デジタルトランスフォーメーションを推進していく企業・社会にとっても皆様の成長は非常に重要なものなのです。

この de:code week では、知識の吸収から、アウトプットする力の吸収まで、ぜひご活用ください。

stb13_jason_12

stb13_ken_08

 

 

 

 

 

 

------------------------------------------------

Hackason 詳細@ de:code 2017「Hack days」(Day3, 4) 

目的と概要

皆さんが会社に持ち帰ることのできるデモンストレーションをこの2日間で完成させることを目標にします。ご自身で開発を進めていただくため、アプリケーションの開発経験をお持ちの方を対象としております 。de:code のスピーカー達もサポートをさせていただきます。登録される際に上記 3 テーマのうちご興味のある内容をお選びください。また、そちらのテーマで取り組みたいアイデアを事前に考えてきてください。当日、全てのアイデアから取り組みたいものに投票いただき上位のアイデアを残したうえで、好きなアイデアを選んだ人同士で自由にチームを組んでいただきます。そのためもちろん一人での参加も可能です。

テーマ

  • Microsoft AI API Bot Framework を組み合わせた Bot 開発
  • Xamarin Azure を活用したモバイルアプリ開発
  • IoT Development with Azure Services

進め方

チーム編成が決まった段階から2日間デモンストレーションの完成を目標にひたすら開発に没頭していただきます。

現段階では最大 20 チーム (1 チーム最大 5 名まで = 最大 100 )を想定しております。テーマは以下の3テーマで企画しておりますが、大枠から逸れなければチームとしてどんな新技術に挑戦いただいてもかまいません。Hackathon での2日間で実際に各技術を触る中で、実問題にぶつかりながら解決していくことで、Hands-on 以上に深い技術力を身に着けること、また同じチームの方と共同開発し、情報交換をしながら開発を進めていくことで効率よく技術力を身に着けることが期待できます。1 日目、2 日目共に学びの共有を目的として、各チーム毎に発表の時間を設けさせていただきます。また1日目の夜には、Hackathon 参加者限定で懇親会を企画させていただいております。担当エバンジェリストもそのまま参加させていただきますし、技術者同士の最新技術情報の交換やコネクションの場としてご活用ください。

お楽しみも!

Hackason プログラムでは、最後懇親会を予定しています。

あくまで実案件につながる深い技術力を身に着けることを目的とした Hackathon ではありますが、画期的なアイデアを形にして素晴らしいデモを完成させたチームには会場の皆様の投票に基づいて2日目の最後に簡単な景品と共に表彰をさせていただくことを予定しております。

※Hackathon側で企画されている懇親会はHackathon参加者限定になっており、Hands-on参加者の方はご参加いただけません。

日時/会場

  • 5 月 25 () 10:00 20:15 (懇親会含む) [受付開始 9:30 予定]
  • 5 月 26 () 10:00 16:30          [受付開始 9:30 予定]

日本マイクロソフト品川本社
108-0075  東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー 31F

------------------------------------------------

ただ技術を触った、サービスを動かしただけではない、経験に基づく確かな実力を身に着けたい、そんな方はぜひともこちらのHackathon にご参加ください。

 

de:code 当日まであと 20 日!

会場でお会いできるのを楽しみにしています!

————————————————————————–——–———–———-

参加申し込み受付中!2017 年 5 月 12 日(金)まで

entry

————————————————————————–——–———–———

Follow us !

————————————————————————–——–———–———-

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Comments (0)

Skip to main content