Silverlight 4 SDK/Tools 正式版が公開されました

 先週からになりますが、 Silverlight4 SDK および Visual Studio 2010 用の開発アドインが公開されました。 これらをインストールしていただくことで、Silverlight4 Runtime を活用したRIA開発およびデスクトップアプリケーションの開発が可能になります。 ダウンロードサイトは以下の通りです。 Silverilght 4 SDK 日本語版 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=55b44da3-e5de-4d2a-8eaf-1155ca6b3207&displaylang=ja  Silverlight 4 Tools 日本語版 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=eff8a0da-0a4d-48e8-8366-6ddf2ecad801&displaylang=ja また、Silverlight 4のオンライン ドキュメントが、MSDN ライブラリにて公開されました。 URLは以下のとおりです。   Silverlight 4 オンライン ドキュメント (MSDN ライブラリ) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc838158(VS.95).aspx    なお、Visual Studio 2010 や Visual Web Developer 2010 を使用して Silverlight4 アプリケーションの開発をされる場合には、Silverlight4 Tools の方のみをダウンロードしてインストールしていただけば、 SDK も同時にインストールされます。 また、Visual Studio 2010 はもともと Silverlight3  アプリケーションを開発するための環境が入っていますが、本Toolsをインストールすることで、Silverlight3 も Silverlight4 も、両方カバーすることができるようになります。…

0

Silverlight 4 Runtime がリリースされました

  本日、Silverlight4 のRuntimeがリリースされました。  Silverlight4 は、より実用性を重視した機能強化がなされており、またパフォーマンスの面でも起動時間が約30%向上し、実行速度はほぼ倍のスピードになっています。    Silverlight3からの機能強化点は多岐に渡るのでここに書きつくすのは困難なのですが、主な強化点のみを列挙します。 –       レポートやドキュメントの印刷をサポートしたAPIを搭載しました。 –       Rich Textbox のサポートにより、Silverlight4のアプリケーション上でハイパーリンクやイメージなども含めたリッチなコンテンツ編集が可能になりました。 –       データグリッドを強化し、列の並べ替え、サイズ変更、行のコピー&ペーストをサポートしました。 –       DRMによるセキュリティが強化され、オンラインのみならずオフラインのシナリオにおいてもAES暗号化またはWindows Media DRMを用いたコンテンツ保護が可能です。 –       Silverlightアプリケーション内でのCopy&Paste、Drag&Dropといった典型的な操作および、右クリック・マウスホイールなどの操作の機能を実装することが可能です。 –       正式に Google Chrome ブラウザーをサポートしました。 –       多言語対応を強化し、双方向テキストや、アラビア語などの複雑なスクリプトを含む、30言語を新たにサポートしました。 –       ブラウザー外実行のSilverlight4アプリケーションは、そのアプリケーション内でHTMLを扱うことができます。 –       Silverlight 4 の信頼されたアプリケーションは、ローカル上のファイルへのアクセスが可能です。 –       Silverlight 4 の信頼されたアプリケーションは、COMインターフェイスを通して、Office製品などや周辺機器などと連携することが可能です。 –       Silverlight 4 の信頼されたアプリケーションは、クロスドメイン間の通信がより容易に実現できます。 –       以前のバージョンのSilverlight との互換性も可能な限り維持されていますが、互換性に影響するような変更が必要な場合、Quirksモードを使用することで以前の動作をサポートするモードで動作させることができます。   Silverlight4をインストールするには、こちらのWebページへ行っていただきますと、もしも現在Silverlight3などの過去のバージョンがインストールされている場合には以下のようなダイアログが表示されるので、それにしたがってアップデートします。      また、Silverlight Runtimeがインストールされていないマシンでは以下のように表示されるので、バナーをクリックしてインストールします。      また、開発者の方はSilverlight4 Developer Runtimeをインストールされることをお勧めします。Silverlight4の開発ツール自体の日本語版は今日の時点ではリリースされていませんが、後日リリースされる予定です。開発ツールを使ってデバッグなどをする際に、Developer Runtimeを使用すればより効率よくデバッグなどができます。 …

0

Visual Studio 2010 Beta 2 セットアップ時の Silverlight 3 SDK とのバージョン不整合について

出典はこちらです: Visual Studio 2010 and Silverlight 3 SDK [問題] Visual Studio 2010 Beta 2 をインストールするマシンに、すでに Silverlight 3 SDK がインストールされていると、Visual Studio 2010 Beta 2 のセットアップの途中でSilverlight SDK のインストールがエラーになることがあります。 [原因] Silverlight 3 Tools for Visual Studio 2008 または Expression Blend 3 をインストールすると、Silverlight 3 SDK ビルド 3.0.40624 がインストールされます。一方 Visual Studio 2010 Beta 2 は、より新しい Silverlight 3 SDK ビルド 3.0.40818 をインストールしようとします。…

0

Silverlight 3 SDK および Visual Studio 2008 SP1 用 Silverlight 3 Tools 日本語版をリリースしました

先日紹介しましたSilverlight 3 のRuntime に対応する開発ツールとして、 Silverlight 3 SDK および Visual Studio 2008 SP1 用 Silverlight 3 Tools 日本語版をリリースしました。   Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft® Silverlight™ 3 Tools http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=9442b0f2-7465-417a-88f3-5e7b5409e9dd   Microsoft® Silverlight™ 3 SDK http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=2050e580-f1d5-4040-bb09-e6185591b6b5   Silverlight3 SDK には、オンラインドキュメントやサンプルをはじめ、開発で使用するライブラリやコマンドラインツールなどが含まれています。   Visual Studio 2008 SP1 用 Silverlight 3 Tools には、Silverlight3 SDK に加えて、 Visual Studio 2008 SP1 上で…

0

Silverlight3 Runtime をリリースしました

 日本時間の7月11日(土)に、 Silverlight 3 のRuntime がリリースされました。   今回のメジャーアップデートでは、これまでの動画配信機能やリッチなWeb UI の構築機能をさらに強化しただけに留まらず、ビジネスアプリケーションの基盤として Silverlight を活用したり、より実用的でかつ視認性の高い RIA 開発をサポートしたりと、大幅な進化を遂げています。   したがって、Web  アプリケーションを活用されれるエンドユーザーの方々にはもちろんのこと、ぜひ開発者の方々にも今回の Silverlight3 を体験していただき、間もなくリリースされる予定の日本語版の開発ツールを使ってリッチでかつ実用性の高いRIA を開発していただければ幸いです。     さて、Silverlight 3 の特徴ですが、開発者の視点から見た場合、特に目立つのは大量に追加されたコントロール群だと思います。   Silverlight 3 では60以上のコントロールを搭載しており、データグリッドやグラフ、ツリービューやレイアウトコントロールなど、実用的なコントロールが豊富に用意されています。     また、ブラウザ外でSilverlight 3 のアプリケーションを駆動させることができることも、大きな特徴の一つです。   デスクトップにショートカットを作成して直接 そのアプリケーションを起動したり、スタートメニューに登録されたメニューから起動したりといった、通常のデスクトップアプリケーションとほとんど同様の扱いが可能になります。   もちろん、そのアプリケーションを起動すると自動的に Web ブラウザが立ち上がるということもありません。     Silverlight 3 Runtime のインストールは非常に簡単です。   まず、従来の Silverlight2 Runtime がすでにインストールされている場合には、コントロールパネルのプログラムと機能 (Windows XP の場合はアプリケーションの追加と削除)から Silverlight…

0

Silverlight 2 GDR 1 がリリースされました

  Silverlight 2 GDR 1 は、Silverlight 2 ランタイムのマイナー アップデート(バグ修正のみ)で、バージョン番号は 2.0.40115.0 になります。機能のアップデートはありません。   この GDR では、Silverlight でローカライズされていない言語の Windows で起きる IncreaseQuotaTo メソッドに関する問題、Silverlight とウィルス検出ソフトの相互作用によっておきる問題、UI Automation (UIA) に関する問題、Mac 上で Arial フォントと Verdana フォントが削除された場合におきる問題、などが修正されています。   以下からインストールしていただけます。   ユーザー ランタイム http://www.microsoft.com/silverlight/resources/install.aspx http://www.microsoft.com/japan/silverlight/resources/install.aspx http://msdn.microsoft.com/ja-jp/silverlight/bb187452.aspx  ディベロッパー ランタイム http://www.microsoft.com/silverlight/resources/tools.aspx  

3

Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft Silverlight Tools (正式版) をリリースしました。

    先月の6日に RC0 版の Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft Silverlight Tools をリリースしましたが、本日それに対応する正式版をリリースしました。   以下のURLからダウンロードできます。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c22d6a7b-546f-4407-8ef6-d60c8ee221ed&displaylang=ja     今回の正式版 Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft Silverlight Tools の最も大きな特徴は、添付の開発ドキュメントが日本語化されたこと、および Visual Studio のエディタ中で使用される  Intellisense が Silverlight 用の部分については日本語化されたことです。      ドキュメント・Intellisene以外にも、ソフトウェア本体にも若干の修正がほどこされています。RC0版の Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft Silverlight Tools をお使いの方は、早めに正式版へのアップデートをしていただけますようお願いします。(RC0版を使用して開発されたSilverlight アプリケーションを リビルドしたり再配置したりする必要はありません。)   RC0版から正式版へのアップデートの際には、正式版をダウンロードして実行すればアップデートされます。     また、Visual Studio…

0

Silverlight 2を公開しました

お待たせいたしました。10/14(日本時間)、Silverlight 2 ランタイム正式版を公開いたしました。6月にリリースしたベータ版をご利用になっている方は、ぜひこちらをダウンロードしてお使いください。http://www.microsoft.com/silverlight から入手可能です。 尚、正式版をインストールする前に、必ずベータ版をアンインストールしてください。   10/10に開催した弊社イベントMIX—Silverlight Day では、各種セッションやデモンストレーションを通じてSilverlight 2の機能をご紹介させていただきました。会場に足を運んでくださった方も多数いらっしゃるかと思いますが、お越しになれなかった方のために、ここで Silverlight 2 の新機能について簡単にご紹介させていただきます。     Silverlight 2 の新機能   ● デジタル著作権管理(DRM)機能のサポート 次世代 DRM 技術、Microsoft PlayReady (TM) を基盤とし、Silverlight におけるデジタル著作権管理を行う Silverlight DRM を実装しました。 Yahoo Japan 運営の Major.jp(http://mlb.yahoo.co.jp/streaming/) は、Silverlight DRMを用いた世界初のサイトです。 ● Deep Zoom Deep Zoomとは、巨大な画像を高速に表示しインタラクティブに操作するテクノロジーです。 ハードロックカフェの記念サイト(http://memorabilia.hardrock.com/)では、Deep Zoom の実際例をたくさん見ていただくことができます(閲覧には Silverlight 2  のインストールが必要です)。 ● .NET Framework との互換性と基盤クラスライブラリのサポート .NET Framework との互換性を有し、データアクセス機能、ローカルデータキャッシングおよびストレージ、インプット・アウトプット(IO)パフォーマンスなどが提供されています。 ● 各種コントロールのサポート データグリッド、リストボックス、スライダー、カレンダーなど標準で40種類以上のコントロールを装備しています。 ● ネットワーク処理 標準でREST、WS*/SOAP、POX、RSS、および標準的な…

0

Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft Silverlight Tools (RC0) をリリースしました。

   今年の6月に Beta2 バージョンのRuntimeおよび開発ツールが公開された Silverlight2 ですが、いよいよ今月(10月)の下旬に、正式版のSilverlight2 ランタイムがリリースされます。   この正式版の Silverlight2 ランタイム上で動作する Web アプリケーションをいち早く開発していただき、来たる正式版のリリース時にあわせて公開していただくために、今回 Silverlight2 の開発ツールの RC0 (Release Candidate 0 )バージョンを公開しました。   http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c22d6a7b-546f-4407-8ef6-d60c8ee221ed&DisplayLang=ja     このインストールパッケージには Visual Studio 2008 SP1 用の開発アドインツール、SDK、開発者向けランタイムの RC0 バージョンのものが含まれています。   したがって、このインストールパッケージをインストールすることで、Silverlight2 正式版の開発に必要なものがまとめてインストールされます。(予め Visual Studio 2008 SP1 がインストールされている環境が必要です。)   また、この RC0 版では参照用のヘルプドキュメントおよび Visual Studio エディタ中で使用される Intellisense は英語のものになります。正式版の Tools では日本語化される予定です。正式版の Tools の日本語版は11月上旬にリリースされる予定です。    …

0

Silverlight2 Beta2 オンラインドキュメント 日本語正規版 を公開しました

Silverlight2 Beta2 日本語版の正式なドキュメントをオンラインで公開しましたのでお知らせします。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa155110.aspx   このアップデート版では、Beta2で新たに追加された新機能に関するドキュメントや、Beta1からの変更点の要約などを含んでおり、Silverlight2 の開発をする上で役立つと思われる情報が多数含まれています。 もちろん、Beta2 からの注目の新機能の一つである Deep Zoom などに関しても日本語で情報を提供しています。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc645050(VS.95).aspx ぜひ、これらのドキュメントを活用していただき、皆様の Silverlight2 アプリケーションの開発の手助けになれば幸いです。  

0