Silverlight 4 SDK/Tools 正式版が公開されました

 先週からになりますが、 Silverlight4 SDK および Visual Studio 2010 用の開発アドインが公開されました。 これらをインストールしていただくことで、Silverlight4 Runtime を活用したRIA開発およびデスクトップアプリケーションの開発が可能になります。 ダウンロードサイトは以下の通りです。 Silverilght 4 SDK 日本語版 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=55b44da3-e5de-4d2a-8eaf-1155ca6b3207&displaylang=ja  Silverlight 4 Tools 日本語版 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=eff8a0da-0a4d-48e8-8366-6ddf2ecad801&displaylang=ja また、Silverlight 4のオンライン ドキュメントが、MSDN ライブラリにて公開されました。 URLは以下のとおりです。   Silverlight 4 オンライン ドキュメント (MSDN ライブラリ) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc838158(VS.95).aspx    なお、Visual Studio 2010 や Visual Web Developer 2010 を使用して Silverlight4 アプリケーションの開発をされる場合には、Silverlight4 Tools の方のみをダウンロードしてインストールしていただけば、 SDK も同時にインストールされます。 また、Visual Studio 2010 はもともと Silverlight3  アプリケーションを開発するための環境が入っていますが、本Toolsをインストールすることで、Silverlight3 も Silverlight4 も、両方カバーすることができるようになります。…

0

Small Basic 0.9 がリリースされました

 前回のリリースから大幅に機能強化を施して、Small Basic の最新バージョンである 0.9 がリリースされました。  今回の強化ポイントは、第一にパフォーマンスが大幅に高くなったことです。 実行中のループ速度等が、前のバージョンに比べて最大で4倍まで高速化されることが期待できます。  また、目立つ機能としてはボタンコントロールおよびテキストボックスコントロールなど、コントロールを追加できるようになりました。 従来から要望の多かった、テキストオブジェクトのアニメーションやズームインズームアウト機能や、Quick Basicのような手軽なミュージック再生機能など、非常に機能が豊富な言語になりました。  ぜひ、この大幅に強化された Small Basic 0.9 をダウンロードして、お試しください。 http://msdn.microsoft.com/en-us/beginner/ff423682.aspx  なお、詳しい紹介やインストールの流れなどについてはこちらのブログでも紹介させていただいているので、併せてご覧ください。 

0