Visual Studio 2010 日本語 製品版をダウンロードセンターで一般公開しました!

  本日、Visual Studio 2010 日本語版 、.NET Framework4 Language Pack 日本語版、 Team Foundation server 2010 日本語版、 Test Professional 2010 日本語版 をはじめとする Visual Studio 2010ファミリー製品を、ダウンロードセンターにて公開しました。  今後は、MSDNサブスクライバーのお客様だけではなく、すべてのお客様に Visual Studio 2010 を実際にお使いいただくことができます。    公開した製品およびダウンロードページは以下の通りです。  ※本日すでに公開開始しましたが、インターネット上で完全に反映されるまでには若干時間がかかるものと思われます。 SKU Download page Visual Studio 2010 RTM – Ultimate Trial (ISO) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=06a32b1c-80e9-41df-ba0c-79d56cb823f7&displaylang=ja Visual Studio 2010 RTM – Ultimate Trial (Web) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e2a1a098-995e-4468-816d-7fdbe0a64f38&displaylang=ja Visual Studio 2010…

0

Visual Studio 2010 日本語版 の製品版がリリースされました!

  ついにこのアナウンスをここに書くことができる日がやってきました。  本日、Visual Studio 2010 日本語版、.NET Framework4 LanguagePack 日本語版、 Team Foundation Server 2010 日本語版、 Test Professional 日本語版をはじめとする最新の開発製品をMSDN サブスクライバ様向けにリリースしました。    今回リリースされた製品は以下の通りです。 SKU Visual Studio 2010 Ultimate (x86) – DVD (日本語版) Visual Studio 2010 Premium (x86) – DVD (日本語版) Visual Studio 2010 Professional (x86) – DVD (日本語版) Visual Studio Team Foundation Server 2010 (x86 and x64) – DVD…

0

Visual Studio のフィードバックに関するトピックを公開しました

製品ページにもあるように、Visual Studio 2010 日本語製品版のダウンロード提供が明日4/21から始まります。 それに先立ち、Microsoft Connect サイトを使って日本で展開している、Visual Studio のフィードバックについての紹介記事を、本日公開しました。マイクロソフトの MVP の方々を交えての対談形式になっています。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2010/community/mvp_interview.aspx 開始してから 2 年あまりが経つサービスですが、日本では今まで大きな宣伝もせずにこじんまりと運営してきました。 それでも Visual Studio 2010 との関連で言えば、ざっくり言って100件前後の日本のお客様のフィードバックが、ここを通して製品に採用された計算になります。 Visual Studio 2008 の製品開発中には、まだこのようなサービスが開始されていなかったので、Visual Studio 2010 は、その開発期間全体を通して皆様からのフィードバックを受け取っていた、初めてのバージョンということもできます。 Visual Studio のフィードバックがどういうものか、まだご存知ない方は是非上のリンクをクリックしてみて下さい。また知っている、使ったことがあるという皆様にも、きっと新たな発見があると思います。ぜひご覧になってください。

0

Silverlight 4 Runtime がリリースされました

  本日、Silverlight4 のRuntimeがリリースされました。  Silverlight4 は、より実用性を重視した機能強化がなされており、またパフォーマンスの面でも起動時間が約30%向上し、実行速度はほぼ倍のスピードになっています。    Silverlight3からの機能強化点は多岐に渡るのでここに書きつくすのは困難なのですが、主な強化点のみを列挙します。 –       レポートやドキュメントの印刷をサポートしたAPIを搭載しました。 –       Rich Textbox のサポートにより、Silverlight4のアプリケーション上でハイパーリンクやイメージなども含めたリッチなコンテンツ編集が可能になりました。 –       データグリッドを強化し、列の並べ替え、サイズ変更、行のコピー&ペーストをサポートしました。 –       DRMによるセキュリティが強化され、オンラインのみならずオフラインのシナリオにおいてもAES暗号化またはWindows Media DRMを用いたコンテンツ保護が可能です。 –       Silverlightアプリケーション内でのCopy&Paste、Drag&Dropといった典型的な操作および、右クリック・マウスホイールなどの操作の機能を実装することが可能です。 –       正式に Google Chrome ブラウザーをサポートしました。 –       多言語対応を強化し、双方向テキストや、アラビア語などの複雑なスクリプトを含む、30言語を新たにサポートしました。 –       ブラウザー外実行のSilverlight4アプリケーションは、そのアプリケーション内でHTMLを扱うことができます。 –       Silverlight 4 の信頼されたアプリケーションは、ローカル上のファイルへのアクセスが可能です。 –       Silverlight 4 の信頼されたアプリケーションは、COMインターフェイスを通して、Office製品などや周辺機器などと連携することが可能です。 –       Silverlight 4 の信頼されたアプリケーションは、クロスドメイン間の通信がより容易に実現できます。 –       以前のバージョンのSilverlight との互換性も可能な限り維持されていますが、互換性に影響するような変更が必要な場合、Quirksモードを使用することで以前の動作をサポートするモードで動作させることができます。   Silverlight4をインストールするには、こちらのWebページへ行っていただきますと、もしも現在Silverlight3などの過去のバージョンがインストールされている場合には以下のようなダイアログが表示されるので、それにしたがってアップデートします。      また、Silverlight Runtimeがインストールされていないマシンでは以下のように表示されるので、バナーをクリックしてインストールします。      また、開発者の方はSilverlight4 Developer Runtimeをインストールされることをお勧めします。Silverlight4の開発ツール自体の日本語版は今日の時点ではリリースされていませんが、後日リリースされる予定です。開発ツールを使ってデバッグなどをする際に、Developer Runtimeを使用すればより効率よくデバッグなどができます。 …

0

英語版の Visual Studio 2010 製品版がリリースされました。

本日、Visual Studio 2010 英語版の製品版がリリースされました。MSDNサブスクライバーのお客様は、製品版のVisual Studio 2010および関連製品(英語版)を今日からダウンロードしてご利用いただくことが可能です。また、一般のダウンロードセンターにも、トライアル版のVisual Studio 2010および関連製品(英語版)が公開されています。日本語版の方も近日中に公開されます。日本語版をお待ちのお客様は、大変申し訳ありませんがもう少しだけお待ちください。 以下は、本日公開された英語版の製品です。 Visual Studio 2010  (x86)  Ultimate版、Premium版、Professional版の3種類があります。Ultimate版がすべての機能を含んだバージョンになります。  ISOによる提供および、Webからインストールする形式での提供の両方が、各3つのバージョンに対して用意されています。 Visual Studio Test Professional 2010 (x86)  Visual Studio Clientの新機能である Microsoft Test Manager 2010 のみをパッケージ化したものです。  ISOによる提供および、Webからインストールする形式での提供の両方が用意されています。 Visual Studio Team Foundation Server 2010 (x86 and x64)   Team Foundation Serverはx86版およびx64版の両方が、ひとつのメディアの中に同梱されています。  ISOによる提供のみとなります。 Visual Studio 2010 Express (x86)  Express版は、VB Express・VC++ Express・VC# Express・Web Dev Expressの4種類があり、単体ではそれぞれWebからインストールする形で提供されています。  また、4つのExpressをすべて含んだCombo版がISOにより提供されています。…

0