Windows SDK for Windows 7 を Visual Studio 2008 SP1 に統合する方法


先日 Windows 7 の製品リリース版に対応する Windows SDK (v7.0) が、ダウンロードセンターより提供開始になりました。



SDK はCPU の種類ごとに X86 版、AMD64 版、Itanium 版の 3 種類が用意されています。


気をつける点としては、Visual Studio がインストールされている環境に SDK (v7.0) をインストールしただけでは、 Visual Studio とSDK (v7.0) が統合されないということです。


Visual Studio 2008 SP1 の場合、通常インストールされ、統合されている SDK は v6.0A です。Visual Studio 2008 SP1 と SDK (v7.0) を統合するにはSDKインストール後に下記のような追加の操作が必要です。


より詳細な説明は Microsoft Windows SDK Blog (英語) に見つけることができます。



Windows SDK Configuration Tool を利用する場合:



  1. [スタート] メニューから、[すべてのプログラム] -> [Microsoft Windows SDK v7.0] -> [Visual Studio Registration] -> [Windows SDK Configuration Tool] の順にクリック。

  2. [ユーザー アカウント制御] のウィンドウが表示される場合は、管理者アカウントでログイン。

  3. [Windows SDK Configuration Tool] が起動したら、[Installed Windows SDK Versions:] のドロップダウンで [v7.0] を指定し、[Make Current] ボタンをクリック。

  4. 次に表示されるメッセージボックスで [OK] ボタンをクリック。

コマンド プロンプトの場合:



  • 下記コマンドを入力して、現在 Visual Studio に統合されている SDK のバージョンを確認します。
    "%ProgramFiles%\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Setup\WindowsSdkVer.exe" -current (Enter)


  • 下記コマンドを入力してSDK (v7.0) を Visual Studio に統合します。
    "%ProgramFiles%\Microsoft SDKs\Windows\v7.0\Setup\WindowsSdkVer.exe" -version:v7.0 (Enter)

 


 


Skip to main content