Visual Studio International Feature Pack 2.0 Beta をリリースいたしました



Visual Studio International Feature Pack 2.0 Beta (Visual Studio インターナショナル機能パック ベータ版) を公開いたしました。ダウンロード サイトより本日からダウンロードすることができます。


製品名を変更いたしましたが、Visual Studio International Pack 1.0 と同一の製品系列で、よみがなや文字セットなど一般的な慣習に即した日本語処理に対応してほしいという皆様の声にお応えするために企画された .NET Framework 用の拡張ライブラリです。


バージョン 2.0 では、日本語処理用に以下のライブラリを提供しています。


 


読み仮名フレームワーク


日本語の特徴である、「表記」と「読み」が一致しない点からくる英語版との差分を埋めるための基本フレームワークを構成し、.NET Framework の技術を使った日本語での利便性を高めるためのクラス ライブラリおよびコントロール群です。


フレームワーク

文字列型を対象に、読み仮名を付ける機能を提供します。また、汎用的なクラスとしてジェネリックを使用したクラスも用意されていますので、読み仮名に限らず、任意のオブジェクトを注釈として文字列に付けることもできますし、文字列でなく任意の列挙可能コレクションに注釈を付けることも可能になっています。


文字列を対象とし、読み仮名をつけるクラスでは、読み仮名付きの文字列として並び替えや比較を行うための Comparer が提供されています。


相互運用性を考慮し Unicode の Interlinear Annotation や JIS X 4052 形式の入力と出力を提供します。


コントロール

以下のコントロールが提供されます。



  • ASP.NET、Windows フォーム、WPF を使った開発者向けに、キーボード入力から読み仮名を取得することのできる TextBox コントロール

  • ASP.NET 開発者向けにルビ表記を使った表示のコントロールを提供

  • 文字列を節に区切るためのエディタ

International Feature Pack 2.0 では、読み仮名フレームワークに加え、以下のライブラリおよびコントロールが提供されます。


 


Chinese Text Alignment クラス ライブラリおよび TextBox コントロール


簡体字中国語の均等割り付けを支援するための Windows フォームと WPF の TextBox コントロール、および簡単に中国語固有の均等割付を用いて文字列を描画できるクラス ライブラリです。


 


Chinese Auto Complete クラス ライブラリおよび TextBox コントロール


簡体字中国語と繁体字中国語のオートコンプリートを支援するための Windows フォームと WPF の TextBox コントロール、および簡単に基本コントロールに IME 入力を考慮したオートコンプリート機能を提供するライブラリです。


 


Korean Auto Complete クラス ライブラリおよび ComboBox コントロール


韓国語のオートコンプリートを支援するための Windows フォームと WPF の ComboBox コントロール、および簡単に基本コントロールに IME 入力を考慮したオートコンプリート機能を提供するライブラリです。


 


Numeric Formatting ライブラリ


5つの言語を対象に、数値データを数字文字列に変換するクラス ライブラリを提供します。2.0 ではアラビア語が対象に加えられました。


 


ご意見、ご感想は、International Pack フォーラムへお願いします。みなさまからの、たくさんのフィードバックをお待ちしております。


マイクロソフト ディベロップメント 株式会社
ディベロッパー製品開発統括部
インターナショナル プログラム マネージメント グループ 一同

Skip to main content