.NET Framework 4.0 Beta1


既に Visual Studio 2010 Beta1 および .NET Framework 4.0 Beta 1 英語版がダウンロードセンターからご利用頂けるようになりました。日本語版も間もなく提供開始される予定です。


英語版の .NET Framework 4.0 Beta1 を既にインストールされた方はお気づきになったかもしれませんが、今までの 3.5 SP1 2.03.0 をインストールする必要があったのに対して、4.0 では、3.5 SP1 に依存性がありません。2.0, 3.0, 3.5 がインストールされていない環境で 4.0 をインストールすることができます。ただし、Visual Studio 2010では、Visual Studio 自身が .NET Framework 3.5 SP1 を必要とするため、3.5 SP1 と4.0 が一緒にインストールされます。


.NET Framework 4.0 Beta1 Client Profile Edition Full Edition の二つが用意されています。Client Profile Edition は、Full Edition のサブセットで、クライアントアプリケーションを実行するのに必要なものだけを抜き出して、サイズを小さくし、Windows Presentation Foundation (WPF) と Windows フォーム アプリケーションの配置を高速化するように設計されています。ただし、Visual Studio 2010 Beta1 では、.NET Framework 4.0 Beta1 のアプリケーションの配置はサポートされておりません。


 


Beta1 の既知の問題として、.NET Framework 1.0 がインストールされた環境には 4.0 Beta1 をインストールすることができません。1.0 をアンインストールしてから 4.0 をインストールする必要があります。ただし、Windows XP Media Center Edition Windows XP Tablet PC Edition には OS の一部として .NET Framework 1.0 が組み込まれており、アンインストールが出来ませんので、.NET Framework 4.0 Beta1 は公式にはこれらのOSはサポートしておりません。 どうしても.NET Framework 4.0 Beta1, Visual Studio 2010 Beta1を、その OS にインストールして試してみたいという方は、公式にはサポートされておりませんが、US 本社の Aaron Stebner 氏のブログにインストール方法が記述されておりますので、そちらをご参照下さい。


 

Skip to main content