F#



F#は、Microsoft Researchが開発した、OCamlObjective Caml)と互換性のある.NETの関数型プログラミング言語です。C#など他の.NET言語も相互に呼び出せ、.NETライブラリにも直接アクセス出来ます。


以下のソーマセガー(本社ディベロッパー製品開発のSenior Vice President)のブログで触れていますが、F#も他の.NET言語同様に、Visual Studioにインテグレートされることになります。



http://blogs.msdn.com/somasegar/archive/2007/10/17/f-a-functional-programming-language.aspx


 最新のF# CompilerF# for Visual Studioが以下の場所からインストール出来ます。この5月にリリースされたVersion 1.9.4で、ダウンロードサイズは17.1MBになります。



http://research.microsoft.com/research/downloads/Details/7ac148a7-149b-4056-aa06-1e6754efd36f/Details.aspx


必要なシステムとしては、Windows 20002003 ServerXPVista、または、Linux。メモリは256MB以上。


Visual Studio 20052008、または、Visual Studio Shellとの併用が推奨されています。


 


実際にインストールしてみると、スタートメニューに Microsoft Research F# 1.9.4.17 が追加され、その下に以下のものが追加されます。




  • F# Interactive (Console)


  • F# Interactive (Visual Studio)


  • F# Manual


  • F# Release Notes


  • F# Samples

 F# Interactive (Console)


コマンドプロンプト上でF# Interactivefsi.exe)が起動されます。


簡単な例として、プロンプト上で以下の1行を実行すると、Windowsフォーム上に“Hello World!”と表示されます。



System.Windows.Forms.MessageBox.Show “Hello World!”;;


 F# Interactive (Visual Studio)


Visual Studio上でのF# Interactiveの使用法が記載されています。


Visual Studio 2008では、ツールメニューのアドインマネージャで、F# Interactive for Visual Studioを選ぶと、F# Interactiveのツールウィンドウが開きます。


 


F# Manual


F#のドキュメント群です。Getting StartedLanguage Specificationなどがあります。


 


F# Release Notes


F#のリリースノートです。インストールに関する注意事項などです。


 


F# Samples


F#のサンプル群です。WindowsフォームやASP.NET 2.0などの、様々なサンプルが用意されています。


 


Visual StudioF# Projectのテンプレートもインストールされます


プロジュクトの新規作成で、その他のプロジュクトの種類を開くと、F# Projects がリストされています。F#に関連する以下のファイルのテンプレートが用意されています。




  • F# Interface File (拡張子 .fsi)


  • F# Lex File (.fsl)


  • F# Script File (.fsx)


  • F# Source File (.fs)


  • F# Yacc File (.fsy)


  • ML/F# Interface File (.mli)


  • ML/F# Source File (.ml)

 興味のある方は、以下の資料なども参考に、一度インストールしてお試し下さい。