Visual Studio 2008 日本語版 ベータ2の日本語環境に対する再頒布可能なコンポーネントについて


先のBlogでも話題になりましたが、Visual Studio 2008 日本語版 ベータ2がリリースされました。


皆様方のなかでもすでに入手し、Visual Studio 2008 ベータ2の機能を体験された方もいらっしゃると思います。


 


前出のBlogにありましたように、Visual Studio 2008 では新機能の追加とともにいくつかの部分がVisual Studio 2005と異なってます。


Visual Studio 2008 日本語版 ベータ2で利用可能な機能については「Microsoft Visual Studio codename "Orcas" の概要」をご覧ください)


今回はVS2008 VS2005での配布形式から変更があったのものをご紹介させていただきます。


 


 


1.    .NET Framework アプリケーションの配置と.NET Framework ランタイム, 言語パックの再頒布


 


VS 2008 では.NET Framework ランタイム実行環境をいくつかのバージョン(.NET Framework v2.0/ v3.5)からアプリケーション別に選択し作成することが可能になりました。


これにともなってアプリケーションを配置する際にも.NET Framework ランタイム、言語パックを必要に応じ選択し再頒布することができます。


 


- .NET Framework v3.5 アプリケーション


実行環境ランタイム(コア)


dotNetFx35setup.exe


 


dotNetFramework\dotNetFX20\


ASPNET.msp


ASPNET_64.msp


clr.msp clr_64.msp


crt.msp crt_64.msp


dw.msp dw_64.msp


Netfx20a_x64.msi


Netfx20a_x86.msi


NetFX_CA.msp


NetFX_Core.msp


NetFX_Core_64.msp


NetFX_Other.msp


NetFX_Other_64.msp


prexp.msp


winforms.msp


winforms_64.msp


 


dotNetFramework\dotNetFX30\


Netfx30a_x64.msi


Netfx30a_x86.msi


RGB9RAST_x64.msi


RGB9RAST_x86.msi


WCF.msp WCF_64.msp


WCS.msp WCS_64.msp


WF.msp


WF_32.msp


WF_64.msp WIC_x64_enu.exe


WIC_x86_enu.exe


WPF1.msp


WPF1_64.msp


WPF2.msp


WPF2_32.msp


WPF2_64.msp


WPF_Other.msp


WPF_Other_32.msp


WPF_Other_64.msp


XPS.msp


XPSEPSC-amd64-en-US.exe


XPSEPSC-x86-en-US.exe


 


dotNetFramework\dotNetFX30\x64\msxml6.msi


dotNetFramework\dotNetFX30\x86\ msxml6.msi


dotNetFramework\dotNetFX35\x64\netfx35_x64.exe


dotNetFramework\dotNetFX35\x86\ netfx35_x86.exe


dotNetFramework\dotNetMSP\x64\ NetFX2.0-KB110806-v6000-x64.msu


dotNetFramework\dotNetMSP\x64\ NetFX3.0-KB929300-v6000-x64.msu


dotNetFramework\dotNetMSP\x86\ NetFX2.0-KB110806-v6000-x86.msu


dotNetFramework\dotNetMSP\x86\ NetFX3.0-KB929300-v6000-x86.msu


 


日本語言語パック


dotNetFramework\dotNetFX35\x86\ dotnetfx35langpack_x86jp.exe (dotnetfx35langpack_x86.exe)


dotNetFramework\dotNetFX35\x64\ dotnetfx35langpack_x64jp.exe (dotnetfx35langpack_x64.exe)


 


- .NET Framework v2.0 アプリケーション


実行環境ランタイム(コア)


Donetfx.exe


 


日本語言語パック


Langpack.exe


 


2.    .NET Compact Framework アプリケーションの配置と.NET Compact Framework 実行環境と日本語言語パック


VS2008では.NET Compact Framework アプリケーションの作成と配置においても前出のデスクトップ用の.NET Framework アプリケーションと同じく複数の実行環境ランタイムから必要に応じてアプリケーションのターゲットを選択することができます。


 


- .NET Compact Framework v3.5 アプリケーション


実行環境ランタイム (日本語版 インストールパッケージ - MSI)


NETCFSetupv35.msi


 


実行環境ランタイム (コア cab):


NETCFv35.wm.armv4i.cab


NETCFv35.ppc.armv4.cab


NETCFv35.wce.x86.cab


NETCFv35.wce.sh4.cab


NETCFv35.wce.mipsiv.cab


NETCFv35.wce.mipsii.cab


NETCFv35.wce.armv4.cab


 


日本語言語パック (Cab)


NETCFv35.Messages.JA.wm.cab


 


- .NET Compact Framework v3.5 アプリケーション


実行環境ランタイム (日本語版 インストールパッケージ - MSI)


NETCFSetupv2.msi


 


実行環境ランタイム (コア cab):


NETCFv2.ppc.armv4.cab


NETCFv2.wm.armv4i.cab


NETCFv2.wce5.sh4.cab


NETCFv2.wce5.mipsii.cab


NETCFv2.wce5.mipsiv.cab


NETCFv2.wce5.armv4i.cab


NETCFv2.wce5.x86.cab


 


日本語言語パック (Cab)


System_SR_JA.CAB


System_SR_JA_wm.cab


 


.NET Compact Framework アプリケーションにSQL Compact edition のデータベース機能を追加し配置する際には上記の.NET Compact Framework 実行環境、日本語言語パックと以下のSQL Compact Edition の実行環境Cabイメージがターゲットデバイスに配置されます。


 


- SQL Compact Edition Cab (コア):


sqlce.ppc.wce4.armv4.CAB


sqlce.repl.ppc.wce4.armv4.CAB


sqlce.phone.wce5.armv4i.CAB


sqlce.repl.phone.wce5.armv4i.CAB


sqlce.ppc.wce5.armv4i.CAB


sqlce.repl.ppc.wce5.armv4i.CAB


 


- SQL Compact Edition 日本語言語パック


sqlce.dev.JA.ppc.wce4.armv4.CAB


sqlce.dev.JA.phone.wce5.armv4i.CAB


sqlce.dev.JA.ppc.wce5.armv4i.CAB


sqlce.dev.JA.wce5.armv4i.CAB


 


 


 


3.    Visual Studio 2008 で新しく追加された再頒布可能なコンポーネント


以下のコンポーネントはVisual Studio 2008から新たに追加された再頒布可能なコンポーネントとなります。


 


- Visual Studio for Office (VSTO) アプリケーション


実行環境ランタイム(コア) -  VSTOR3.exe


日本語言語パック - vstor_lp_ja_30.exe


 


- VB PowerPacks


実行環境ランタイム(日本語版) - VisualBasicPowerPacksSetup.exe


 


- SQL Server Compact Edition


実行環境ランタイム (日本語版)  - SSCERuntime-JPN.msi


 


 


 


Visual Studio 2008 日本語版 ベータ2で再頒布可能なコンポーネントはこちらからダウンロードできるRedist.txtにすべて記載されています。


ローカル フォルダにセットアップされるRedist.txtとこの上記のリンクからダウンロードできるRedist.txtは記載されている内容が異なりますので


再頒布可能なコンポーネントのリストに関しては上記のリンクからダウンロードしたRedist.txtをご参照ください。

Skip to main content