ASP.NET AJAX 1.0 Beta 2 リリース


「これを読んだ方からの指摘により、AJAXの表記を訂正しました。ご指摘いただいた方には感謝いたします。」 


11月にASP.NET AJAX 1.0 Beta 2 (コードネーム Atlas)がリリースされました。


今まではASP.NET "Atlas"とコードネームで呼んでいましたが、現時点での正式名称はASP.NET AJAXに決まりました。
このバージョンは.NET Framework2.0上で動きますが、次期.NET Frameworkにも対応する予定です。
現時点のASP.NET AJAXのバージョン番号は1.0ですが、混乱を防ぐために、今後のASP.NET AJAXのバージョン番号は、.NET Frameworkと同じ物になるかも知れません。
既にTech Ed 2006 YokohamaやWebサイト上にて紹介されていますが、今回はASP.NET AJAXについてご存知ない人に機能について簡単に紹介したいと思います。


AJAXとはAsynchronous JavaScript + XMLの事です。
既存のASP.NETを含めたサーバーサイドスクリプトは、サーバ側にデータや要求を通知した後、処理した結果を得る為にページ全体をロード/リロードする必要がありました。
Windowsアプリケーションのようなネイティブな快適な動作を得る事は基本的には出来ません。
ASP.NET AJAXでは、ページをリロードせず、サーバー側とXML等のデータで非同期通信を行い、ユーザの操作や画面描画などはブラウザのJScriptやCSSを利用します。
ユーザーはサーバの存在を意識しないでしょう。
またASP.NET AJAXは標準のHTMLとCSSを提供するので、クライアントはOSやブラウザに依存しません。
特別なクライアントやActiveX、そしてプラグイン等をインストールしたりダウンロードしたりする必要がありません。
開発においてはAJAXの知識やJavaScriptの知識がまったくなくてもASP.NET AJAXを使う事が出来ます。


次回のASP.NET AJAXを紹介する時には実際の利用方法について簡単に説明したいと思います。



最新版のASP.NET AJAX 1.0 Beta 2はここよりダウンロードして下さい。


http://www.asp.net/ 



ASP.NET AJAX全般、そして英語版のドキュメントは下記サイトより参照出来ます。


http://ajax.asp.net/default.aspx?tabid=47


http://ajax.asp.net/docs/ 



現時点ではASP.NET AJAXの日本語版の正式リリースはありません。日本語の情報もまだあまりないのですが、ここから日本語のReadmeを含んだサンプルのCTP版ドキュメントをダウンロード出来ます。


http://www.microsoft.com/japan/msdn/asp.net/AJAX/docs/default.aspx 

コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。


Comments (0)

Skip to main content