Silverlight 4 SDK/Tools 正式版が公開されました

 先週からになりますが、 Silverlight4 SDK および Visual Studio 2010 用の開発アドインが公開されました。 これらをインストールしていただくことで、Silverlight4 Runtime を活用したRIA開発およびデスクトップアプリケーションの開発が可能になります。 ダウンロードサイトは以下の通りです。 Silverilght 4 SDK 日本語版 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=55b44da3-e5de-4d2a-8eaf-1155ca6b3207&displaylang=ja  Silverlight 4 Tools 日本語版 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=eff8a0da-0a4d-48e8-8366-6ddf2ecad801&displaylang=ja また、Silverlight 4のオンライン ドキュメントが、MSDN ライブラリにて公開されました。 URLは以下のとおりです。   Silverlight 4 オンライン ドキュメント (MSDN ライブラリ) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc838158(VS.95).aspx    なお、Visual Studio 2010 や Visual Web Developer 2010 を使用して Silverlight4 アプリケーションの開発をされる場合には、Silverlight4 Tools の方のみをダウンロードしてインストールしていただけば、 SDK も同時にインストールされます。 また、Visual Studio 2010 はもともと Silverlight3  アプリケーションを開発するための環境が入っていますが、本Toolsをインストールすることで、Silverlight3 も Silverlight4 も、両方カバーすることができるようになります。…

0

Small Basic 0.9 がリリースされました

 前回のリリースから大幅に機能強化を施して、Small Basic の最新バージョンである 0.9 がリリースされました。  今回の強化ポイントは、第一にパフォーマンスが大幅に高くなったことです。 実行中のループ速度等が、前のバージョンに比べて最大で4倍まで高速化されることが期待できます。  また、目立つ機能としてはボタンコントロールおよびテキストボックスコントロールなど、コントロールを追加できるようになりました。 従来から要望の多かった、テキストオブジェクトのアニメーションやズームインズームアウト機能や、Quick Basicのような手軽なミュージック再生機能など、非常に機能が豊富な言語になりました。  ぜひ、この大幅に強化された Small Basic 0.9 をダウンロードして、お試しください。 http://msdn.microsoft.com/en-us/beginner/ff423682.aspx  なお、詳しい紹介やインストールの流れなどについてはこちらのブログでも紹介させていただいているので、併せてご覧ください。 

0

VS フィードバックのツイッターを始めました

 まだ試験運用中ですがhttp://connect.microsoft.com/VisualStudioJapan にいただいた中で、公開可能なフィードバックをツイッターでご紹介しています。 https://twitter.com/vs_jpn_feedback

0

Visual Studio 2010 日本語 製品版をダウンロードセンターで一般公開しました!

  本日、Visual Studio 2010 日本語版 、.NET Framework4 Language Pack 日本語版、 Team Foundation server 2010 日本語版、 Test Professional 2010 日本語版 をはじめとする Visual Studio 2010ファミリー製品を、ダウンロードセンターにて公開しました。  今後は、MSDNサブスクライバーのお客様だけではなく、すべてのお客様に Visual Studio 2010 を実際にお使いいただくことができます。    公開した製品およびダウンロードページは以下の通りです。  ※本日すでに公開開始しましたが、インターネット上で完全に反映されるまでには若干時間がかかるものと思われます。 SKU Download page Visual Studio 2010 RTM – Ultimate Trial (ISO) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=06a32b1c-80e9-41df-ba0c-79d56cb823f7&displaylang=ja Visual Studio 2010 RTM – Ultimate Trial (Web) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e2a1a098-995e-4468-816d-7fdbe0a64f38&displaylang=ja Visual Studio 2010…

0

Visual Studio 2010 日本語版 の製品版がリリースされました!

  ついにこのアナウンスをここに書くことができる日がやってきました。  本日、Visual Studio 2010 日本語版、.NET Framework4 LanguagePack 日本語版、 Team Foundation Server 2010 日本語版、 Test Professional 日本語版をはじめとする最新の開発製品をMSDN サブスクライバ様向けにリリースしました。    今回リリースされた製品は以下の通りです。 SKU Visual Studio 2010 Ultimate (x86) – DVD (日本語版) Visual Studio 2010 Premium (x86) – DVD (日本語版) Visual Studio 2010 Professional (x86) – DVD (日本語版) Visual Studio Team Foundation Server 2010 (x86 and x64) – DVD…

0

Visual Studio のフィードバックに関するトピックを公開しました

製品ページにもあるように、Visual Studio 2010 日本語製品版のダウンロード提供が明日4/21から始まります。 それに先立ち、Microsoft Connect サイトを使って日本で展開している、Visual Studio のフィードバックについての紹介記事を、本日公開しました。マイクロソフトの MVP の方々を交えての対談形式になっています。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2010/community/mvp_interview.aspx 開始してから 2 年あまりが経つサービスですが、日本では今まで大きな宣伝もせずにこじんまりと運営してきました。 それでも Visual Studio 2010 との関連で言えば、ざっくり言って100件前後の日本のお客様のフィードバックが、ここを通して製品に採用された計算になります。 Visual Studio 2008 の製品開発中には、まだこのようなサービスが開始されていなかったので、Visual Studio 2010 は、その開発期間全体を通して皆様からのフィードバックを受け取っていた、初めてのバージョンということもできます。 Visual Studio のフィードバックがどういうものか、まだご存知ない方は是非上のリンクをクリックしてみて下さい。また知っている、使ったことがあるという皆様にも、きっと新たな発見があると思います。ぜひご覧になってください。

0

Silverlight 4 Runtime がリリースされました

  本日、Silverlight4 のRuntimeがリリースされました。  Silverlight4 は、より実用性を重視した機能強化がなされており、またパフォーマンスの面でも起動時間が約30%向上し、実行速度はほぼ倍のスピードになっています。    Silverlight3からの機能強化点は多岐に渡るのでここに書きつくすのは困難なのですが、主な強化点のみを列挙します。 –       レポートやドキュメントの印刷をサポートしたAPIを搭載しました。 –       Rich Textbox のサポートにより、Silverlight4のアプリケーション上でハイパーリンクやイメージなども含めたリッチなコンテンツ編集が可能になりました。 –       データグリッドを強化し、列の並べ替え、サイズ変更、行のコピー&ペーストをサポートしました。 –       DRMによるセキュリティが強化され、オンラインのみならずオフラインのシナリオにおいてもAES暗号化またはWindows Media DRMを用いたコンテンツ保護が可能です。 –       Silverlightアプリケーション内でのCopy&Paste、Drag&Dropといった典型的な操作および、右クリック・マウスホイールなどの操作の機能を実装することが可能です。 –       正式に Google Chrome ブラウザーをサポートしました。 –       多言語対応を強化し、双方向テキストや、アラビア語などの複雑なスクリプトを含む、30言語を新たにサポートしました。 –       ブラウザー外実行のSilverlight4アプリケーションは、そのアプリケーション内でHTMLを扱うことができます。 –       Silverlight 4 の信頼されたアプリケーションは、ローカル上のファイルへのアクセスが可能です。 –       Silverlight 4 の信頼されたアプリケーションは、COMインターフェイスを通して、Office製品などや周辺機器などと連携することが可能です。 –       Silverlight 4 の信頼されたアプリケーションは、クロスドメイン間の通信がより容易に実現できます。 –       以前のバージョンのSilverlight との互換性も可能な限り維持されていますが、互換性に影響するような変更が必要な場合、Quirksモードを使用することで以前の動作をサポートするモードで動作させることができます。   Silverlight4をインストールするには、こちらのWebページへ行っていただきますと、もしも現在Silverlight3などの過去のバージョンがインストールされている場合には以下のようなダイアログが表示されるので、それにしたがってアップデートします。      また、Silverlight Runtimeがインストールされていないマシンでは以下のように表示されるので、バナーをクリックしてインストールします。      また、開発者の方はSilverlight4 Developer Runtimeをインストールされることをお勧めします。Silverlight4の開発ツール自体の日本語版は今日の時点ではリリースされていませんが、後日リリースされる予定です。開発ツールを使ってデバッグなどをする際に、Developer Runtimeを使用すればより効率よくデバッグなどができます。 …

0

英語版の Visual Studio 2010 製品版がリリースされました。

本日、Visual Studio 2010 英語版の製品版がリリースされました。MSDNサブスクライバーのお客様は、製品版のVisual Studio 2010および関連製品(英語版)を今日からダウンロードしてご利用いただくことが可能です。また、一般のダウンロードセンターにも、トライアル版のVisual Studio 2010および関連製品(英語版)が公開されています。日本語版の方も近日中に公開されます。日本語版をお待ちのお客様は、大変申し訳ありませんがもう少しだけお待ちください。 以下は、本日公開された英語版の製品です。 Visual Studio 2010  (x86)  Ultimate版、Premium版、Professional版の3種類があります。Ultimate版がすべての機能を含んだバージョンになります。  ISOによる提供および、Webからインストールする形式での提供の両方が、各3つのバージョンに対して用意されています。 Visual Studio Test Professional 2010 (x86)  Visual Studio Clientの新機能である Microsoft Test Manager 2010 のみをパッケージ化したものです。  ISOによる提供および、Webからインストールする形式での提供の両方が用意されています。 Visual Studio Team Foundation Server 2010 (x86 and x64)   Team Foundation Serverはx86版およびx64版の両方が、ひとつのメディアの中に同梱されています。  ISOによる提供のみとなります。 Visual Studio 2010 Express (x86)  Express版は、VB Express・VC++ Express・VC# Express・Web Dev Expressの4種類があり、単体ではそれぞれWebからインストールする形で提供されています。  また、4つのExpressをすべて含んだCombo版がISOにより提供されています。…

0

日本語UIが追加された Small Basic ver 0.8 がリリースされました

  Small Basic はプログラミングの入門者向け・教育向けに開発された、コンパクトなプログラミングツールです。  今回リリースされた バージョン0.8では、日本語のUIが追加されています。  インストールは非常に簡単で、実際の使用方法もほとんどマニュアルを必要としない手軽さになっています。    このSmall Basicは、IntellisenseがVisual Studio以上に親切にできているため、文法などではっきり覚えていないようなことがあっても、Intellisense上もしくは画面の右側のペインに表示される より詳細な説明やサンプルを参照することができます。    プログラムの入門者の方や教育関係者の方はもちろん、プログラミングに精通されている方も、手軽にゲームなどを書いて息抜きをしたりするのに向いていると思います。  インストールはこちらのページの右側にある「Download Small Basic」ボタンを押すことで、無料で入手できます。    なお、Small Basicの詳細やその他のツールのTipsなどは、今後はこちらのブログでも書いていきたいと思っています。  よろしくお願いします。

0

Visual Studio 2010 Beta 2 を評価いただいた皆さまへ (RC をお試しください!)

本日英語版 MSDN オンラインサイトやブログ等で発表しました通り、Visual Studio 2010 Release Cendidate (RC) のダウンロード提供が、MSDN サブスクリプション会員様向けのサブスクライバー ダウンロードから開始されました。 Visual Studio 2010 Release Candidate のページ (英語) ダウンロードセンターからの一般公開も開始されています。今回ダウンロードできる RC 版製品は多数あります。上記リンクを開いて “Release Candidate Downloads” というセクションをご確認ください。 今回の RC は、その名が示す通り最終製品直前の品質を持ったバージョンです。ただ残念ながら、最終製品版のコードをフィックスするスケジュールとの都合により、英語版のみのリリースとなりましたので、日本語版 RC 提供の予定は現在ありません。 そのため日本語版 Beta 2 を評価いただいた皆さまには、ぜひこの英語版 RC をお試しいただきたいと思います。 セットアップを含め、ユーザー インターフェース、メッセージ等は英語となりますが、日本語 OS へのインストールは可能ですし、フォントや IME 対応等、アプリケーションの開発時、および実行時に日本語を扱うために必要な機能はすべて入っています。英語があまり得意でない方でも、日本語 Beta 2 のセットアップを経験されていれば、インストールは問題なくできると思います。 RC の特徴としては、まず Beta 2 に比較して、全般的に大きく品質向上が図られている点が挙げられます。とりわけ Beta 2 の動作パフォーマンスで多く不満の声をいただいた部分について、集中的に改善を試みています。それによって、事前に一部のお客様に評価いただいた結果も、かなり良好に出ています。 可能であれば、過去に Visual…

0