[Power BI] カスタム ビジュアルの作成方法 R + Plotly 編

powerbi
powerbi

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 大塚 Power BI では組み込みのビジュアルを使用してデータの可視化を簡単に行えるのが一つの利点ですが、 「カスタム ビジュアル」 という機能で簡単にサードパーティ(Microsoft 製含む)のビジュアルや独自のビジュアルを作成、組み込むことが可能です。 この機能によりビジュアル「だけ」作成することはもちろん、R のプロット機能、または R + Plotly のプロット機能を使ったオリジナルの 「アナリティクス+ビジュアル」 を作成して使用することも可能になります。

0

[Power BI] 日本語版と各種言語対応

powerbi
powerbi

Microsoft Japan Business Intelligence Tech Sales Team 伊藤 現在、https://www.powerbi.com から Power BI Desktop をダウンロードしようとすると、英語版になってしまったり、英語以外に切り替えられない現象が発生していますので、日本語版の入手方法をお知らせします。 Power BI Desktop の日本語版はこちらからダウンロード可能です。 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=45331 なお、Windows 10 をお使いなら、Microsoft Store (ストア) から Power BI Desktop をインストールするのがおすすめです。一番のメリットは、毎月最新バージョンをダウンロードしてインストールする手間がなく、自動更新される点です。しかもサポートするすべての言語が含まれているので、冒頭に書いたような問題とは無縁です。ダウンロード (MSI) バージョンと両方をインストールすることはサポートしていないので、ストアからインストールする前に、ダウンロードからインストールしたものはアンインストールしてください。 ストアからのインストールの詳細はこちらをご覧ください。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-bi/desktop-get-the-desktop#install-as-an-app-from-the-windows-store また「Power BI Report Server – 2017年10月」の日本語版はこちらからダウンロード可能です。 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=56137

0

進化した R Server を触ってみよう

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 中川 Revolution Analytics 社を買収し、新たに Microsoft ブランドとして提供をしておりました Microsoft R Server(以降 R Server と称す) ですが、現時点(2017/9/4)での最新バージョンは 9.1 となっています。8.x 系までをご利用になられてた方はご存知かと思いますが、R Server は高速処理にてモデル作成までを行うことができましたが、実際にアプリケーションなどからモデルを使用しようとすると、別途 Deploy R というコンポーネントをインストール・セットアップするなどの手間がかかり、アーキテクチャーや操作性も少し複雑であったかと思います。その問題を解消すべく、9.x 系では DeployR というコンポーネントは廃止され、モデルのデプロイ/API 化までを本体機能に取り込み、セットアップも非常に容易に行えるようになりました。今回はその辺りにフォーカスしてご紹介したいと思います。

0

Apache Spark on Azure をビジネス価値につなげる 8 つのシナリオ(1)

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 阪本 真悟 Apache Spark とは 高速かつ汎用的な並列分散処理エンジンである Apache Spark は、構造化データと非構造化データの両方を扱うことが出来、バッチ アプリケーションやインタラクティブなアルゴリズム、あるいはストリーミングといった幅広い処理をカバーすることが出来ます。 また大容量データを基にした機械学習やデータ マイニングを、複数のコンポーネントを統合したシンプルな API によって実現することが可能なため、ここ最近の機械学習やデータ分析のニーズの高まりを受けて急激に注目を集めています。 現在 Spark のコントリビュータは1,000名近くになり、Apache Software Foundationと世界中のオープン ソースのビッグデータ プロジェクトの中でもっともアクティブなプロジェクトになっています。

0

[Microsoft Tech Summit (11/1-2) ] (DAT011) “HDInsight + Spark + R を活用した機械学習のためのスケーラブルなビッグデータ分析基盤” セッションフォローアップ

  Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team Team しんご    弊社イベント Microsoft Tech Summit(11/1 –11/2) にて実施したセッション「HDInsight + Spark + R を活用した機械学習のためのスケーラブルなビッグデータ分析基盤」の中でいくつかデモを実施させていただきました。このデモは Azure のサブスクリプションをお持ちであれば、ご自身で試していただくことが可能です。 本記事では、評価環境の構築方法や実際のデモスクリプトの実行方法についてご紹介させていただきたいと思います。

0

SQL Server R Services のサンプル デモのご紹介

  Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 坂本 禎尚   SQL Server 2016 では R Services という新たなサービスが仲間入りしました。 R Services の R は統計解析言語として有名なプログラミング言語の R です。SQL Server 2016 では、この R が SQL Server 上で使えるようになります。しかもただ R が使えるだけでなく、Revolution Analytics 社(2015 年 4 月にマイクロソフトが買収完了)が持っていた並列分散処理による大量データ処理の高速化手法を利用することができるようになっていて、オープンソースの R と比較して機能、性能面で大きなアドバンテージを持っています。 こちらの記事でも紹介されていますので、是非ご覧下さい。   この R Services を使ったシナリオ ベースのサンプルが GitHub で公開されています。 https://github.com/Microsoft/SQL-Server-R-Services-Samples     現状、このサンプルの中には…

0