Power BI Desktop 2017年7月の更新

powerbi
powerbi

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤 Power BI には Power BI Service と Power BI Desktop があり、Power BI Desktop の今回 (2017年7月) の更新では次の機能が追加・強化されました。 ※ Power BI Report Server 用の Power BI Desktop には当てはまりません。(が、こちらも 更新版 が出ております。) レポート 新しいテーブルとマトリックスの視覚化の一般提供開始 視覚化におけるフィールド名の変更 カスタム ビジュアル ストアの統合 相対的なデータのフィルター 視覚化におけるレスポンシブ レイアウト (プレビュー) ウォーターフォール 図のオプション  – ブレイクダウン カスタム ビジュアルの更新 分析とモデリング クイック メジャー…

0

Power BI Desktop 2017年6月の更新

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤 Power BI には Power BI Service と Power BI Desktop があり、Power BI Desktop の今回 (2017年6月) の更新では次の機能が追加・強化されました。 ※ Power BI Report Server 用の Power BI Desktop には当てはまりません。 レポート 新しいテーブルとマトリックスにおけるデータ バー (プレビュー) 折れ線、面、複合グラフのマーカー アクセシビリティ レポート キーボード操作による Power BI レポートの利用とスクリーン リーダーのサポート アクセシビリティ レポートの作成 視覚化におけるフォント ファミリの設定 スライサーで画像を使用する際の横表示 複合グラフにおける書式設定の更新 Y 2 軸で…

0

[Power BI] 利用状況の指標とは

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤 今回は Power BI Service に追加された「利用状況の指標」についてご紹介します。以前から管理ポータルには「利用状況の指標」がありましたが、これは Power BI サービス管理者または Office 365 管理者だけが閲覧できるものでした。 新しく追加された「利用状況の指標」機能は、ダッシュボード / レポートの所有者・作成者自身に、自分の作成したものがどれだけ利用されているのかを簡単に確認してもらえます。この機能では Power BI Free と Power BI Pro の両方のユーザーからの利用状況 (日付ごとの閲覧数) をキャプチャします。「Unique viewers」として個人を区別はしますが、ユーザーの名前や電子メールアドレスは公開されません。 いつ、誰が、何をしたか、詳細情報を取得したい場合には 監査を使用 します。Power BI の監査は現時点でプレビュー機能となっています。いずれの機能も Power BI Pro のライセンスが必要です。

0

Power BI Desktop 2017年5月の更新情報

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤   Power BI には Power BI Service と Power BI Desktop があり、Power BI Desktop の今回 (2017年5月) の更新では次の機能が追加・強化されました。 (今月は Power BI Premium の発表 がありてんやわんやで、Desktop の更新に関する情報の発信が遅くなってしまいました。すみません。。。)

0

Power BI Desktop 2017年4月の更新情報(レポートと分析)

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤   Power BI には Power BI Service と Power BI Desktop がありますが、Power BI Desktop の今回 (2017年4月) の更新では次の機能が追加・強化されました。 レポート 軸タイトルの変更 「マトリックスのプレビュー」強化:列のソート、列のサイズ変更、右端での折り返し 分析 「クイックメジャー (簡易測定)」と「値の表示方法」 (プレビュー) スペイン語での Q&A のサポート (プレビュー) データ接続 Power BI service 内のデータセットへの接続 (プレビュー) Redshift コネクタ:beta support と Power BI Service への発行 SAP HANA & BW コネクタ:パラメータ入力の強化…

0

Power BI Desktop 2017年3月の更新情報

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤   Power BI には Power BI Service と Power BI Desktop がありますが、Power BI Desktop の今回 (2017年3月) の更新では次の機能が追加・強化されました。 レポートの視覚化 レポート テーマ (Preview) 新しいマトリックスの見せ方 (preview) テキストボックスのフォント カラー スライサーにおける数値の範囲指定 (Preview) 円グラフとドーナツグラフのデータラベルに割合 (%) を表示 項目の複数選択による相互作用 高度な分析 散布図におけるクラスタリングの正式提供 データ接続 Azure Analysis Services コネクター Azure Data Lake Store コネクターの正式提供 DB2 connector:package collection を特定するオプション…

0

Power BI Reports in SQL Server Reporting Services 続報

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤 2016年10月に 「SQL Server Reporting Services 内での Power BI レポート のテクニカル プレビュー」の発表があり、このブログでも紹介しました。今回はそのアップデート情報をお届けします。

0

[Power BI Visual Tips] データの絞り込み:フィルターとスライサー

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 伊藤   Power BI にはレポート上でデータを絞り込む手段として「フィルター」と「スライサー」という機能があります。いずれも設定するのはレポート作成者(所有者)ですが、レポートの編集権限がない場合にも値を変えるなどの操作が可能です。 「レポート上で」と太字で強調したのは、データを取り込む際に絞り込むことも可能だからです。これはこれで話が長くなるので、今回はレポート上でのデータの絞り込みにフォーカスして紹介します。

0

2016/10/01 Power BI 勉強会 – はじめの一歩 が開催されました #powerbi

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 土井 先週末の土曜日、10/1 に 日本マイクロソフト 品川オフィスのセミナールームにて Power BI 勉強会 – はじめの一歩 が開催されました。 今回私は裏方として運営の協力をさせていただきましたので、当日の内容を簡単に報告できればと思っています。Power BI って何? と思われた方は こちら の記事をまず参照ください。

0

[Power BI] DAX入門(2) カレンダーテーブルの作成

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 土井 DAX 入門 第二回目では、カレンダーテーブルを生成するための日付と時刻の関数と、それに付随して文字列関数と論理関数について具体的に触れていきます。 (本記事で作成するサンプルファイルは こちら からダウンロードいただけます。)

0

マイクロソフト データプラットフォームにおける Tableau の利用

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 土井 お客様とのコミュニケーションの中で、 “Tableau と Power BI の違いを教えてください” というご質問をよく頂きます。 Power BI をご利用いただくメリットとしては、エンドユーザの Excel スキルをそのまま生かせる点や、Power BI は Azure Active Directory を認証基盤としているため、既に Office 365 等のマイクロソフトのクラウドサービスをご利用いただいている場合はスピーディに導入頂けること等さまざまなものが挙げられます。 クライアントツールとしては、 Tableau Desktop と Power BI Desktop は製品レイヤーが被るものではありますが、どちらも非常に優れたツールであり、「エンドユーザの好みに合わせて使い分けていただくのが一番よいのではないでしょうか」 と回答することがほとんどです。というのも、マイクロソフトは Power BI に最適なデータ活用基盤として SQL Server を提供していますが、同時に 3rd Party の BI ツールからも接続可能なオープンな基盤であるからです。   また、世間一般的には競合会社と思われがちな両社ですが、グローバルではテクノロジーパートナーシップを結んでおります。 [Tableau 社のテクノロジーパートナー一覧] http://www.tableau.com/ja-jp/partners/technology&page=2  …

0

Power BI Services とOffice製品の連携 ~Power BI Tiles のご紹介~

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 中井 祐一 最近、多くのお客様から「Power BI のダッシュボードやレポートをPowerPoint やExcel 上で活用したい」というご要望をいただきます。 このようなご要望に対し、弊社開発チーム側でもPower BI の機能強化に向けた準備を進めていますので、正式な連携サポートは少々お待ち頂ければと思います。 今回は「Power BI Tiles」という3rd パーティ製アドインを用いて、PowerPoint やExcel 上でPower BI のダッシュボードやレポートを表示する方法についてご紹介します。 1. Power BI Tiles とは Power BI Tiles はExcel 、PowerPoint に対するアドインであり、以下のバージョンで利用可能です。 Excel : Excel 2013 ServicePack 1 以降、またはExcel Online PowerPoint : PowerPoint 2013 ServicePack 1 以降、またはPowerPoint Online なお、利用に際してはInternet Explorer 10、またはそれ以降が必要です。…

0

Power BI Desktop を使って訪日外国人 (インバウンド) 統計データを可視化する

Power BI
Power BI

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 土井 ————————–2017/02/16 更新————————- 2017年分データが更新されたタイミングで Excel のフォーマットが xls 形式から xlsx 形式に変更となったようなので、 その内容を反映致しました。最新の Power BI Desktop のサンプルは こちら からダウンロード頂けます。 —————————————————————— 今回は皆様にとって身近な実データを使って Power BI Desktop の操作イメージについてご紹介します。 Power BI って何? と思われた方はまず こちら の記事をご参照ください。   これから使用するデータは 日本政府観光局 (JNTO) 様が公開されている 国籍/月別 訪日外客数 (2003年~2017年)(Excel) になります。

0

SQL Server 2016 Reporting Services 新機能 2

前回に続き、今回は新機能の入口である「Reporting Services Web Portal」と 「モバイル レポート」について簡単にご紹介します。 ※ 本投稿中の画面イメージは SQL Server 2016 RC1 のものです。2016 RTM においては変更される可能性があります。   Reporting Services Web Portal SSRS のユーザー(レポート参照者)の入口となる「Reporting Services Web Portal」という新しい画面が提供されます。新機能である「KPI (Key Performance indicators)」や「お気に入り」を含み、Microsoft Edge や Google Chrome 等のモダン ブラウザ用に HTML5 で描画します。

0

SQL Server 2016 Reporting Services 新機能 1

SQL Server Reporting Services (SSRS) は、リレーショナル データ ソースおよび多次元データ ソースのデータを含む、表形式、グラフ形式、および自由形式のレポートの作成と管理に使用できるサーバー ベースのプラットフォームです。作成するレポートは、Web ベースの接続を経由して表示および管理されます。これが SQL Server に含まれていることをご紹介すると、「こんな機能、いつからあったんですか?!」と聞かれることがあるのですが、実は SQL Server 2005 から、つまり 10 年以上前から存在する機能なんです。

0